2012年02月26日

今年初のタイ料理…。

一昨昨日(2012年2月23日)、
今年初めてタイ料理を食べました〜っ! \(^o^)/

っと言っても、
自分で作って食べたり、ランチに『タイ・カレー』を食べたりしているので、
正確に言うと、今年初めてではないんですが…。 f(^_^;

でも、飲みの入った本格的なタイ料理を食すのは今年初めてですっ!(笑)

行った場所は、横浜市中区の伊勢佐木モール周辺にある若葉町ですっ!

お察しの良い方はお分かりと思いますが、自分がタイ料理を食べる街は、
弊ブログのカテゴリ『タイ料理・食べ物』で昔の記事をご覧になれば分かるように、
イベントを除いて、東京の新宿・歌舞伎町か、横浜の若葉町がほとんどです…。 (^^;

今回お付き合いいただいたのは、毎度登場、昔の仕事場の元同僚Sさんです。
ご無理を言って、急遽、お付き合いいただきましたっ! m(_ _)m

JR関内駅に集合して、世間話をしながら、
伊勢佐木モールをぷらぷら歩き、目的地・若葉町に向かいます。

thaifood2012_wakabacho001.jpg

伊勢佐木モールでは、前回一人で探索に来た時にはまだプレオープン状態だった、
旧横浜松坂屋跡地に、新しい商業施設が完全にオープンしていました。

伊勢佐木モールをどんどん進み、
人気が少なくなって来た所を右折すると若葉町界隈に到着です。

とりあえず、若葉町にあるほとんどのタイ料理屋をSさんに紹介して廻り、(笑)
今回、入ろうと決めていたお店に入ります。

thaifood2012_wakabacho002.jpg

それがこちらのお店です。

実はこちらのお店、昔からあった訳ではなく、
自分が昨年末頃、伊勢佐木モールに来たついでに、
若葉町を探索した時に見付けた店なんです。 f(^_^;

若葉町ではここ数年で、自分が知っている限りで、
2軒のタイ料理屋、1軒のタイ食材屋がなくなりました。

そんな中、新しく出来たタイ料理屋なので、スゴく嬉しかったんですが、
以前ちょっと記事に書いたように、日本ではランチ・バイキングを除いて、
タイレスに一人で入ったことがありません。

タイでは酒を飲むために屋台や食堂・レストランに平気で一人で入るのに…。 (^^;

そんな訳で、知っているのに入らずの日々が続いた訳ですが、
ある日、無性にタイ料理屋でタイ料理をつまみながら、酒が飲みたくなった折り、
「辛さ味わいたくなりました」と、コメントしてくれたSさんのことを思い出し、
Sさんをお誘いした所、快諾してくれた次第です…。 m(_ _)m

前書きが長くなりましたが、店内に入り、
早速、タイの『ビール』を注文です。

thaifood2012_wakabacho003.jpg

最初は『ビア・シン(シンハー・ビール/獅子印)』で乾杯ですっ!

「お久しぶりです。」
「お疲れさまでした。」
「乾杯〜っ!」
『カチン…。』 v\(^^ )
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「プハッ〜っ!」
「美味しいっ!!」 \(^O^)/

Sさんはタイの『ビール』はあまり飲んだことがないそうで、
『ビア・シン』は「香ばしいコクがある!」と、喜んで飲んでいました。

thaifood2012_wakabacho004.jpg

店内の客は自分たちだけで、店員はタイ人男性2人だけのようです。

注文を取りに来たタイ人はあまりタイ人っぽくない顔立ちだったんですが、
(東南アジア系ではあるんですが、タイではあまり見かけない顔立ち。)
料理を注文したら、厨房のもう一人のタイ人にタイ語で言っていたので、
やはりタイ人かと…?! (^^;

料理が出てきました…。

thaifood2012_wakabacho005.jpg

『ホイラーイ・パット・プリックパオ』(アサリの辛味噌炒め)です…。

thaifood2012_wakabacho006.jpg

『コー・ムゥ・ヤン』(豚の喉肉焼き)です…。

thaifood2012_wakabacho007.jpg

『サイクローク・イサーン』(豚挽き肉とモチ米の腸詰め)です…。

飲み物を替えました…。

thaifood2012_wakabacho008.jpg

続いては『ビア・チャーン(チャーン・ビール/象印)』で乾杯ですっ!(笑)

