2013年08月21日

今年2度目の…。

お久しぶりです…。

大して忙しくもないのに、更新を怠っておりました。 m(_ _)m

そんな中、今回の更新は
『今年2度目のタイ料理を食べてきました』です…。
相変わらずの食ネタで、すみません。 ○| ̄|_

んで、行った場所は、毎度の横浜・伊勢佐木町の界隈ですっ!

thaifood2013_isezaki101.jpg

今回もお付き合いいただいたのは、元同僚のYです。 (∩.∩)

いつもの場所で待ち合わせをして、早速、入るお店を探します…。

thaifood2013_isezaki102.jpg

探している内に、気になるお店が…。

実は、この界隈では入ったことがないタイ料理屋さんは数軒あります。
いろいろな理由があり敬遠していたんですが、それはそれとして、
今回入ったお店がこちらです。

thaifood2013_isezaki103.jpg

この界隈ではタイ料理屋さんとしては老舗に当たるお店ですが、
入ったことはありませんでした。 (^^; 

店内には数組の先客が…。

自分たちは一番奥の席に陣取り、早速、タイ・ビールで乾杯ですっ!

thaifood2013_isezaki104.jpg

Yは『シンハー(獅子印)ビール』、自分は『チャーン(象印)ビール』…。

「チョン・ゲーウッ!(乾杯っ!)」
「グビグビ…。」
「ゴクゴク…。」
「アロイ・マク・マークッ!(とっても旨いっ!)」

近況話が進みます。

そうこうしている内に、料理の第1弾が出てきました…。

thaifood2013_isezaki105.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)…。

thaifood2013_isezaki106.jpg

『コー・ムゥ・ヤン』(豚の喉肉焼き)…。

thaifood2013_isezaki107.jpg

『クン・パオ』(焼きエビ)…。

thaifood2013_isezaki111.jpg

そして、親切なことに、フィンガー・ボウルもテーブルに…。
今までに、これがテーブルに載ったのは、あまり見たことがありません。

thaifood2013_isezaki108.jpg

『空芯菜の強火炒め』は定番中の定番ですが、
やはりニンニクがたっぷり利いているのが、いいいですね〜っ!

thaifood2013_isezaki109.jpg

『豚の喉肉焼き』は何と言っても、タレが命ですかね?
って、タレが映っていないし…。(笑)

こちらのはちょっと焼き過ぎかな…。 (>_<)

thaifood2013_isezaki113.jpg

そして、『焼きエビ』ですが、
小ぶりながらも、今回は数が多いですっ!

thaifood2013_isezaki110.jpg

それにしても、『焼きエビ』はいつ食べても、美味しいな〜っ!

もっと、大きいのをガツガツ食べたいけど、
お値段を考えると、日本では無理かな…。 f(^_^;

thaifood2013_isezaki112.jpg

その後、『シンハー』を追加で飲んじゃっています…。

thaifood2013_isezaki114.jpg

Yとは、何故か、今後の話をしています。
今までに、こんな話はしたことがなかったのに…。 (´ヘ`;)

飲み物を替えました…、もちろん…。

thaifood2013_isezaki115.jpg

『メコン(・ウイスキー)』(新ラベル)です…。 (^^ゞ 

いつものように、『ソーダ』割りでいただきますっ!

thaifood2013_isezaki116.jpg

再び、
「チョーク・ディーッ!(幸運をっ!)」
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「アロイ・ナッ!(美味しいなっ!)」

やっぱ、タイ料理には、
『メコン』などのタイ・ウイスキーが合うな〜っ!

料理の第2弾が出てきました…。

thaifood2013_isezaki117.jpg

『ナムプリック・ガピ』(エビ味噌のディップ・野菜&焼き魚添え)…。

thaifood2013_isezaki118.jpg

『ムゥ・トート・グラティアム』(豚のスペアリブのニンニク揚げ)…。

thaifood2013_isezaki119.jpg

『クイッティオ・パット・キーマオ』(米麺の酔っ払い炒め/辛味焼きそば)…。

thaifood2013_isezaki120.jpg

『クルアン・プルング』(調味料3点セット/粉唐辛子・ 砂糖・唐辛子入りの酢)…。

thaifood2013_isezaki121.jpg

タイ料理屋さんには似合わないシャンデリアが…。(笑)

thaifood2013_isezaki122.jpg

『エビ味噌のディップ』を生のきゅうりやタケノコ、
そして、茹でた白菜に付けていただきます。

思っていたより辛くなく、ガンガン野菜を食べられますっ! ⊂(^^ )

thaifood2013_isezaki123.jpg

そして、ほぐした焼き魚にも付けて…。

美味しいな〜。
ご飯が欲しくなるな〜っ!!! \(^^\)

thaifood2013_isezaki124.jpg

『豚のスペアリブのニンニク揚げ』はニンニクがガッツリ効いていて、
『メコン』が進むな〜っ! 〜(^^〜)

thaifood2013_isezaki125.jpg

日本ではどちらかと言うと、『パッ(ト)・タイ』(タイ風焼きそば)が有名ですが、
『クイッティオ・パット・キーマオ』も捨てがたいんですよね〜。

thaifood2013_isezaki126.jpg
こちらの『米麺の辛味焼きそば』は、あまり辛くないかったので、
『プリック・ポン』(粉唐辛子)と『砂糖』(ナムターン)をかけて…。

