2006年07月13日

食べ放題修行<第3弾>…。

梅雨時ながら、暑い日が続く昨今…、「何だかな〜?!」っと思いつつ、
『バイキング修行(仮)』は、正式にカテゴリの1つとして、独立させました。
題して、『食べ放題修行』(略称:食べホ修行)です…。(笑)

食べ放題は、『バイキング』とか、『ブュッフェ』とか、呼び名がありますが、
ストレートな日本語の題名がいいのでは?と思い、『食べ放題修行』に決めました…。

今までに食べ放題モノは、2回ほど記事として書いておりますが、
その2回分は、新しいカテゴリの『食べ放題修行』に組み入れました。

また、『レーシック(近視矯正手術)』でも、食べ放題の画像のみを入れておりますが、
こちらは、お店の外観や店内、ブュッフェ台などの画像がないのもあるので、
新しいカテゴリの『食べ放題修行』には組み入れないことにしました…。
でも、また行く可能性が高いので、そのうちに、記事になると思います。 f(^_^)

さて、『バイキング修行(仮)』から、『食べ放題修行』として独立した、
栄えある最初に訪問するお店は、知り合いのグルメな子(笑)から、
「絶対に、ここはお薦めだよ!」って教えてもらった、こちらのお店です!

salvatore_nishishinjuku001.jpg
     「ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ&バール」(東京・西新宿)

前回に引き続き、東京・新宿高層ビル街なんですが、
今回は、その中の1つ、新宿野村ビルの地下1階にある、
「ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ&バール」です。

詳しくは知らなかったのですが、ネットで調べてみると、
イタリアのナポリ料理&ナポリピザを、よりカジュアルに楽しませるべく、
第一人者のサルヴァトーレ・クオモ氏がプロデュースしたお店で、
首都圏に数店舗のお店を構えているうちの1店だそうです。 (^_^;

salvatore_nishishinjuku002.jpg
                 店内あれこれ

お店には全くドアがなく、通路から店内やオープン・キッチンが見えるように作られ、
通路を通ると、ナポリ料理の美味しそうな匂いが漂い、食欲がそそられます。

店内は、中央にオープン・キッチンが配置され(上の画像左上)、客席は左右にあります。
カウンターや2人席あり、大きなテーブルあり、と様々な客層に対応出来るように、
揃えられています。

自分が訪れた時は、お店がひと段落した時分だったので、2人席に案内されました。

自分より先に1人で来ていたお客は、大きなテーブルで相席だったようです。
でも、その大きなテーブル席は、地下にありながら、天井が吹き抜けていて、
外光が入るように設置され、とても明るく、いい感じの席です。(上の画像の左下)

salvatore_nishishinjuku003.jpg
     オープン・キッチン前のカウンターに設置されたブュッフェ台

ブュッフェ台は、オープン・キッチン前のカウンターにあり、
向かって右端に、皿が用意されていて、それを取って、左へ進みます。

皿の次ぎに右端から、冷菜や温菜などのサラダ類、数種類のパン、オムレツやリゾット、
2〜3種類のパスタ、2〜3種類のピッツァ、3種類のデザートの順に並んでいます。

早速、第1弾の料理たちですっ!

salvatore_nishishinjuku004.jpg
                  第1弾
       上:2種類のパスタ/2種類のピッツァ/2種類のパン
    下:サラダ類(トマト・米・茄子・ツナ・ワカメ・ブロッコリーなど)

トマト味の『ピッツァ』やベーコンの『ピッツァ』は
いずれも、生地のモッチリ感がいい感じで、何とも言えない美味しさです。
塩味系の『パスタ』は絶妙の茹で加減で、ほど良い噛み応えが素晴らしいです。
トマト味の『マカロニ(カンパニオーレ?)』はまろやかなお味がOKです。

『トマト』のサラダはオリーブオイルがトマトのシンプルなお味を引き出しています。
『米』のサラダは歯応えがとてもいい感じで、ご飯とは違ったお味になっています。
『茄子』のサラダは焼いた茄子にマヨネーズ系のドレッシングが合っています。
『ツナ』のサラダは今までに経験したことがない噛み心地がとっても感動もんです。

続いて、第2弾の料理たちですっ!!

salvatore_nishishinjuku005.jpg
                  第2弾
     上:サラダ類(ツナ・ベーコン・トマト・ポテト・オムレツなど)
     下:玉子グラタン/リゾット/2種類のパスタ/2種類のピッツァ

『ベーコン』のサラダはベーコンとキャベツとの相性が良く、酸っぱさがいい感じです。
『ポテト』のサラダはゆで卵と合わされ、とってもクリーミーな仕上がりになっています。
『オムレツ』はメレンゲが入っていて、とても軽い歯応えです。

『玉子グラタン』はとってもクリーミーで、パンにつけて食べてもいいかも…。
『リゾット』は塩加減がほど良く、お米の芯の残り具合がいい感じです。
ホント、『ピッツァ』はモチモチ感が最高で、『パスタ』はアルデンテっ!

