2006年04月02日

お花見…。

昨日、マニットさんのお誘いを受け、
ブンチャーさんが主催する「財閥花見大会」に行って参りました。
お二人とも、久しぶりにお会いするので、とっても楽しみでした。

花見会場へ向かうため、JR線を乗り継ぎ、横浜のJR関内駅で降りました。

hanami001.jpg
             JR関内駅(横浜・港町)

JR関内駅から歩いて、伊勢佐木町の『イセザキ・モール』へ。
ここら辺りに来るのは、スゴく久しぶりです。

風がちょっと強かったのですが、天気が良く、気持ちがいいです。

hanami002.jpg
          イセザキ・モール(横浜・伊勢佐木町)

相変わらず、主婦や年輩の方々、学生たちなどで、賑わっています。

集合時間は午後3時だったのですが、マニットさんに電話をすると、
開始が遅れているとのことで、とりあえず、大岡川周辺の桜を見ることにしました。

hanami003.jpg
       大岡川(横浜・黄金橋より〜左:日ノ出町/右:末吉町)

大岡川に辿り着くと、ポカポカ陽気に誘われて、たくさんの人たちが来てました。

ふっと、周りを見ると、桜はもう満開です。

白色や薄い桃色の桜の花が、見事に開いています。
土手から川に迫り出し、青空に敷き詰められるように咲き乱れ、本当にキレイな桜です。

そんな桜を見ていると、心が落ち着き、自我を癒してくれます。
ホント気持ちが良いものです…。

hanami004.jpg
          横浜・大岡川の桜あれこれ(末吉町側)

キレイな桜を見たことだし、また、マニットさんに電話をすると、休憩をしていて、
若葉町のタイ料理屋さんにいるということなので、そのタイ料理屋さんに向かいました。

若葉町に来るのも久しぶりでしたが、ちょっと周辺を歩いてみると、
以前たまに行っていたタイ食材屋さんがなくなっていて、ビックリです。 (>_<)

ほどなくして、休憩しているタイ料理屋さんの中に入ると、
マニットさん親子はもちろん、Nさんなどがすでにおりました。

hanami005.jpg
 横浜・若葉町にて…。(右上:トート・マン・クン/右下:コー・ムゥ・ヤーン)

生ビールで再会を乾杯し、Nさんとお会いするのも、
チョー久しぶりだったので、いろいろ話が弾みました。

そうこうしているうちに、主催者のブンチャーさんが来て、とりあえず料理も注文し、
宴は和やかに進み、さまざまな話で盛り上がっていきます。

『トート・マン・クン』と『コー・ムゥ・ヤーン』を美味しく頂きながら、
落ち着いたところで、Jさんらも合流し、時間も丁度いいのではないかということで、
大岡川周辺へ花見をしに行くことになりました。

hanami006.jpg
     大岡川の夕暮れ(横浜・黄金橋より〜左:日ノ出町/右:末吉町)

途中、コンビニに寄り、花見会場である大岡川に辿り着きました。

大岡川の両側にある歩道のうち、屋台が出ている側の歩道(右)は、たいへん混んでいて、
場所の確保が出来る状態ではなかったので、反対側(左)に陣取りました。

早速、コンビニから持ってきた段ボールを引いて、陣地を作り、花見を開始です。
まずは、ビールで乾杯〜っ! )^o^(

hanami007.jpg
        1軒目のお店からテイク・アウトしたタイ料理たち
    (上左より:ガイ・ヤーン/ラープ・ムゥ(?)/カオ・ニャオ)
    (下左より:カオ・ニャオ/ムゥ・ナム・トック/ムゥ・サテ)

花見弁当(つまみ)は、先ほどまでいたタイ料理さんから、テイク・アウトしたものです。
タイ人が多く通う若葉町のタイ料理屋さんだけあって、いずれも本当に美味しいです。

気分も高まり、話も段々乗ってきて、乾杯用のビールもなくなり、秘密兵器が登場です!

hanami008.jpg
 ブンチャーさんが持ってきた『黒桜島』&『しま甘露』(ともに鹿児島県産の芋焼酎)

それは、ブンチャーさんが最近凝っているという、鹿児島県産の芋焼酎、
種子島の『しま甘露』と鹿児島の『黒桜島』の2本です。

いずれも、お湯割りで頂きました。
お湯は先ほどのタイ料理屋さんからポットを借りて、
お湯がなくなったら、コンビニで給湯しました。(笑)

『しま甘露』はまろやかな香りで、芋のふくよかな味わいと甘味が感じられ、
飲み飽きない、美味しい芋焼酎です。

『黒桜島』は芳醇な香りで、ちょっと辛口としっかりとした飲み応え、
これまた、美味しい芋焼酎です。

特に『しま甘露』は絶品です!