これも、美味しいな〜っ!!! v(^_^)

thaifood2013_isezaki127.jpg

Yとはその後も今後の話などで、時を忘れます…。

thaifood2013_isezaki128.jpg

『メコン』もグイグイ、いっちゃっています。
って、まだ、3分の1しか空いていないよ…。 (^.^;

 ※後半の写真を撮っておらず…。m(_ _)m

thaifood2013_isezaki129.jpg

いつの間にか、お客さんは、自分たちと、タイ人女性2人組だけに…。

そろそろ、自分たちもお暇の時間となってきました。

thaifood2013_isezaki130.jpg

ごちそうさまでした…。

やっぱ、タイ料理はいいな〜っ!!! ∈^0^∋

thaifood2013_isezaki131.jpg

またもや、午前0時を回ったイセザキ・モールです。

Y、毎度のお付き合い、ありがとう〜。
また、近々行こうぜ〜ぃっ!(笑)

■ここ3年ほどの横浜市中区若葉町などのタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□2013年03月20日 『今年初のタイ料理…。
□2012年12月30日 『今年最後のタイ料理…?
□2012年09月30日 『今年2度目…。
□2012年02月26日 『今年初のタイ料理…。
□2010年01月21日 『2010年タイ料理食べ初め…。
□2009年08月13日 『3ヵ月ぶりのタイ料理…。
□2009年05月14日 『良いなタイ料理って…。
□2009年05月03日 『ここんとこタイ料理三昧…。
□2009年04月25日 『懲りずにタイ料理…。
□2009年04月18日 『タイ料理が続く…。
□2009年03月28日 『またまたタイ料理…。
□2009年03月04日 『タイ料理を食べに…。

 ※2010年と2011年は、タイ料理の記事がほとんどありませんが、
  食べに行っていたにも関わらず、記事にしなかったからかな〜。 (^_^;
posted by pumpui at 23:00| 神奈川 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

今年初のタイ料理…。

表題通り、今年初めてとなる、タイ料理を食べてきました〜。 \(^o^)/

行った場所は、毎度の横浜・伊勢佐木町界隈ですっ!

thaifood2013_isezaki001.jpg

イセザキ・モールで待ち合わせをしたのは、
2年ぶり位以来となる、元同僚のYです。 (´ヘ`;)

最近行っていない店の様子を見つつ、
タイ料理屋が数軒並ぶ、若葉町周辺を徘徊した後、
入った店がこちらです。

thaifood2013_isezaki002.jpg

こちらの店は、ちょっと前に自分がイセザキ・モールや
伊勢佐木町商店街をぶらぶら歩いていた時に発見した店です。

thaifood2013_isezaki003.jpg

とりあえず、久しぶりの再会に乾杯です〜っ!
もちろん、『ビア・シン(シンハー・ビール)/獅子ビール』ですっ!!!

「チョン・ゲーウッ!(乾杯っ!)」
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「アロイ・マークッ!(とっても旨いっ!)」

約2年のブランクがあるので、次々と話が進みます。

thaifood2013_isezaki004.jpg

今回入った、こちらの店なんですが、後日、ネットで検索すると、
3〜4年くらい前にはすでにこの場所で営業していたようです。

歩行者天国からちょっと脇に逸れた所にあるので、
気付きませんでした。

地元のYも知らなかったそうです。

そうこうしているうちに、料理が出てきました〜っ! \(^o^)

thaifood2013_isezaki005.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)です…。

thaifood2013_isezaki006.jpg

『ヤム・ウンセン』(タイ風の春雨サラダ)です…。

thaifood2013_isezaki007.jpg

『ラープ・ムゥ』(豚肉のスパイス和え)です…。

thaifood2013_isezaki010.jpg

『カオ・ニャオ』(モチ米)です…。

Yは、ランチでタイ料理を食べる位で、
約2年ほど前に自分と食べて以来、
夜にタイ料理は食べていないそうです。

thaifood2013_isezaki012.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』を食べるのは半年ぶりです。

シャキシャキした食感が堪りませんっ! o(^o^)o
たっぷり入ったニンニクも良い感じです。

明日は仕事があるのに、それも気にせず…。 (^^;

thaifood2013_isezaki013.jpg

『ヤム・ウンセン』は店の人から、
「辛くても大丈夫ですか?」って聞かれたので、
「マイペンライ(大丈夫)!」っと答えたんですが、
思っていたより辛くありません。

海鮮類が豊富に入っていて、食べ応えがあります。

thaifood2013_isezaki014.jpg

『ラープ・ムゥ』もあまり辛くありませんでしたが、
『カオ・ニャオ』に付けて食べると、とっても美味しいの、なんのっ!