Sさんは『ビア・チャーン』は「軽い。」と言って、グビグビ飲んでいました。

thaifood2012_wakabacho009.jpg

その後、サラリーマンらしき男性が2人入ってきて、
『パット・ガパオ』(バジル炒め)や『クイッティアウ(麺)』を食べていました。

Sさんとは世間話に続き、近況などを報告です。

thaifood2012_wakabacho010.jpg

『ホイラーイ・パット・プリックパオ』(アサリの辛味噌炒め)は、
味はかなり自分の好みの味で、ご飯にかけて食べたいくらいです。(笑)

タイでは殻付きが一般的ですが、殻無しは食べやすいですね。

自分はそれほど辛いとは思いませんでしたが、
Sさんは「スゴく辛いんですが、美味しいですね!」を連発していました。

正に、タイ料理は「ペット・テー・アロイ!(辛いけど、美味しい!)」です!

thaifood2012_wakabacho011.jpg

『コームゥ・ヤン』(豚の喉肉焼き)は、コリコリとした歯応えで、
噛みしめると、旨い脂の味が口の中一杯に広がります。

酸っぱ辛い、独特の付けダレがホント、美味しいですねっ!
ビン詰めなどで売っていないかな〜!

thaifood2012_wakabacho012.jpg

『サイクローク・イサーン』(豚挽き肉とモチ米の腸詰め)は、
モチモチした食感は良いんですが、ちょっとしたパサパサ感が残念でした。
また、あるはずの酸味はあまり感じられませんでした。

そして、ここで、驚きの飲み物が登場ですっ!(笑)

thaifood2012_wakabacho013.jpg

それが、『メコン(・ウイスキー)』ですっ! \(^^\)
それも、旧ラベルのボトルなんですぅ!!!

先日、『タイ・ナイト…。』で取り上げたばかりですが、
まだ、旧ラベルのボトルが残っていたなんて…。

ボトルを見ると、『01ー07ー09』の刻印があり、
2009年の7月か、1月の製造かと思われます。

7月1日だと、自分の誕生日なので、
ちょっと因縁を感じるんですが…。(笑)

thaifood2012_wakabacho014.jpg

もちろん、大好きな『ソーダ』割りで、いただきますっ!

「(再び、)乾杯〜っ!」
『カチン…。』 v\(^^ )
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「プハッ〜っ!」
「うまぃ…、うん?」
「(もう一口、)ゴク…。」
「やはり、昔の味と違うな〜。」 (>_<)

2010年に生産・販売が中止されたのは、
味が変わった(?)せいなのかな…?

上手く表現出来ませんが、
ほのかに甘い独特の味が好きだったんですよね〜。

Sさんはチャレンジャーで、『ソーダ』割り以外に、
『水』割りや『ロック』で飲んでいましたが、
そのお味はいかに…? (^o^)

追加の料理が出てきました…。

thaifood2012_wakabacho015.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)です…。

thaifood2012_wakabacho016.jpg

『ラープ・ムゥ』(豚肉のスパイス和え)です…。

thaifood2012_wakabacho017.jpg

『タップ・ワーン』(豚レバー肉のスパイス和え)です…。

thaifood2012_wakabacho018.jpg

第2弾の料理、揃い踏みです…。(笑)

この3品に限って、あまり間隔なく、料理が次々と出てきたので、
集合写真を撮ることが出来ました…。 f(^_^;

thaifood2012_wakabacho019.jpg

この頃には、男女2人の客も…。

『トムヤムクン(エビの酸っぱ辛いスープ)』や
『トート・マンクン(タイの薩摩揚げ)』など注文していました。

Sさんとは文章には出来ない下世話な話で盛り上がります。 へ(^^へ)

thaifood2012_wakabacho020.jpg

日本のタイ料理屋では、音楽VCDを流すことが多いんですが、
こちらの店内のモニターでは、タイのテレビ番組が流れていました。

東京・高円寺に住んでいたかなり昔、
タイのテレビ番組(特に音楽系)を録画したビデオを買うために、
わざわざ若葉町へ来ていた頃のことを思い出しました。

そのビデオを購入していた店は今は跡形もなく、跡地は駐車場になっていて、
その後もビデオを細々と売っていた別の店も東日本大震災後、なくなりました。

でも、こちらの店で流れているタイのテレビ番組は、ビデオやDVDではなく、
インターネット経由のオンデマンドで配信されている番組でした。

なので、時々、「バッファ(データの読み書き中)」になることがありました…。 (^o^)

