2008年09月14日

ビアフェス横浜…。

ちょっと記事にするのが遅くなりましたが、先週9月6日土曜日、快晴の元、
「ジャパン・ビアフェスティバル2008横浜」(長っ!)に行って来ました!

beerfest2008_yokohama001.jpg
      「ジャパン・ビアフェスティバル2008横浜」の前売り券

■ジャパン・ビアフェスティバル2008横浜
□9月6日(土)午後2時30分〜午後7時
□9月7日(日)午前11時30分〜午後4時30分
□前売り:3,600円 / 当日:4,100円

ネットサーフィンをしていた時に偶然に見つけたのですが、
日本はもちろん、いろんな国の地ビールが飲み放題と言うことで凄く気になっていました。

仕事場の同僚とこのことについて話していたら、彼も行きたいとのこと…、
結局、一緒に行くことにしました。

beerfest2008_yokohama002.jpg
      大さん橋(正式名称:横浜港大さん橋国際旅客ターミナル)

当日、大さん橋に着いたのは、午後1時を少し回っていました。
直ぐさま、先に来ていた会社の同僚と合流し、会場の大さん橋ホールへ向かいました。

beerfest2008_yokohama003.jpg
            大さん橋の送迎デッキへ向かう通路

出入国ロビーがある旅客ターミナルや見送りをする送迎デッキへは来たことがあったのですが、
大さん橋ホールへは行ったことがなかったので、同僚と探しちゃいました。

beerfest2008_yokohama004.jpg
     大さん橋の送迎デッキから見た赤レンガ倉庫やみなとみらい地区

とりあえず、送迎デッキに行ってみましたが、天気が良くて、
周りの景色が良い感じだったので、ちょっと景色を楽しんでみました。

beerfest2008_yokohama005.jpg
                 大さん橋ホール

綺麗な景色を見た後、大さん橋ホールに着いてみると、
入口前のデッキにはもうかなりの人が並んでいました…。

午後1時20分頃、列に並びました。

beerfest2008_yokohama006.jpg
             大さん橋ホール前で並ぶ人たち…

時間が経つにつれ、列がどんどん長くなってゆきますが、
自分たちはと言うと、100人以内かな…!?

デッキがなだらかな曲線を描いているため、
午後2時前には後ろが全く見えなくなりました。

しかし、午後2時位になると、突然、横に並び出す人たちが…、
案内人のメガホンから聞こえてきたのは、「携帯登録での優先入場はコチラっ!」!?

後で分かったのは、どこだかのサイトに携帯で登録すると優先入場が出来るらしく、
見る見るうちに優先入場組の列が増えてゆきます…。

そのうち優先入場組の列の後ろは見えなくなってしまいました…。
もちろん普通入場組も長蛇の列で後ろは全く見えませんが…。

そうこうしているうちに、午後2時15分頃になると優先入場組が入場し出し、
大さん橋ホールの前に囲まれている柵の中に入り、大さん橋ホールの入口に並び始めました。

我々より後に来て、ゴボウ抜きです…、ちょっと気が引けましたが、
普通入場組も午後2時30分に入場です。

beerfest2008_yokohama007.jpg
             入場口で試飲用グラスを配布

入場口で試飲用グラスをもらい、やっと柵の中に入りました。

それにしても、1時間あまり並びましたが、暑かった〜っ!

beerfest2008_yokohama008.jpg
            大さん橋ホールへ雪崩れ込んでいく

当然、優先入場組は大さん橋ホールの中に入っています。 (-_-#)

自分たちも急いで入らなくてはっ!

beerfest2008_yokohama009.jpg
           特別デザインの試飲用グラス(50ml)

入場口でもらったグラスです。

会場に入ったのが、先着1,200人以内だったので、
特別デザイン(横浜会場は客船のイラスト入り)の試飲用グラスです。

味も香りも異なる200種類近くの国内外の地ビールが、
この50mlグラスで、何杯でも飲むことが出来るんです!

待っていた時は炎天下の元、汗をかきまくり、
約2時間は飲み物を口にしなかったので、ノドがカラカラです!