『ビア・シン』が進みます。

thaifood2013_isezaki015.jpg

いや〜、ホント、タイ料理は美味しいな〜っ! \(^^\)

毎日食べても、いいな〜。(多分…。)

飲み物を替えました…。

thaifood2013_isezaki008.jpg

『メコン(・ウイスキー)』です…。

が、やはり、新ラベルです。 (^^ゞ 

もちろん、大好きな『ソーダ』割りでいただきます。

thaifood2013_isezaki009.jpg

「グビグビ…。」
「プハーッ!」

以前は「あまり美味しくはない!」と言っていましたが、
何度か飲んで、慣れてきたせいか(?)、
「美味しい〜っ!」と思うようになってきました。 f(^_^;

第2弾の料理が出てきました…。

thaifood2013_isezaki016.jpg

『ネーム』(酸味がある生ソーセージ)です…。

thaifood2013_isezaki017.jpg

『ヤム・タレー』(タイ風の海鮮サラダ)です…。

thaifood2013_isezaki018.jpg

『クン・パオ』(焼きエビ)です…。

thaifood2013_isezaki019.jpg

午後9時近くに店に入りました。
その時はこんな状況でした。

しかし、写真は撮っていませんが、
午後11時近くなると、タイ人を中心に、
半分くらいの席は埋まっていました。

周辺に10軒近くのタイ料理屋があることを考えると、
本場の味に近いのでしょうか?

thaifood2013_isezaki020.jpg

『ネーム』は酸っぱさ加減が良い感じで、美味しいです。
『メコン・ソーダ』がグイグイ進みます。

つまみにいいな〜!

thaifood2013_isezaki021.jpg

『ヤム・タレー』は『ヤム・ウンセン』とかなり被ってしまいました。
でも、大ぶりの海鮮類が食べ応えがあり、シャッキリした野菜の歯応えも良い、
そして、酸甘辛のバランスが良いドレッシングが美味しさを引き立てますね〜。 )^o^(

これまた、『メコン・ソーダ』が進むな〜。 〜(^^〜)

thaifood2013_isezaki022.jpg

『クン・パオ』は思っていたより、大ぶりでした。

殻を剥き、酸っぱ辛いタレにつけて口に運ぶと、焼いた香ばしさが香り、
プリプリの身を噛みしめると、エビの甘みが染み出てきて、美味しいな〜っ! v\(^^ ) 

thaifood2013_isezaki023.jpg

店からのサービスで、「グレープフルーツ」が出てきました。

タイでは食べた記憶はありません。
タイ語で何と言うかも…。 (^^;

thaifood2013_isezaki011.jpg

Yとは約2年のブランクを感じず、いろんな話が進みます。

でも、なんだかんだで、3時間あまり…。

thaifood2013_isezaki024.jpg

お開きの時間です。
もちろん、完食ですっ! v(^_^)

いや〜、美味しかった〜っ!!!

thaifood2013_isezaki025.jpg

午前0時を回った伊勢佐木町商店街&イセザキ・モールです。
ほとんど人がいません。

Y、付き合ってくれて、ありがとう〜。
また、行こうぜっ!

thaifood2013_isezaki026.jpg

当時満開だった梅ですが、今は桜が咲き出しましたね…。 f(^_^)

■ここ3年ほどの横浜市中区若葉町などのタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□2012年12月30日 『今年最後のタイ料理…?
□2012年09月30日 『今年2度目…。
□2012年02月26日 『今年初のタイ料理…。
□2010年01月21日 『2010年タイ料理食べ初め…。
□2009年08月13日 『3ヵ月ぶりのタイ料理…。
□2009年05月14日 『良いなタイ料理って…。
□2009年05月03日 『ここんとこタイ料理三昧…。
□2009年04月25日 『懲りずにタイ料理…。
□2009年04月18日 『タイ料理が続く…。
□2009年03月28日 『またまたタイ料理…。
□2009年03月04日 『タイ料理を食べに…。

 ※2010年と2011年は、タイ料理の記事がほとんどありませんが、
  食べに行っていたにも関わらず、記事にしなかったからかな〜。 (^_^;
posted by pumpui at 23:00| 神奈川 | Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

今年最後のタイ料理…?

