2012年07月22日

レバ刺し2012…。

今年2012年(平成24年)6月30日をもって、
大好きだった『レバ刺し』の販売・提供が禁止になりました。
つまり、自分の誕生日(7月1日)からは食べられなかったんです…。

『レバ刺し』が食べられなくなって、3週間あまり…。
何とか、6月中に食べようと思っていたんですが、
件の理由で、禁酒をしていたため、それも出来ず…。

でも、近くのスーパーで売っていたんです!

『レバ刺し』がっ!!

そこで、速攻買いですっっっ!!!

konnyaku_reba_sashi2012_001.jpg

そう、お察しの通り、こんにゃくを主原料にして作られた
『こんにゃくのレバ刺し』ではありますが…。

こちらは、テレビや新聞で評判になったメーカーのではありませんが、
そうも言っていられません!

konnyaku_reba_sashi2012_002.jpg

袋を開けると、『こんにゃくのレバ刺し』が十数枚入った袋、
『魚醤ごま油たれ』と『煎りごま』が入っていました。

早速、盛り付けです…。

konnyaku_reba_sashi2012_003.jpg

こんな感じになりました〜っ! \(^O^)/

見た目はホント、『レバ刺し』そっくりです!!
これはもう、どこからどう見ても、『レバ刺し』ではないですかねっ!!!

付けダレは付属の『魚醤ごま油たれ』とは別に『にんにく醤油』も用意しました。

お味の感想は後ほど…。

『レバ刺し』だけでは寂しいので、 (^^;
他に作った料理も合わせて載せておきます…。(笑)

konnyaku_reba_sashi2012_004.jpg

『ヤム・ルアムミット(タイ風のミックスサラダ)』です…。

海鮮だけでなく、豚肉も入ったタイ風の色々交ぜ混ぜサラダです。

konnyaku_reba_sashi2012_006.jpg

『パット・マクア・プリックゲーン(なすのタイ風辛子味噌炒め)』です…。

タイでは丸なすを使いますが、日本では少ないので、長なすで作りました。

konnyaku_reba_sashi2012_005.jpg

『納豆オムレツ』です…。

近くのスーパーで卵の安売りをやっていたので、納豆と合わせてみました。

konnyaku_reba_sashi2012_007.jpg

『焼肉盛り合わせ(豚のレバー&喉肉)』です…。

最近、スーパーでも『豚の喉肉』が売っているんですよね〜。

その他は、出来合いのものなどですが、『鰻の蒲焼き』と『牡蠣フライ』、
何故か『冷麺』(茹でてスープをかけただけ)を用意しました…。 f(^_^;

そして、飲み物は、テレビCMを見て、「惚れました!」
サッポロビール『北海道PREMIUM(プレミアム)』です!!

konnyaku_reba_sashi2012_008.jpg

 ※北海道PREMIUM(プレミアム)』=新ジャンル/リキュール(発泡性)@

今、松嶋菜々子さん出演のテレビCMが頻繁に流れていますが、ラストが、
「惚れるなよ!」「(寄りの)ダー!」「(引きの)ダー!」の3パターンのうち、
〆言葉が「惚れるなよ!」のCMがかなり気に入り、「惚れた!」んです!(笑)
そこで、近くのスーパーで売っていたので、速攻で買ってしまいました。

konnyaku_reba_sashi2012_009.jpg

そんな感じで、今宵の宴の始まりです…。

前回載せた誕生日の宴より、豪勢なのでは?と言われそうですが、
それはさておき、いただきます〜ぅ!

konnyaku_reba_sashi2012_020.jpg

「ゴキュ、ゴキュっ!」
「プッハー!」
「美味しい!」

お初の『北海道プレミアム』は喉ごしがスゴく良く、スッキリとした味わい。
後味にホップがしっかり効いてて、美味しいですよ。

今までのコクが重視?の『サッポロ』とはちょっと違うテイストです。
大のサッポロ派として、これもまたこれでアリかなと思います! ⊂(^^ )

「惚れました!」(笑)

konnyaku_reba_sashi2012_010.jpg

さて、肝心の『こんにゃくのレバ刺し』はと言うと…。

それにしても、『レバ刺し』と見間違うほどの光沢感と色…。 \(^^\)

konnyaku_reba_sashi2012_021.jpg

まずは、『魚醤ごま油たれ』でいただきます〜。

『レバ刺し』独特の「シャクッ」(?)とした食感がなく、かなり柔らかいです。

『レバ刺し』特有の味や風味もあまり感じられませんが、
『魚醤ごま油たれ』が非常に『こんにゃくのレバ刺し』と合っています。

konnyaku_reba_sashi2012_022.jpg

続いては、『にんにく醤油ダレ』でも食べてみますか…。

食感や味・風味は全く同じですが、どちらかと言うと、
こちらの方が『レバ刺し』を食べたような気がします。

『こんにゃくのレバ刺し』って、食感や味・風味は別として、
雰囲気はかなり良い感じなので、『レバ刺し』を食べた気分にちょっとはなれます。

『レバ刺し』が好きな人は試して損はないので、是非、一度…。 (*^o^*)