そして、第3弾の料理たちですっ!!!

salvatore_nishishinjuku006.jpg
                  第3弾
            上:2種類のピッツァ/パスタ
     下:リゾット/サラダ類(ツナ・茄子・ベーコンなど)/パスタ

上の2回で気に入った料理を選んでみました。

『ピッツァ』は何でこんなに薄いのに、あんなにモチモチした食感で、
耳に至るまで美味しいんでしょうか?薪釜で焼かれるのがいいのかな…?

『ロングパスタ(何と言う種類か?)』や『マカロニ(カンパニオーレ?)』は
茹で加減もさることながら、それぞれコクのある素晴らしいお味です!

『リゾット』は食べ慣れているお米でありながら、
違った食感に仕上がり、歯応えが好きになりました。

『サラダ』類はいずれもシンプルな味付けのものが多く、
素材のお味を十分に引き出しています。

最後に、デザートですっ!

salvatore_nishishinjuku007.jpg
                 デザート
         杏仁豆腐/プチシュー/チョコバナナケーキ

『杏仁豆腐』は中華のデザートだと思いますが、しっかり固さが残り、
りんごとパッションフルーツの甘酸っぱいソースがとっても美味しかったです。
画像には撮りませんでしたが、お代わりしました〜っ!(笑)

『プチシュー』はしっかりしたシュー生地に、生クリームがたっぷり入っていて、
ほど良い甘さで、パクパクいっちゃいました!

『チョコバナナケーキ』はチョコベースのケーキに揚げたバナナが載せてあり、
更に、生クリームがかけてあって、甘めながらも、美味しかったです!

その他に、ドリンク類として、ピンクグレープフルーツジュース、オレンジジュース、
アイスコーヒー、アイスティー、そしてアイスピーチティーの冷たい飲み物と、
コーヒーと紅茶の温かい飲み物が用意してありました。

そして、今日食べた中でも、一番美味しかったものをフューチャーした『今日の1番!』。
今回はこちらですぅ!

salvatore_nishishinjuku008.jpg
        今日の1番!『ツナ&トマト&オリーブのサラダ』

『ピッツァ』や『パスタ』はもちろん美味しいので、とりあえず置いといて、
『ツナ&トマト&オリーブのサラダ』です〜っ!

多分ツナだと思うのですが、トマトとオリーブとの相性もさることながら、
市販されている缶詰とは全く違う、ツナの食感がよく、噛み応え抜群で、
ドレッシングに、様々な香草や食材などが使われ、とっても風味豊かで、
とっても素晴らしい〜っ!

それにしても、本当に美味しかったです! (^o^)

食べ放題だからと言って、いっさい手を抜いておらず、しっかり調理されております。
詳しくは分かりませんが、野菜や肉、魚、パスタ、ピッツァなどの食材や調味料…、
全ての物にこだわっているようです。

店員の接客も素晴らしいもので、しっかりと目配りが行き届いていて、気配りも細かく、
元気なイタリア語が店内に飛び交い、明るい雰囲気がとても気持ちが良かったです。 

千円前後の食べ放題が多い中、ちょっとお高くても、
これだけ充実した内容の料理が並んでいるこちらのお店は、
十分に元が取れるお店だと思います!

大満足なので、これからも、ずっと続けて欲しいお店です!!