年の瀬も押し迫った先週…、今年最後になるであろう、
タイ料理の食べ納めをしてきました…。 f(^_^;

場所はいつもの横浜・若葉町ではなく、
川崎・溝の口にあるタイ料理屋に行くことにしました…。

thaifood2012_mizonokuchi001.jpg

溝の口駅前はクリスマス・シーズンから正月にかけて設置されるのでしょう、
青い色を中心とした電飾で彩られていました。

今回は昔からの友人Aさんにお付き合いいただくことになりました。 m(_ _)m

駅前で待ち合わせをして、溝の口で唯一(?)のタイ料理屋へ向かいました。

thaifood2012_mizonokuchi002.jpg

開店早々ではありましたが、先客が1人いました。

一番奥の席に陣取り、早速、酒宴の開始です〜っ!

 ※店内がちょっと暗く、写真の写りがイマイチです…。 _(._.)_

thaifood2012_mizonokuchi003.jpg

いつもだと、タイ料理屋に入ると、絶対に『タイ・ビール』を注文するところですが、
こちらの店は早い時間帯だと、『ハッピーアワー』をやっていて、
『タイ・ビール』以外(?)はお安くなっているので、『生ビール』にしちゃいました。

では、早速、いただきます。 (^o^)

お疲れさまです〜。

カチン♪ v\(^^ )

ゴキュ、ゴキュ…。

プハ〜!

旨い〜。 \(^o^)/

thaifood2012_mizonokuchi004.jpg

取り皿は魚の形をしています。
気になったので、写真を撮っちゃいました。

Aさんと近況を話しているうちに、第1弾の料理が出てきました…。 (^o^)

thaifood2012_mizonokuchi005.jpg

『ヤム・カイダオ』(目玉焼きのサラダ)…。

本当は別の『ヤム(サラダ)』を食べたかったんですが、
この日は出来ないと言うことだったので、これにしました。

thaifood2012_mizonokuchi006.jpg

『タレー・クルアンゲーン』(海鮮の辛口炒め)…。

貝だけの炒め物とどちらにするか悩みましたが、こちらにしました。

thaifood2012_mizonokuchi007.jpg

『ムゥ・ヤーン・グラティアム』(炙り豚肉のニンニクソース)…。

今日のお薦めだったので、思わず注文です…。 (^^; 

thaifood2012_mizonokuchi008.jpg

日替わりのお薦めが書いてあるボードです…。

上の料理はここから選んだモノです。

Aさんとは近況話から、世間話へと話題は変わり、
何だかんだで盛り上がります。

thaifood2012_mizonokuchi009.jpg

『ヤム・カイダオ』(目玉焼きのサラダ)は日本では多分食べたことがなく、
ちょっと珍しかったので、注文しました。

玉子焼きの香ばしさと酸っぱ辛いドレッシングが妙に良い感じで合い、
野菜もたっぷり取れるので、良いわ〜っ! (^o^)

thaifood2012_mizonokuchi011.jpg

『タレー・クルアンゲーン』(海鮮の辛口炒め)は思っていたより辛くなく、
悪くはないんですが、ちょっと海鮮類が少ないかな…?

thaifood2012_mizonokuchi010.jpg

『ムゥ・ヤーン・グラティアム』(炙り豚肉のニンニクソース)は
辛いニンニクソースが絡まって、美味しいな〜。

Aさんはタイ料理を食べるのはかなり久しぶりと言うことで、
時折、辛いのを我慢しながら、食べています。 〜(^^〜)

グイグイ、飲み物が進みますっ!

と言っているうちに、『生ビール』を2杯空け、
別の飲み物に替えました〜っ!

thaifood2012_mizonokuchi012.jpg

『センソム』(タイのウイスキー)のフルボトルです〜っ!

正確にはウイスキーではなく、スピリッツだと思いますが、
便宜上、ウイスキーと言っちゃいます…。 (^^;

『メコン』(タイのウイスキー)もメニューにはあったんですが、
今回は『センソム』にしちゃいました。

もちろん、ソーダ割りでいただきます。

ゴクゴク…。

プッハー。

やっぱ、美味しいな〜。 \(^^\)

やはり、炭酸系はタイ料理に合うな〜。

料理の第2弾がやってきました…。 (^o^)

thaifood2012_mizonokuchi013.jpg

『ナムプリック・ガピ』(タイのディップ2種&野菜)…。

実は瓶詰めの『ナムプリック』が冷蔵庫に入っているくらい好きなので、
やはり、プロが作るのを食べてみたくて、思わず注文です。

thaifood2012_mizonokuchi014.jpg

『スッキー・ヘーン』(春雨と野菜のタイスキ炒め)…。

知ってはいたメニューで、まだ食べたことがなかったので、
これまた、思わず注文しちゃいました…。 f(^_^; 

thaifood2012_mizonokuchi015.jpg

『サイクローク』(もち米入り豚肉のソーセージ)…。

いつも注文しちゃうんですが、
懲りずにまた、注文しちゃいました…。 (^^;

thaifood2012_mizonokuchi016.jpg

店に入って1時間を過ぎると、続々とお客さんが入ってきます。

この日の客層は何故、女性はグループで、男性は1人というパターンでした。

thaifood2012_mizonokuchi017.jpg

『ナムプリック・ガピ』(タイのディップ2種&野菜)は、
写真には写っていませんが、2種類のディップが付いています。

あまり辛くなく、野菜も少な過ぎで、かなりがっかり…。
個人的には、オクラやキャベツも付いて欲しいけど、
スティックだから、キャベツは無理かな…?

