2012年01月15日

タイ・ナイト…。

タイ・レストランに一緒に行ってくれる人とのタイミングが合わなかったり、
飲み友達がタイ料理は合わない(特にパクチーが嫌い)ということもあり、
昨年3月にタイから帰ってきて以来9ヵ月余り、タイ料理を食べていません。

実は、タイでは屋台や食堂・レストランに平気で一人で入るのに、
日本ではランチ・バイキングを除いて、タイレスに一人で入ったことがありません。

そんなこともあり、無性にタイ料理が食べたくなったので、
それでは?と言うことで、作っちゃいました〜っ!(笑)

東京・高円寺に住んでいた頃は、新宿・歌舞伎町にある店で、
横浜に移ってからは、中区若葉町の店でタイの食材を仕入れていたんですが、
いつも行っていた店が東日本大震災の後、店を閉めてしまい…。 (T.T)

そこで、今回は横浜市南区にある「横浜橋通商店街」周辺にある店で、
タイ食材を仕入れてきました。

実は、若葉町でもタイ食材を売っている別の店を見付けていたんですが、
ちょっと入りづらい雰囲気なので、「横浜橋通商店街」周辺になったと言う訳です。

そこで買ったタイ食材がこちらですっ!

thai_night2012_001.jpg

こちらは『ガパオ(正確には(バイ・)ガプラオ)』(ホーリー・バジル)です。
 (ちなみにスイート・バジルは『(バイ・)ホーラパー』です。)

最近、日本でもお馴染みになってきた『バジル炒めかけご飯』のバジルです…。

thai_night2012_002.jpg

こちらは『ネーム・ヌア』(牛肉の酸っぱい生ソーセージ)です。

実は、『ネーム・ムゥ』(豚肉の酸っぱい生ソーセージ)は
タイでも日本でも食べたことがあるんですが、
牛肉の『ネーム』を食べるのは初めてです。

これらなどを使ったタイ・ナイト(タイ風家飲み宴)はと言うと…。 (^o^)

thai_night2012_003.jpg

「じゃ〜んっ!こんな感じですぅ!!」

タイには関係ない、『カンパチ』の刺身も並んでいますが…。f(^_^;

それはさておき、飲み物はこちらですっ! \(^^\)

thai_night2012_004.jpg

クラシック・ライト・ドラフトの『ビア・チャーン』(象印)3兄弟姉妹です。

今回は『ビア・シン(シンハー)』(獅子印)や
『ビア・リーオー』(豹印)はなしです…。 m(_ _)m

で、料理は?と言うと…。

thai_night2012_005.jpg

『ガイ・ヤーン』(タイ風鶏焼き)です…。

でも、正確には、鳥肉屋で売っていた日本の『鶏手羽先の塩焼き』です。 (^_^;

thai_night2012_006.jpg

『カオ・パット』(タイの焼き飯)です…。

でも、正確には、スーパーで売っていた日本(中国?)の『チャーハン』です。 (^^;

thai_night2012_007.jpg

こちらは『ネーム・ヌア』(牛肉の酸っぱい生ソーセージ)です。
バナナの皮に包まれていたのをカットしただけです…。 f(^_^)

先に記述しましたが、牛肉の『ネーム』は見るのも、食べるのも、初めてで、
ネットで調べたら、タイでもあまり売っていないようです。
ほとんどが、『ネーム・ムゥ』(豚肉の酸っぱい生ソーセージ)なので…。

thai_night2012_008.jpg

『ヤム・ウンセン』(タイの春雨サラダ)です。

こちらは一応、自作で、奮発して、いつもより大きな『エビ』を使ってみました。

thai_night2012_009.jpg

『(パット・)ガパオ・ムゥ』(豚肉のバジル炒め)です。

いつもは、瓶詰めの『ガパオの元』を使うんですが、
今回は『ガパオの元』は使わず、先に記述したように、
生の『ガパオの葉』で作りました。

お決まりの『(サイ・)カイダーオ』(目玉焼き・載せ)ではありません…。 (^o^;

thai_night2012_010.jpg

『ホイ・トート』(貝の卵焼き)です。

『ホーイ・ナーンロム』(カキ)を使ったモノを食べることがほとんどですが、
今回は『ホーイ・マレンプー』(ミドリイガイ/ムール貝)で作りました。

では、いただきます〜っ!

thai_night2012_011.jpg

v\(^^ ) 一人で乾杯〜。
⊂(^^ ) ゴクゴク…。
∈^0^∋ 旨いっ!

