2012年02月02日

清正井…。

昨日、東京・明治神宮に行ってきました。

2〜3年ほど前、大勢の有名人が「運を授かった!」と、
テレビやブログなどで取り上げたことにより、
パワースポットとして注目を浴びた、
「清正井」へ行くためです…。 \(^o^)/

実は、以前から気になっていたんですっ!

ちなみに、「清正井」は「きよまさのいど」と読むらしい…。

kiyomasa_no_ido001.jpg

JR原宿駅を表参道口から出て、
山手線を跨いでいる神宮橋を渡ります。

原宿に来るのは、代々木公園で毎年行われている
『タイ・フェスティバル』へ2009年に来て以来です。
 (昨年はありませんでしたが…。)

kiyomasa_no_ido002.jpg

神宮橋を渡り切ると、このような明治神宮の入口、
南参道の鳥居が現れます。

この鳥居を潜って、明治神宮への境内へ…。

kiyomasa_no_ido003.jpg

南参道の道幅は広く、ここが東京かと思うほど、
周りには大きな樹木などが鬱蒼と茂っています。

もう2月になったので、参詣客はそんなに多くはありませんが、
あちらこちらから外国語が聞こえてきます。

英語だけでなく、中国語・韓国語などなど…。

kiyomasa_no_ido004.jpg

しばらく、参道に敷かれている玉砂利をざくざくと歩くと、
大鳥居が見えてきました。

この大鳥居は日本で最も大きい木造りの鳥居(ヒノキ製)なんだそうです。

kiyomasa_no_ido005.jpg

そうこうしているうちに、明治神宮御苑の北門に着きました。
実は、この明治神宮御苑の中に「清正井」があるんです。

こちらで、お布施(御苑維持協力金)500円を支払い、入場します。

kiyomasa_no_ido006.jpg

苑内はかなり広いんですが、このような道標があるので、
迷うことはありません。

kiyomasa_no_ido007.jpg

スゴいことに、先月1月20日に降った雪がまだ残っていました。

今は冬なので、ほとんど分かりませんが、
花菖蒲や山吹・ツツジなどが色鮮やかな花を咲かせ、
四季折々の風景を見せてくれるそうです。

kiyomasa_no_ido008.jpg

こちらは南池と言いますが、
今、向かっている「清正井」を水源としているとのこと…。

池の中を覗くと、コイやカメが優雅に泳ぎ、
池の周りでは水鳥目当てのカメラマン10人あまりが
シャッターチャンスを狙っていました。

kiyomasa_no_ido009.jpg

南池沿いの道を通って「清正井」へ向います。
すると、開かれた場所が見えてきました。

kiyomasa_no_ido010.jpg

菖蒲田です。

季節柄、花はもちろん、まだ芽も出ていませんでしたが、
かなり広い菖蒲田なので、6月になれば見事な花を咲かせ、見応えがありそうです。
 (※写真右辺り一帯が菖蒲田です。)

明治神宮の境内に入って、ゆっくり散策すること30分あまり、
ようやく「清正井」の入口に到着しました。

kiyomasa_no_ido011.jpg

ご覧のように、緑色のカラーコーンで仕切られています。
この先に、「清正井」があります。

kiyomasa_no_ido012.jpg

「清正井」についての説明が書かれている立て看板です。

「清正井」の「清正」とは、
安土桃山時代から江戸時代初期にかけての戦国武将で、
肥後国熊本藩の初代藩主である加藤清正のことです。

江戸時代初期、ここに加藤家が下屋敷を構え、
清正がこの井戸を掘ったと伝えられています。

ただし、清正本人が掘ったかどうかまでは定かではないそうです。

kiyomasa_no_ido013.jpg

全盛時は、見るために数時間かかったこともあったみたいですが、
ブームがひと段落しているので、自分の前には10人もいません。

「ラッキー!」

kiyomasa_no_ido014.jpg

段々と、自分の番が近づいて来ます…。

皆さん、場をわきまえているせいか、
写真撮影や水に触れたりするのは、
1〜5分位で済ませています。

自分の番が来ました…。 \(^_^)/

kiyomasa_no_ido015.jpg

「清正井」

水温は四季を通じて15度前後と一定していて、
1年中絶えることなく毎分60リットルの水量があり、
湧き出る水は巧妙な掘り方と水質の優秀さから世に知られています。

kiyomasa_no_ido016.jpg

何とも言えない空気感の中、
しっかりとエネルギー&パワーの充電をしました…。

水にも触れましたが、冬場の水としては、温かったです。

kiyomasa_no_ido017.jpg

その後、明治神宮御社殿(本殿)でお参りをして、
「清正井」の初訪問を終えました…。

kiyomasa_no_ido018.jpg

帰りは、JR原宿駅方面とは反対方向に進みましたが、
すれ違った人はたった1人…、これが東京のど真ん中とは…。

そして、北参道の鳥居に辿り着きました。

kiyomasa_no_ido019.jpg

明治神宮にある北参道の鳥居からふらふら歩いて約30分、
今回、「清正井」と同じくらい楽しみにしてた店に到着しました。

こちらで、ご飯を食べます。

注文して、出てきたのが、これです…。

kiyomasa_no_ido020.jpg

『タイ・カレー』(大辛)です…。

タイ語だと、『ゲーン・ペット』(辛いカレー/レッドカレー)でしょうか?