thaifood2012_mizonokuchi018.jpg

『スッキー・ヘーン』(春雨と野菜のタイスキ炒め)は
野菜や練り物系がたっぷり入っていて、かなりお得感が…。

thaifood2012_mizonokuchi019.jpg

『サイクローク』(もち米入り豚肉のソーセージ)はいつも食べている
『サイクローク・イサーン』(タイ東北部のもち米入り豚肉のソーセージ)とは
違うのか、あまりニンニクが利いていません。

ただ、こちらに付いているキャベツを前に出てきた
『ナムプリック・ガピ』に付けて、食べました…。 (^^ゞ 

thaifood2012_mizonokuchi020.jpg

店は満席になることはありませんでしたが、
カウンターの1人男性客は入れ替わりで、
そこそこ埋まっていました。

thaifood2012_mizonokuchi021.jpg

『カオ・ヤム』(タイ南部の混ぜご飯)…。

以前、どこかで食べたことはあったと思いますが、
メニューを見ていて、気になってしまい、食べたくなりました。

thaifood2012_mizonokuchi022.jpg

『カオ・ヤム』(タイ南部の混ぜご飯)はご飯のほかに、
モヤシにキュウリ、ネギや香草がたっぷり入っています。

タレはかなり甘めですが、油で炒めている訳ではないの、
かなりヘルシーな感じがします。

thaifood2012_mizonokuchi023.jpg

『センソム・ソーダ』はクイクイいっちゃっています。
だって、タイ料理とスゴく合うからです〜。 )^o^(

実はこちらのタイ料理屋に来たのは2回目なんです。
でも、前回は今の店とは違う所にあったと思うんですが…?
記憶がはっきりしておらず…。 (^^;

thaifood2012_mizonokuchi024.jpg

3時間あまりが経ち、お腹も満たされたので、そろそろお開きです。

もちろん、完食&完飲です〜。 (^o^)

ごちそうさまでした…。

外に出ると、今まで南国タイにいたのに、
日本にいると言うことを寒さで実感させられました。(笑)

thaifood2012_mizonokuchi025.jpg

溝の口の西口には戦後から残っていると言われるこちらの商店街があり、
バッラク(?)が並んだ商店街には居酒屋や立ち飲み屋が数軒営業しています。

そうこうしているうちに、そのうちの1軒に入りました…。 (∩.∩)

thaifood2012_mizonokuchi026.jpg

入り口付近は立ち飲みで、自分たちは奥のイス席へ…。

thaifood2012_mizonokuchi027.jpg

またまた、『生ビール』で乾杯です〜。

乾杯〜。

グビグビ…。

プハ〜。

おっ、美味しいんですが…。 (^.^; 

thaifood2012_mizonokuchi036.jpg

店内は会社帰りの方々が中心で、あとは学生らしき人たちもチラホラ…。

そうしているうちに、料理が出てきました…。 (^o^)

thaifood2012_mizonokuchi029.jpg

『お通し(魚の南蛮漬け)』『まぐろのブツ』『揚げ銀杏』『焼き鳥盛り合わせ』
…。

thaifood2012_mizonokuchi030.jpg

『揚げ丸ニンニク』『揚げクワイ』『白レバーの燻製』『牛すじカレーライス』…。

thaifood2012_mizonokuchi033.jpg

『揚げ丸ニンニク』はホクホクで美味しいな〜。

実はこの1皿だけではなく、もう1皿食べちゃいました。
そんなに精力を付けて、どうするんだって…。(笑)

thaifood2012_mizonokuchi034.jpg

『揚げクワイ』は多分、自分が注文したと思いますが、
最近は中華料理の入っているを食べるくらいで、
『揚げクワイ』なんて言うのがあるのを知りませんでした。

これも、ホクホクでおいしかったです。

thaifood2012_mizonokuchi035.jpg

『白レバーの燻製』はねっとりして、美味しいな〜。
レバー好きな自分にとって、最高です…。

そして…。

thaifood2012_mizonokuchi032.jpg

『つくね大串』のお味は…、忘れちゃいました…。

実は…。

thaifood2012_mizonokuchi031.jpg

こちらのお店に入った経緯も全く覚えておらず、
Aさんと何を話したかも全然覚えていないんです…。 (>_<)