それでは、飲んだビールをリアルに飲んだ順に紹介します。(笑)

早速、1杯目を頂きます〜っ! \(^o^)/

beerfest2008_yokohama010.jpg

会場内を少し探索して、最初は、秋田県の「あくらビール」のブースへ行きました。

特に下調べをしていなかったので、「あのビールが飲みたい」、「このビールがいい」、
と言うのは全くなく、行き当たりばったりです!(笑)

beerfest2008_yokohama011.jpg

■No.001 あくらビール(秋田県)『ショコラーデンビア2008』

上品で濃厚な甘味を感じ、後から来る苦味も良い感じのビールです。

beerfest2008_yokohama012.jpg

■No.002 石狩番屋の麦酒(北海道)『ゴールドラガー』
■No.003 箱根ビール(神奈川県)『箱根ピルス』
■No.004 ひでじビール(宮崎県)『太陽のラガー』
■No.005 大山Gビール(大阪府)『ヴァイツェン』
■No.006 タップス(トルコ)『キョルシュ』
■No.007 シメイ(ベルギー)『ホワイト樽生』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

量が量(50ml)なので、どんどん入っていきます。

beerfest2008_yokohama013.jpg

■No.008 出雲路ビール(島根県)『ピルスナー』
■No.009 京都北山周山街道麦酒(京都府)『アンバーエール』
■No.010 いわて蔵ビール(岩手県)『ペールエール』
■No.011 牛久シャトービール(茨城県)『ピルスナー』
■No.012 箕面ビール(大阪府)『イチゴいちえ』
■No.013 海軍さんの麦酒(広島県)『ピルスナー』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

1杯が50mlなので、2口くらいで飲み干してしまいます。 f(^_^)

beerfest2008_yokohama014.jpg

会場は神奈川とか、近畿とか、輸入ビールとかのブロックに大体分かれていて、
それぞれのブロックにその地区のいろんなビール醸造会社が入っていますが、
こちらは、あまりビールの種類がない醸造会社が集まったブロックです。

目指したのは、北海道の地元十勝の「十勝ビール」です。

beerfest2008_yokohama015.jpg

■No.014 十勝ビール(北海道)『十勝ラガー』

ちょっとフルーティな香りで、スッキリとした味が良いですね〜っ!

beerfest2008_yokohama016.jpg

会場内はかなり混んできました。

特別デザイン(横浜会場は客船のイラスト入り)の試飲用グラスではなく、
3会場(東京・大阪・横浜)共通のグラスを持っている人も見かけたので、
すでに、1,200人以上の人は入っていると思います。

beerfest2008_yokohama017.jpg

■No.015 大阪國乃長ビール(大阪府) 『シンナムブラック』
■No.016 オホーツクビール(北海道)『ヴァイツェン』
■No.017 常陸野ネストビール(茨城県)『ホワイトエール』
■No.018 南信州ビール(長野県)『ゴールデンエール』
■No.019 軽井沢高原ビール(長野県)『ワイルドフォレスト』
■No.020 やくらいビール(宮城県)『ピルスナー』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

やっと20杯目ですが、500ml缶2本分です…。(笑)

beerfest2008_yokohama018.jpg

■No.021 伊勢角屋麦酒(三重県)『ブラウンエール』
■No.022 大山Gビール(鳥取県)『大山ゴールド』 ※ 醸造会社の重複
■No.023 プレミアムビール鬼伝説(北海道)『赤鬼レッドエール』
■No.024 ブルーマスター(福岡県)『ブルーマスター』
■No.025 金しゃち(愛知県)『名古屋赤味噌ラガー』
■No.026 反射炉ビア(静岡県)『大吟醸政子』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

まだまだ、良い感じで飲んでいますっ!

beerfest2008_yokohama019.jpg

開場1時間ほどで会場内は、カップルや親子(子供も成人)連れ、
そして大学のサークルなどなど、老若男女でほぼ満員状態です!

beerfest2008_yokohama020.jpg

会場からは、ベイブリッジも見えます。

簡単なつまみは入口近くの外で売っていますが、人の割に売っている場所が狭く、
買うのにかなりの時間並ばないといけないため、ビールばっかり飲んでいました。(笑)