それにしても、進歩と言うのは、すざまじいですねっ!

thaifood2012_wakabacho021.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)は、
自分も偶に作ることがありますが、食べるのは半年ぶりくらいです。

こちらのは、ニンニクが良い感じでノーマルな味付けながら、
辛さが全然足りないのがちょっと残念でした。

thaifood2012_wakabacho022.jpg

『ラープ・ムゥ』(豚肉のスパイス和え)は、
炒った米が香ばしくて、独特の甘みも感じられ、美味しいな〜っ!
コリコリの皮も良いな〜っ!!

ただ、こちらも辛さがちょっと足りないのと、
キャベツなどの付け合わせ野菜が少ないかな…?

でも、今、野菜が高いから、仕方ないか…。

thaifood2012_wakabacho023.jpg

『タップ・ワーン』(豚レバー肉のスパイス和え)は、
仕方がないでしょうけど、レバーにちょっと火が通り過ぎているかな?
本当は、レア気味の火の通し具合が良いんですけどね。

でも、辛さがちょっと足りないながらも、悪くはないです。

thaifood2012_wakabacho024.jpg

そんな感じで宴も進み、
『メコン』はボトル1本空いてしまいました…。 (^^;

「味が違う!」だの、何だかんだ言っても、
結局は嫌いではないんですよね〜。(笑)

thaifood2012_wakabacho025.jpg

完食ですっ!

その後、Sさんが「飲み足りない!」と言うので、
我々は酒を求め、夜の帳(とばり)に消えていきました…。(笑)

thaifood2012_wakabacho026.jpg

Sさん、急なお誘いに載っていただき、誠にありがとうございました!
また、行きましょう〜っ!!! ( ^^)/v

ちなみに、昨年3月にタイなどの旅行から帰国した後、
タイ料理を食べていないと、方々で言っておりましたが、
昨年4月に東京・歌舞伎町で、昨年5月に名古屋・栄で、
タイ料理を食べておりました。

この場を借りて、訂正してお詫び申し上げます。

年を取ると物覚えが…。(^^ゞ
posted by pumpui at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新規開拓店、とりあえず当たりだったようでよかったですね。
どれも美味しそうな料理です!

私も日本にいるときネットでタイのテレビを見ていました。
日本のテレビはネット配信にうるさく簡単にタイで見られないのが残念です。

ところで、01-07-09は2009年7月1日です。
誕生日と一緒とは偶然ですね。


Posted by しゅ☆じん at 2012年02月27日 00:45
しゅ☆じんさん、こんばんはっ!

こちらのお店はそれなりに良かったです。
でも、多分、日本人に対しては、辛さはちょっと控えめかと…。

自分も昔はネットでタイのテレビ番組(特に音楽番組)を見ていたんですが、
現在は以前に比べて興味が薄れてしまい、見なくなってしまいました。

その代わりと言う訳ではありませんが、ネット巡回したり、作業をするなど、
PCの前に座っている時は、タイのネット・ラジオを聴いています。

本当はルークトゥン系が良いんですが、少し前から聴けなくなり、
現在はポップス系のラジオを主に聴いています。

『メコン』のラベル表示、自分の誕生日でしたか…。
記念にボトルを貰っておけば良かった…。(笑)

しゅ☆じんさん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2012年02月27日 20:00
美味しい時間をありがとうございました。

甘味ベースのウィスキー?!おいしかった…
birthdaybottleだったのね…
空瓶持ち帰れば良かったですなぁ〜

また会いましょう!
Posted by おすぎ at 2012年02月28日 01:19
おすぎさん、こんばんはっ!

こちらこそ、急なお誘いにも関わらず、
お付き合いいただき、ありがとうございましたっ! m(_ _)m 

『メコン』…、個人的には、
昔の味(?)の方が好きだったんですが、
喜んでいただき、嬉しいです。 f(^_^;

また、お誘いしますので、
是非、行きましょう〜っ!

別件もねっ!!!(笑)

おすぎさん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2012年02月28日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。