thaifood2012_mizonokuchi037.jpg

多分、自分が注文したと思いますが、
〆に『牛すじカレーライス』を食べたことも全く覚えておりません。 ○| ̄|_

自分はどちらかと言うと、〆ラーメン派と言うより、〆ご飯派なので、
この後に及んで、『牛すじカレーライス』を頼むのは自分しかいませんので…。

でも、写真を見ると、完食していますね…。(笑)

thaifood2012_mizonokuchi038.jpg

そんな感じで、(多分Aさんが)精算して、外へ出ましたが、
冬と言うのに、夜はまだまだ長いようで、
飲んでいる人が大勢いました…。

thaifood2012_mizonokuchi039.jpg

溝の口駅前は家路を急ぐ人たちが駅の中に吸い込まれていきます。

thaifood2012_mizonokuchi040.jpg

2軒目のことはほとんど覚えておりませんが、
Aさん、お付き合いいただき、ありがとうございました〜。 m(_ _)m

また、行きましょう〜。

今年の忘年会はこれで終わりかな…?! (^^ゞ
posted by pumpui at 20:00| 神奈川 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月30日

今年2度目…。

今更ながらですが、先日、タイ料理屋さんで、
今年2度目のタイ料理を食べてきましたっ! \(^o^)/

今回も、弊ブログではしょっちゅう登場する
横浜の若葉町に数件あるタイ料理屋さんの何処かへ行こうと思い、
関内駅を降りました。

待ち合わせの時間よりちょっと先に着いてしまったので、
関内駅近くのイセザキモールにある本屋さんで時間を潰していたところ、
携帯が鳴りました。

今回、ご一緒する、毎度登場のSさんからでした。 v(^_^)

Sさん「関内駅に着いて、そっちへ向かっているんですが…?」
自分P「何処にいますか?」
Sさん「えーと、XXXが見えますが?」
自分P「えっ、そちらは逆方向ですよ!」 f(^_^;

そんな会話が続き、携帯の通話状況も何故か悪いこともあって、
誘導に時間がかかりましたが、無事に合流し、若葉町方向へ向かいました。

thaifood2012_isezaki001.jpg

しかし、若葉町手前の伊勢佐木町周辺のちょっとした所に
タイ料理屋さんがあることを思い出しました。

そのタイ料理屋さんの前に着くと、

Sさん「ここ、良い感じじゃないですか?」

と言うので、今回、タイ料理を食べる場所が決まりましたっ!

店の中へ入り、速攻で、飲み物を注文しました…。

こちらの店に入るのは2度目です。

thaifood2012_isezaki002.jpg

Sさんは『生ビール』、自分は『ビア・チャーン(象印ビール)』で、

「乾杯〜っ!」
「チョンゲーオ(乾杯)!」
「お久しぶりです。」
「お疲れさまでした。」
『カチン…。』 v\(^^ )
「グビグビ…。」
「ゴクゴク…。」
「プハッ〜っ!」
「美味しいっ!!」
「旨い〜!」 \(^O^)/

タイトルにもなっていますが、
実はタイ料理屋さんでタイ料理を食べるのは、
今年になってからは2度目です。

それも、前回もSさんがご一緒してくれました〜っ! m(_ _)m

■『今年初のタイ料理…。
  http://pumpui999.seesaa.net/article/254039735.html

『ビール』と一緒に出てきたのが、こちらの『サービス品』です…。

thaifood2012_isezaki003.jpg

『枝豆(トゥア・レ)』…。

実は、こちらの『枝豆』はタイ産なんだそうですっ!

美味しいので、是非、食べてもらおうと、
サービスとして出しているんだそうです。 〜(^^〜)

そのお味は後ほど…。

続々と、料理が出てきました。

thaifood2012_isezaki004.jpg

『ソムタム(青パパイヤのサラダ)』…。

thaifood2012_isezaki005.jpg

『ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ(アサリのナムプリックパオ炒め)』…。

thaifood2012_isezaki006.jpg

『ラープ・ムゥ(豚肉のスパイス和え)』…。

thaifood2012_isezaki007.jpg

『ガイ・ヤーン(タイ風焼き鶏)』…。

thaifood2012_isezaki008.jpg

『カオ・ニャオ(モチ米)』…。

thaifood2012_isezaki009.jpg

第1弾の料理5品+サービス品の揃い踏みです〜っ! Y(^O^)Y

自分の飲み物は『ビア・シン(獅子印ビール/シンハー・ビール)』に
替わっています…。(笑)

 ※店内がちょっと暗く、ISO感度を上げたので、
  写真の画質がちょっと悪くなっています。

thaifood2012_isezaki010.jpg

店内には先客が2組ほどいましたが、2組ともタイ人が混じっていたので、
料理の味は悪くないのではないでしょうか?