でも、画像はありませんが、同僚が買ってきた『1本きゅうり』などをつまんでいました。

beerfest2008_yokohama021.jpg

こちらは、山梨県の「富士櫻高原麦酒」のブースです。

自分が見た限り一番人が並んでいるブースで、折り返しで3列ほど並んでいました。
ちゃんと覚えていませんが、15分〜20分くらい並んで、コチラにありつきました。

beerfest2008_yokohama022.jpg

■No.027 富士櫻高原麦酒(山梨県)『森のヴァイツェン』

最初はフルーティな味わいがして、後からスモーク麦芽の味が出て、2度楽しめるお味です。

beerfest2008_yokohama023.jpg

■No.028 ロコビア(千葉県)『ココナッツポーター』
■No.029 神都麥酒(三重県)『ペールエール』
■No.030 十勝ビール(北海道)『十勝黒生』 ※ 醸造会社の重複
■No.031 南都サンゴ地ビール(沖縄県)『ニヘデビール』
■No.032 サンクトガーレン(神奈川県)『アンバーエール』
■No.033 梅錦ビール(愛媛県)『ブロンシュ』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

ちょっと酔ってきたので、重複するビール醸造会社も出てきちゃいました…。 (^^;

beerfest2008_yokohama024.jpg

■No.034 エーデルワイス(オーストリア)『スノーフレッシュ』
■No.035 城山ブルワリー(鹿児島県)『ハーブエール』
■No.036 猪苗代地ビール(福島県)『ゴールデン・エンジェル』
■No.037 鳥の海ビール(宮城県)『スパークリングフルーツ・ピーチ』
■No.038 いわて蔵ビール(岩手県)『インディア・ペールエール』 ※ 醸造会社の重複
■No.039 石狩番屋の麦酒(北海道)『石狩徳光コーヒーラガー』 ※ 醸造会社の重複

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

どうしても、出身地の北海道のビールを飲むことが多いような…?!

室内だけでなく、入口前のデッキでも飲んでいる人がいるので、
ちょっと様子を見に、外へ出てみました。

beerfest2008_yokohama025.jpg

大さん橋ホールの室内では基本的に床に座ったりできないので、
階段上になっているデッキ部分に腰掛けて休んだり、飲んだりしています。

それにしても、室内はそこそこ冷房が効いていて、
ちょっと暑いくらいですが、外はやはり暑いです。

beerfest2008_yokohama026.jpg

また、1杯50mlのグラスなので、すぐにビールが無くなってしまい、
またビールを注ぎに中へ行かなければならず、落ち着いて飲むことが出来ないので、
結局また、大さん橋ホールの室内で立ち飲むことにしました…。 v(^_^)

beerfest2008_yokohama027.jpg

次は、神奈川県の「丹沢のしずく」のブースにやってきました。

見た目、フルーティな味わいのビールが数種あるようで、
神奈川県から出展しているブースの中では、かなり人気があるみたいです。

beerfest2008_yokohama028.jpg

■No.040 丹沢のしずく(神奈川県)『ハニーエール』

微かに蜂蜜の香りや味がして、スッキリした甘さが後味に残り、ホップと合っています。

beerfest2008_yokohama029.jpg

■No.041 三次ベッケンビール(広島県)『ヴァイツェン』
■No.042 札幌手づくり麦酒(北海道)『ブラウンエール』
■No.043 オオヤブラッスリー(富山県)『越中風雅』
■No.044 松江地ビール・ビアへるん(島根県)『ヴァイツェン』
■No.045 城山ブルワリー(鹿児島県)『フルーツエール・マンゴー』 ※ 醸造会社の重複
■No.046 湘南ビール(神奈川県)『湘南ルビー』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中→下右の順です