肴のお味は?と言うと…。

thai_night2012_012.jpg

『ネーム・ヌア』(牛肉の酸っぱい生ソーセージ)は、
作ってから余り期間が経っていないせいか、
酸味が全くなく、歯応えもほとんどないため、
ニンニク風味の『牛刺し』って感じです…。 (ToT)

食べるのが早過ぎたかな…?!

thai_night2012_013.jpg

『ヤム・ウンセン』(タイの春雨サラダ)は、
いつも通りに作ったので、お味はそれなりですが、
『エビ』が良い感じで、食欲をそそりますっ!(笑)

もちろん、『パクチー』はたっぷり使っています〜っ!!!

thai_night2012_014.jpg

『ホイ・トート』(貝の卵焼き)は、
卵と片栗粉(小麦粉・米粉は使わず)のバランスを間違え、
モチモチ感は出ませんでしたし、『トゥア・ンゴーク』(モヤシ)も忘れました…。

でも、冷凍ではありますが、『ホーイ・マレンプー』(ミドリイガイ/ムール貝)と
付けダレの『ソース・プリック』(チリソース)との相性が抜群で、
美味しい〜すっ! \(^o^)/

thai_night2012_015.jpg

『(パット・)ガパオ・ムゥ』(豚肉のバジル炒め)は、
生の『ガパオ』(ホーリー・バジル)を使ったので、
良い感じで出来上がりましたっ!

でも、酒の肴にしてしまったので、
『カオ・ガパオ』(バジル炒めかけご飯)としては、食べていません。

『豚肉』を炒め過ぎて、ちょっと硬くなったのが、マイナス点ですが、
一番、タイらしさを感じましたっ! \(^_^)

そして、今回のタイ・ナイトの主役が登場ですっ! \(^o^)/

thai_night2012_016.jpg

それは、『メコン(・ウイスキー)』です〜っ!!! 〜(^^〜)

日本では当然、ここ1〜2年、タイに行っても、
食堂や屋台でも、更にはスーパーでも売っておらず、
残念に思っていたのが、『メコン』なんです。

ネットで調べると、2010年に生産・販売が中止されていたようです。

でも、復活の要望があったみたいで、
箱入りになって、装いも新たに昨年、再発売となったそうです。

中は?と言うと…。

thai_night2012_017.jpg

瓶も全然違う感じになりました…。

ラベルがオレンジ色から黄色になり、ちょっと垢抜けた感じがします。
この変更は、タイの若者が全く見向きもしないので、若者対策かな?と思いつつ…。

thai_night2012_018.jpg

いつものように、『ソーダ』割りでいただきますっ!

タイで飲むように、シン(ハー)のソーダはありません…。
でも、シン(ハー)のグラスを使いました…。 (^O^;

 ※メコン&チャーングループとシンハーグループの合体!(笑)

( ^^)/v

ゴクゴク…。

うん?

味がちょっと違う?

再び…、ゴクゴク…。

やはり、味が違います。

ラベルと同様、味も変えたのかな…?

旧製品はアルコール臭が強くて、
「好きじゃない。」と敬遠する日本人は多いですが、
自分はアルコール臭をそれほど感じなく、
それはそれで好きだったんですが…。

しかし、この新しい製品については、
これまで感じなかったアルコール臭を感じます。 (>_<)

ほのかに甘めで、独特の味が好きだったんですが…。

thai_night2012_019.jpg

そんなこんなで、オレンジ色ラベルの旧『メコン』を懐かしみつつ、
黄色ラベルの新『メコン』の『ソーダ』割りを飲みながら、
なんちゃって自作タイ料理に舌鼓を打ち、
そして、「タイに行きたいな…!」と思いながらも、
タイ・ナイトの宴は更けてゆきました…。 Y(^o^)Y
posted by pumpui at 18:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず上手に作りますね!!
ガパオムーは大好きです。バジルの香りが何とも言えません。

今度はぜひタイに来て堪能してください。
Posted by しゅ☆じん at 2012年01月17日 22:52
しゅ☆じんさん、こんばんはっ!

味はまだまだのなんちゃってタイ料理ですが、
雰囲気だけは良い感じです…。 f(^_^;

『ガパオ』はやはり、『生』が良いですねっ!

タイに行きたい病が発症していたんですが、
タイ料理を作って、食べたせいで、
少しは落ち着きました。(笑)

でも、機会が出来たら、
今にでも行きたいです…。 (^o^)

しゅ☆じんさん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2012年01月18日 21:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。