Sさんとは近況のほか、Sさんの仕事の話でひとしきり…。

thaifood2012_isezaki011.jpg

タイ産の『枝豆(トゥア・レ)』は美味しいですっ!

スーパーや居酒屋さんの『枝豆』とは明らかに違い、
豆の甘味がすごく出ていて、豆本来の濃い味がして、
本当に旨いすっ! (o^O^o)

こちらの『枝豆』は冷凍ではない感じがしますが、
ネットで調べると、冷凍のタイ産『枝豆』って、
結構売っているんですね〜。知りませんでした。

タイで食べたら、もっと美味しいのかな…?!

thaifood2012_isezaki012.jpg

『ソムタム(パパイヤのサラダ)』は辛さがイマイチでした。

注文時に「辛いの大丈夫?」と聞かれたので、
「マイペンライ(大丈夫)!」と答えたんですが…。 f(^_^)

でも、ピーナッツの香ばしさがいい感じですぅ!

thaifood2012_isezaki013.jpg

『ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ(アサリのナムプリックパオ炒め)』は
本当は『ホイクレーン・ルワック(茹で赤貝)』が食べたかったんですが、
なかったので、これにしました。

『ビール』との相性が良いような気がします。

thaifood2012_isezaki014.jpg

『ラープ・ムゥ(豚肉のスパイス和え)』は結構辛かったです。

サラネー(ミント)やカウクワ(煎り米)が良い感じで、
これまた、『ビール』が進みますね〜っ! )^o^( 

thaifood2012_isezaki015.jpg

『ガイ・ヤーン(タイ風焼き鶏)』は普段はあまり注文しないんですが、
Sさんが食べたいと言うことで、今回は頼んでみました…。

ちょっと焼き過ぎの感はありますが、 f(^_^;
味付けが絶妙で、Sさんも「旨い!旨い!!」と言って、
ガツガツ食べていました。

thaifood2012_isezaki016.jpg

『カオ・ニャオ(モチ米)』は『ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ』の汁や、
『ラープ・ムゥ』に付けて食べると、最高ですね〜! ∈^0^∋

ここらで、飲み物を替えました…。

thaifood2012_isezaki017.jpg

それは『メコン(・ウイスキー)』ですっ!
それも何と、またまた、旧ラベルのボトルなんですぅ!!

前回行ったお店にもありましたが、ここにもあるなんて…。 \(^o^)/

不覚にも製造年月を調べませんでしたが、
やはり、2年位前に製造したものなんでしょうか…?
それとも、旧ラベルの再販売…?

それはさておき、いつものように、ソーダ割でいただきますっ!

「(再び)乾杯〜っ!」
『カチン…。』 v\(^^ )
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「プハッ〜っ!」
「うっ、旨いっ!」

こちらの旧ラベルの『メコン』は保存状態(?)が良いからか、
何となく、昔飲んだ『メコン』の味のような気がします。

「ゴクゴク…。」
「やはり、美味しいな〜。」

Sさんも「グビグビ…。」飲んでいますっ!

thaifood2012_isezaki018.jpg

そして、こちらには、タイのお店と同じように、ボトル置きがありました。

何か、タイに来た感じがします…、で、これがオープンの店だったら、
もっと良いんですが…、それは無理ですよね…。(笑)

第2弾の料理が出てきました…。

thaifood2012_isezaki019.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)…。

thaifood2012_isezaki020.jpg

『ムゥ・ピン(豚肉の串焼き)』…。

thaifood2012_isezaki021.jpg

『クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の香草蒸し)』…。

thaifood2012_isezaki022.jpg

店に入って2時間強…、店内は5組ほどに増えています。
いずれの席も、タイ人が混じっている模様です。

Sさんとは世間話で盛り上がっています。
どんな内容だったかは忘れましたが…。 (^^;

thaifood2012_isezaki023.jpg

『メコン・ソーダ』もガンガン進みます…。

「いや、本当に旨いな〜!」

thaifood2012_isezaki024.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)は
シャキシャキ感が良い感じで、ピリ辛で、美味しいな〜っ! (^o^)

thaifood2012_isezaki025.jpg

『ムゥ・ピン(豚肉の串焼き)』は店の方のお薦めと言うことで、注文しましたが、
肉はとてもジューシーで、甘辛の味が『メコン・ソーダ』に合いますね〜っ!

thaifood2012_isezaki026.jpg

『クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の香草蒸し)』はよく登場しますが、
こちらのは大降りのエビは食べ応えがあって、春雨も良い感じで汁が絡まって、
美味しいな〜。

Sさんも思わず…。

thaifood2012_isezaki027.jpg

「グッド!」

thaifood2012_isezaki028.jpg

いよいよ佳境…。

『メコン・ソーダ』のピッチも進みますが、いよいよラスト近くになってしまい…。

thaifood2012_isezaki029.jpg

3度目の乾杯ですっ!