んで、他の料理は?と言うと…。

konnyaku_reba_sashi2012_011.jpg

『鰻の蒲焼き』は国産がお高いので、中国産ですが、
酒を少し振りかけて、電子レンジで温めたものを食べました。

そんなに悪くなく、ふっくら柔らかで、ご飯が欲しくなっちゃいました! \(^o^)

konnyaku_reba_sashi2012_012.jpg

『冷麺』は韓国産の麺とスープを別売りで購入しました。

喉ごしの良いシコシコの麺とアッサリした清涼感のあるスープが良い感じです。

時間が経つと、麺が伸びて、プニュプニュになるのは仕方がないですよね…?

konnyaku_reba_sashi2012_013.jpg

『牡蠣フライ』は今の時期、当然、冷凍モノだと思いますが、
普通に美味しくいただきました。 (^^;

飲み物を替えました…。

konnyaku_reba_sashi2012_014.jpg

近くのスーパーで安売りしていた、いも焼酎『龍馬とお龍』です…。

紙箱に入っていたので、どんなボトルか分かりませんでしたが、
青と赤…、こんな派手なボトルでした。

水割りで飲みましたが、
口当たりが優しく、円やかな味わいで、杯が進みます。

konnyaku_reba_sashi2012_015.jpg


『ヤム・ルアムミット』はレタスなどの野菜と、
エビとホタテ・イカの海鮮類に、茹でた豚肉を、
いつものように、レモン汁やナンプラー・砂糖、
それに、タイ産の冷凍青唐辛子などで作った
タイ風のドレッシングで和えたモノです。
ただし、今回はパクチー(香菜/コリアンダー)はなしです。

何となく、このタイ風ドレッシングで食べると、
生野菜がモリモリいけちゃうんですよね〜。

パクチーがあった方がもっとタイらしいんですけど…。 f(^_^;

konnyaku_reba_sashi2012_016.jpg

『焼肉盛り合わせ』は出来合いの焼き鳥の『豚レバー焼き』から串を取ったモノと、
生の『豚の喉肉』を焼いて、塩胡椒だけで味付けしたモノを皿に並べたモノです。

『豚の喉肉焼き』はタイの『コームゥ・ヤン(豚の喉肉の炭火焼き)』っぽい感じになり、
付けダレが欲しいところではありますが、作り方がなかなか分からないので…。
でも、塩胡椒だけでの十分美味しくいただけます!

『豚レバー焼き』もそれなりに…。

konnyaku_reba_sashi2012_017.jpg

『納豆オムレツ』は普通の『玉子焼き』だと寂しかったので、納豆を入れてみました。

しかし、卵と納豆を混ぜて焼いたのではなく、溶いた卵を半熟程度まで焼いたところに、
醤油を入れて混ぜた納豆を入れて、『オムレツ』にしたので…。 (^^;

卵と納豆を混ぜて焼いた方が、焼けた納豆の香りが出て、良かったかな〜?

konnyaku_reba_sashi2012_018.jpg

そして、『パット・マクア・プリックゲーン』は
本当は『なす味噌』を作ろうと思っていたんですが、
なすを切っている時に、気変わりがして、作ったモノです。

なすや玉ねぎ・ピーマンなどの野菜と白しめじを炒め、
プリックゲーン(レッドカレーペースト)の素などで味付けしました。

これが何とも言えず、タイの雰囲気がして、良い感じで、
いも焼酎がドンドンと進みますね〜。

konnyaku_reba_sashi2012_019.jpg

そんな感じで、週末の家飲みを楽しく過ごしたとさ…。 (^o^)/

これで、今週一杯、ひと段落付くまで、頑張れそうですぅ!
posted by pumpui at 20:00| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | いろいろ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず豪勢な晩餐ですね!

レバ刺しは肉っぽく見せるところなんてまるで斎(菜食)料理のようです。

コームーヤーンのタレの材料は何なんでしょう?
普段あまり気にせず食べてました。
今度食べるとき意識してみます。

Posted by しゅ☆じん at 2012年07月22日 23:45
しゅ☆じん さん、こんばんはっ!

『冷麺』と『カキフライ』はいらなかったのでは?と、
買ったことをちょっと後悔はしましたが、
結局、お腹の中に収まりました…。(笑)

『こんにゃくのレバ刺し』はそう言われてみれば、
確かに、タイ?中国?の精進料理みたいですね。

『コームゥ・ヤーン』のタレの作り方を教わり、
是非、教えてくださいねっ!(希望)

しゅ☆じん さん、またね〜っ!
Posted by pumpui at 2012年07月23日 21:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282337114
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。