トイレにも行かず、飲み続けていますが、まだまだ行けますっ!(笑)

beerfest2008_yokohama030.jpg

■No.047 横浜ビール(神奈川県)『横浜ピルスナー』
■No.048 大阪道頓堀地ビール(大阪府)『大阪ケルシュ』
■No.049 ハーヴェスト・ムーン<舞浜地ビール>(千葉県)『ブラウンエール』
■No.050 富士櫻高原麦酒(山梨県)『ピルス』 ※ 醸造会社の重複
■No.051 大沼ビール(北海道)『アルト』

 ※ 画像の上左→上中→上右→下左→下中の順です

いやはや、何だかんだで、51杯目です…。 \(^^\)

beerfest2008_yokohama031.jpg

室内も場所によってはちょっと暑いところもあるので、
所々に氷の塊が置かれ、ささやかな涼を取ることが出来ます。

自分も気晴らしに、氷の上にグラスを置いてみました。

beerfest2008_yokohama032.jpg

ビール瓶から直接注ぐブースあり、自前のビールサーバーで大々的に注ぐブースあり、
このイベントの主催者が用意したと思われるビールサーバーで注ぐブースありと、
ビールを注ぐ方法は様々あれど、どこも醸造会社も頑張っていますねっ!

結局、お腹の具合と睡魔(笑)、それに一緒に行った同僚の様子を鑑み、
51杯で今回のイベント挑戦を終了することにしました。 (^o^)

外に出ると、午後6時過ぎになっていました…。

beerfest2008_yokohama033.jpg
    大さん橋の入口付近から見た赤レンガ倉庫やみなとみらい地区の夜景

重複したビール醸造会社こそ6社ありましたが、
重複したビール醸造会社では重複した銘柄はありませんので、
51銘柄のビールを飲んだことになります。

結局、50ml×51杯=2,550ml…、
2.55L飲んだんですね〜っ!

でも、注いでくれたビールが少ないブースもあったので、2.5L飲んだかどうか…。
500ml缶で5本分ですが、前売り3,600円分の元を取れたかどうかも…?!

2口飲んで、直ぐにビールを注ぎに行かなければいけないとか、
10分以上も並ばなければ、つまみも満足に手に入れられないとか、
結局ず〜っと立ち飲みで、ちょっと忙しないイベントではありましたが、
なかなか楽しい催しではありました。

それにしても、全種類飲んだ人はいるのかな…?!

一緒に行ってくれた同僚の方々、お疲れさまでしたっ!

beerfest2008_yokohama034.jpg

ベイブリッジに乾杯〜っ!
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔確かニュースでこのイベントを見たことがあります。
たくさんの種類で、到底全部飲めないんだろうな、と思っていたら、ワングラス50mlなんですか。
ほんと、試飲という感じですね。
かえって物足らなさを感じてしまうのでは。できればどのブースでも駆けつけ3杯を許してほしいところですね。
3時間くらいで2.5lでは、酔いはさほどでもなかったのでしょうか。
つまみは食べる暇、取る暇がなかったのでしょうか(・・;)
Posted by JiMNY at 2008年09月17日 15:41
JiMNY さん、おはようございますっ!

ホント、1口〜2口で飲み干してしまうので、明らかに試飲会です。

外国人の方々は混んでいないブース近くにたむろって、2・3杯飲んでは、
別のブースに行くと言うような方法を取っていました。

好きなビールのブース近くに陣取って、そのビールを極めると言う方法もあり、
それほど、物足りなさは感じませんでした…、忙しなかったですが…。

酔いはあまりなかったと思いますが、ずーっと立ち飲みで疲れてしまい、
電車の中で寝ちゃい、駅を1つ乗り過ごしてしまいました。(笑)

つまみの件は、つまみを買うのに10〜20分も並ぶのなら、
ビールを飲むために並んだ方が良いと判断したのと、
会場内は立ち飲みで、つまみを置いて飲むことが出来ず、
つまみを持ちながら、ビールを注いでもらうために並ぶのはイヤなので、
つまみを買ったのは1回のみです。

つまみを持ち込むのは禁止なので、どうにかして欲しいと思いますが、
いろんなビールを大勢の人たちに飲んで欲しいと言う主旨のイベントです。

やはり、メインはビールなんですよね…。

JiMNY さん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2008年09月18日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。