■「ピッツァ・サルヴァトーレ・クオモ&バール」 2006.07.13(木・大安)訪問
 住所:東京都新宿区西新宿1−26−2/新宿野村ビル地下1階
 時間:午前11時30分〜午後3時まで(無休・午後2時30分ラスト・オーダー)
 形式:ランチ・バイキング(料理食べ放題・ソフトドリンク飲み放題)
 料理:イタリアン
 料金:1,500円(税込)
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 食べ放題修行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここの店舗ではありませんが、宅配もやっています。
ここのピザ、美味しいですよね。サイドもいけます。

でも、ちょっと割高かな。

ここのランチ、行って見ます。
土日、やってるかな?
Posted by paul at 2006年07月14日 10:34
食べ放題紀行いいですね。
食べ放題私も好きなのですが、このところよる年なみにはかてず、元が取れないので、行っていませんが、プンプイさん健啖家ですね。
そういえば、先日タイのピザ屋でビュッフェをやっていましたが、ピザ3種類のみというさびしい内容でした。金額は149バーツだからしょうがないですかね。タイで149バーツ出すならば、どこかのホテルの食べ放題の方がいいですね。
Posted by soksabai at 2006年07月14日 10:34
これで、1,500円ですか。
これは食べに行きタイです。
それにしても、食べ過ぎてませんか。

いつも感心して見ているんですけど、写真、どのようにして写しているんですか。
ストロボは使っていないようなのに、鮮明に写ってますよね。
Posted by Toshi@タイ at 2006年07月14日 11:27
『食べ放題修行』カテゴリー確立おめでとうございます。
『バイキング修行(仮)』の存続を懸念し、ちゃちゃを入れてきた身としては、涙が出る思いです(T.T)。

さすが、本格スタートに相応しい、いいお店ですね。
いくら1500円とはいえ、これで文句をいうやつはいないでしょう。
これにアルコール類は追加オーダーできるのでしょうか。ビールやワイン、飲まずにはいられなくなりそうです。

私も、今日の1番!『ツナ&トマト&オリーブのサラダ』に注目です。
pumpuiさんの途中の感想を読んで、これは!と思いました。
食べてみたいです。それとなすを一度焼いてからサラダにする、っていうのもアイディアですね。

メニューはパスタ、ピザ、リゾット等炭水化物系とサラダですね。
さすがに肉、魚系はないようですね。


Posted by JiM at 2006年07月14日 13:44
まとめてのレスで失礼いたします。

>> paul さん

paul さん、どもっ!

ホント、ここの『ピッツァ』は美味しいです!
あの独特のモチモチ感が堪らないですね!!

サラダ類も種類豊富で、美味しくて、つい…。 (^o^)

単品メニューだと、若干の割高感が出てしまいますが、
本格的ナポリ料理がたくさん頂けるランチ・バイキングは、
とっても割安ですよっ!

多分、土日もランチをやっているので、是非にっ!

>> soksabai さん

soksabai さん、こんにちはっ!

他のことでは、自分も寄る年なみに勝てないのですが、
食に関すると、つい、いってしまいます…。 f(^_^)

健啖家と言うキレイな言葉(?)で表現される輩ではなく、
ただ単に大食漢なだけなんです。(笑)

タイのホテル・ビュッフェは結構充実しているところが多いので、
149バーツなら、もう少し出して、ホテル・ビュッフェの方が楽しめますね。

でも、『ピッツァ』3種類のビュッフェは、寂しいですね〜。

paul さん、soksabai さん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2006年07月15日 10:10
まとめてのレスで失礼いたします。

>> Toshi@タイさん

Toshi@タイさん、こんにちはっ!

ここはかなりお薦め度が高いです。
来日の際は、東京にお立ち寄りになって、是非、行ってみて下さい。

タイ・バーツにすると、500バーツくらいなので、
タイだと、イタリアンのフルコースが食べられるかも…?!
でも、日本で食べるのがいいんですかね?

食べ過ぎ…、いえいえ、後から自分の近くに座った20歳台の女性2人組は、
料理は毎回2皿を4回、デザートは3種類を3回持ってきておりました…。
完全に負けております…。(笑)
恐るべし、女性パワーっ!

デジカメの撮影に関しては、ストロボは嫌いなのと、
他の方に迷惑がかかると思うので、使っておりません。
一応、持っているデジカメには手ブレ防止機能がついていますが、
暗いとブレブレの写真になってしまうことが多々あります。

あとは、照明次第で、ホワイトバランスを取っています。
それくらいしか、気を付けていないんですよ。

>> JiM さん、

JiM さん、どもっ!

どうにか、こうにか、カテゴリとして、建てることが出来ました…、
どこまで続けられるか分かりませんが…。 f(^_^)

このお店は、ホントお薦めです。

上から3番目の画像にチラッと写っていますが、
アルコールは、ランチタイム時、
生ビールとグラスワインがあるようです。

単体での肉&魚系の料理はなかったですが、
メニューは毎日変わるのもあるみたいなので、
また違うオキニの料理が出るかもしれません…。

Toshi@タイさん、JiM さん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2006年07月15日 10:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20745611
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。