具は『骨付き鶏肉のドラム』と『じゃがいも』、それに『ゆで卵』です…。
タイの『ゲーン・ペット』とはちょっと構成が違いますね…。

kiyomasa_no_ido021.jpg

『ご飯』は『タイ米』ではなく、『日本米』を使っているようです。

では、いただきま〜すっ!

「辛い!」(我慢出来ないほどではありませんが…。)

kiyomasa_no_ido022.jpg

具をぐちゃぐちゃにほぐして、
『ご飯』と『汁』を混ぜ混ぜして食すも、
「辛い!」が先行し、後に来るモノは…?

kiyomasa_no_ido023.jpg

一応、完食です…。
 (余程のことがない限り、残すのがイヤなので…。)

実はこちらの店、以前、来たことがあるんです。

場所は今ある所ではなく、近くの別の場所にあり、
訪れたのは10年ほど前だったか、それ以前だったか、
正確には覚えていませんが…。 f(^_^;

今は、ご飯モノに麺類とメニューは豊富にあるようですが、
(あくまで記憶する限り)当時のメニューは、
『タイ・カレー』が数種類だけだったと思います。

その時に食べたメニューは今もありましたが、
 (今回食べたモノとは別メニュー)
今となっては、その味は全く覚えておらず、
『大根』と『骨付き鶏肉のドラム』が記憶にあるだけです…。

それで、今回の食べた『タイ・カレー』(大辛)のお味は?と言うと、
残念ながら、自分の好みの味ではありませんでした。

ただ、「辛い」と言うだけで、
コクと言うか、いくつもの香辛料が混ざり合って生み出すハーモニーと言うか、
深みのある複雑な「旨みがない」ような気がします。

「辛い」のは嫌いではなく、むしろ大好きな自分にとっては、
単純に「辛い」と言うだけの味でした…。 m(_ _)m

でも、「清正井」で、エネルギー&パワーをもらった(多分)ので、
良いことがあるかな…?!(笑)

kiyomasa_no_ido024.jpg

□パワースポット巡り
■「田谷の洞窟…。
■「清正井…。
posted by pumpui at 20:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 動物・植物・自然・建物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです…実は私も先月中旬に明治神宮参拝した時に…清正井を拝見しようとしましたが冷たい雨で足元が緩いのとカミさんの時間の都合上拝見せずに…菖蒲の季節に伸ばしてました。
素晴らしい感じでしたねっ。行くのが楽しみになりました。
やっぱり…タイ飯ありでしたねっ。期待通りでした。辛さ味わいたくなりましたです。
またねーバイバイ
Posted by おすぎ at 2012年02月07日 16:44
おすぎさん、こんばんはっ!

ご無沙汰しております…。

おすぎさんも明治神宮へいらしたんですね。
でも、『清正井』へ行けなかったのは、残念でした。

菖蒲の季節だと、菖蒲見物の客が、
ついでに『清正井』を見ることもあると思うので、
見るのに少し時間が掛かることを覚悟した方がいいかもしれません…。

今回の『タイ・カレー』は少し残念でしたが、
「辛さ味わいたくなりました」と言うのであれば、
本場タイの辛さを味わえるお店ならば、
いつでもお付き合いいたしますので…。 (^o^)

今年もよろしくお願いします。

近々、一杯行きましょう〜。

おすぎさん、またね〜っ!

 PS:「またねー」をパクらないように…。(笑)
Posted by pumpui at 2012年02月07日 21:00
先日、4日(土曜日)に明治神宮に行ってきました。20年来の付き合いがある友人と一年半ぶりに再会。なんと偶然にも先方が明治神宮でも散歩しようかと提案あり。「清正井」ブログ拝見して一度は行ってみたいと思っていた矢先、初詣がてらと喜び勇んで行ってきました。天候も良く散歩コースには最適。明治神宮へは何度か来ていますが「清正井」パワースポットの場所へは、友人も始めてとのこと。案内札見つけ午後3時頃、「清正井」へ。なんと500円を支払う入り口では係りの人が「50人位並んでいるので30分並びますよ」とのこと。となれば、一目散早歩きになる始末。遂に長蛇の列を発見、即後部に並び約20分位で「清正井」パワースポットへ。皆携帯カメラに収めています。湧き水のように溢れでているのかと思いきや、静寂そのもの。不思議な透明度は伝わってきました。そこで、ゆっくり眺めていたいのですが、なんと係りの人が「はーい、こちら、次の方へ」交通整理をしているではありませんか。一人ゆっくりと眺めるのでなく、三人で囲い、1分もいれる状況ではありませんでした。パワーを充電するどころか、あの慌ただしさにはガックリ。その後、神宮内を散策しながら参宮橋入り口辺りの広大な芝生ゾーンで一休み。この時期芝は枯れていますが緑の芝生はきっと心地良い筈、暖かくなったら寝転び読書や日光浴などできそうな。緑豊かな神宮内のこの場所は隠れ家的オアシスかも。
Posted by アリ at 2012年02月13日 03:49
アリさん、こんばんはっ!

行ってらしたんですか〜。

ピークは過ぎたとは言え、
土日祝日は混雑すると思っていたので、
自分は敢えて、平日に行ったですが、
そのようでしたね。

自分が行った時も係りの人はいましたが、
人数が少なかったせいか、1人でも、数人でも、
1人ずつ眺めたり、写真を撮ることが出来ました。

でも、気分転換になったのでは…。

慌ただしかったとは言え、
パワーがもらえると良いですねっ!

アリさん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2012年02月13日 20:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/249773233
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。