屋外で、キレイな桜を観賞しながら、美味しい芋焼酎のお湯割りとともに、
これまた美味しいタイ料理を頂く…、ホント至福のひとときです。 (^o^)

hanami009.jpg
          横浜・大岡川の桜あれこれ(日ノ出町側)   

夜が更けるにつれて、寒くなってきましたが、
芋焼酎のお湯割りが身体を暖め、幻想的な桜が心を和ませてくれます。

久しぶりに会った人たち、初めてあった人たちとの話は盛り上がり、
本当に楽しい時を過ごさせて頂きました。

参加した皆さま、お疲れさまでした〜っ! m(_ _)m

hanami010.jpg

 PS:差し支えがあるかもしれませんので、
    参加した方々のお名前は主催者の方2名のみで、他の方々はイニシャルです。
posted by pumpui at 19:00| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは懐かしい場所です。
探偵・濱マイクシリーズで舞台となった場所ではないですか!(映画とTVドラマ)
劇中で濱マイクが住んでいたことになっていた日劇は無くなったんでしょうか?
昔見に行ったら、意外とゴミゴミした所に建っていて、「写し方でこんなに印象が変わる物なんだ」って感心した覚えがあります。

また、少し前にTVで色々と報道された場所でもありますね。街の浄化作戦とか何とか・・・
Posted by ババ at 2006年04月02日 22:00
若葉町行ってきたのですねぇ。
私は夜中に車で買出しに寄るので、昼間の風景はあまり見てなかったりします(笑)
買出しはピッキーヌがお気に入りです。

日劇は昨年惜しまれながら閉館してしまいました。
あのあたりは、風俗街と商店街とタイ韓国街が並んでて不思議な雰囲気ですね。

土曜日は夜中にマッサージ屋のママんところに相談に行ってました。
そのまま3時ごろから飲み行くぞって誘われたんだけど、どうせ朝までになるのでお断りしてしまいました(笑)。
Posted by taro at 2006年04月03日 02:24
きれいな桜アップされましたね。
うちも画像あるはずなんでそのうちアップします。

>pumpuiさん
次回の宴会はタイフェスですかね。
16日にはわっとぱくなむでそんくらーんあるそうですが、遠いんで多分行けません。
Posted by マニット at 2006年04月03日 18:04
まとめてのレスで失礼いたします。

>> ババさん

ババさん、お久しぶりです。

映画もテレビも『私立探偵・濱マイク』は、
両方とも見たことはないのですが、 (^^;
ここ若葉町周辺を舞台にしたものがあったんですね。

横浜日劇の前は何度か通ったことがありますが、
鄙びた中にも風情がある劇場のように思いました。
昨年閉館してしまったんですね…、残念です。
一昨日は50mほど近くまで行っていたのに…。 (>.<)

街の浄化作戦はスゴかったんですかね?
今だに警察の方々が、至る所で監視をなさっていました。

>> taro さん

taro さん、どもっ!

自分は若葉町へ行くと、JIMの店に必ず行っていました。
でも、マニットさんにお聞きしたところ、
昨年ボヤを出した後に店を閉めたらしく、
今は駐車場になっていました…。

一昨日に前を通ったら、何かないな〜っと思ったら、
JIMの店の跡でした…。 (T.T)

タイのビデオとかの品揃えはスゴいものがあり、
相当に貴重な店だったんですよね。

若葉町って、人通りは少ないんですけど、タイ料理屋さんや
入ったことはありませんが、韓国料理屋さんが結構ありますよね。

相談はどうでした?
今度集まった時にでも…。 f(^_^)

>> マニットさん

マニットさん、一昨日は「財閥花見大会」お疲れさまでした。

マニットさんの画像のアップ…、楽しみにしております。

16日の「ソンクラーン・アット・ワットパクナム」…、
ちょっと気になりますが、誰でも参加出来るんでしょうかね?

TF(タイ・フェスティバル)は、年を経る度に人が多くなってきているので、
何だか、居心地がよくありません。

参加するタイ料理屋さんも半分になったみたいなので、
並ぶ時間が増々長くなりそうな…。

楽しめたら、いいのですが…?! (^O^;

ババさん、taro さん、マニットさん…、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2006年04月03日 21:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16014266
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。