「(3度目の」乾杯〜っ!」
「チョンゲーオ(乾杯)!」
『カチン…。』 v\(^^ )
「グビグビ…。」
「ゴクゴク…。」
「プハッ〜っ!」
「美味しいっ!!」
「旨い〜!」 \(^O^)/

しつこいってかっ! m(_ _)m

さまざまな話をするも…、全く覚えておりません。 (^_^;

thaifood2012_isezaki030.jpg

そうこうするうちに、4時間あまりが過ぎ、
帰らなければいけない時間がきてしまいました…。

今年2度目の本物のタイ料理、
大変美味しくいただきましたっ!
ごちそうさまでしたっ!! o(^o^)o

thaifood2012_isezaki031.jpg

帰宅を急ぐ人たちが関内駅へ向かって早足で歩いています。

Sさんとはとても有意義な話(多分)が出来て、
とっても良かったです。

今回も急なお誘いにも関わらず、
お付き合いいただきまして、
誠にありがとうございましたっ! m(_ _)m

Sさん、また行きましょう〜!!! v\(^^ )

って、このブログを書いているうちに、
また、タイ料理が食べたくなりました…。(笑)
posted by pumpui at 19:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

潮干狩り2012…。

ゴールデンウイーク(GW)はどこへも行かなかったし、
先週末は東京・代々木公園で開かれていたタイフェスティバルへも行きませんでした。 (;;)

しかし、その代わりと言っては何ですが、潮干狩りに行ってきました〜っ!(笑)

前もってネットで潮の満ち引き(満潮・干潮)を調べ、日時を合わせて、
やって来たのはシーサイドライン線(横浜新都市交通)の新杉田駅です。

shiohigari2012_001.jpg

ここからシーサイドライン線に乗って、今回の目的地へ向かいます。

昨年2月に運行が始まった新型車両に初めて乗り、
約20分で目的地の最寄り駅に到着しました。

ちなみに、シーサイドライン線の旧型車両は座席がロングシートだけなのに対し、
新型車両の座席はロングシートとクロスシートの両方が導入されています。

shiohigari2012_002.jpg

到着したのはシーサイドライン線海の公園南口駅です。

こちらで降りたのは、自分を含め3人でした…。 f(^_^;

shiohigari2012_003.jpg

自分が向かう潮干狩りの場所が駅から見えました。

真ん中の先辺りが今回の会場です…。

shiohigari2012_004.jpg

シーサイドライン線海の公園南口駅の外観です。

ほとんど人がいません…。 (^^;

shiohigari2012_005.jpg

今回、潮干狩りの会場に選んだのは、
横浜市金沢区にある『海の公園』です。

shiohigari2012_006.jpg

綺麗に整備された道をどんどん進んでいくと、
海が見えてきました…。

shiohigari2012_007.jpg

『海の公園』です! \(^o^)/

実はこちらで潮干狩りをするのは、
2008年以来、2回目になります!!

2008年の訪問時の様子や海の公園の詳細については以下のリンク先を…。

GW中に潮干狩り…。
 http://pumpui999.seesaa.net/article/95863604.html

2008年の時とは人の数が明らかに違いますね〜。(笑)

波打ち際に陣地を作ります。

shiohigari2012_008.jpg

これからまだまだ、潮が引いていくので、
こんなに水辺近くに陣地を築いても大丈夫です。 (^_^;

shiohigari2012_009.jpg

潮干狩りのために用意したのは、
前回2008年同様、バケツと熊手・シャベルで、
今回はザルも持ってきました。

前回来た時にあったら便利だと思ったのがザルで、
このザルが途轍もない力を発揮します。(笑)

写真には写っていませんが、採れたアサリを入れる網袋もあります。

この日の干潮まで、あと2時間余りあり、水深が高いと思い、
とりあえず、波打ち際に穴を掘り、アサリを見付けようとするも、
全然、見付かりません。 f(^_^;

shiohigari2012_016.jpg

海に向かって左側はこんな感じ…。

ずーっと先が前回潮干狩りをした場所です。

shiohigari2012_017.jpg

海に向かって右側はこんな感じ…。

波打ち際でアサリ取りをしている人はあまりいません。

でも、負けずに、波打ち際から少し海に入った所で頑張り、
小さいのがほとんどですが、アサリが少しずつ採れてきました。

そんな折り、大量のアサリが入った網袋を持った人が通りがけに、
「あの人の辺りに行けば、もっと大きめのアサリが採れるよ!」と、
アドバイスをくれました。

潮干狩りと言えば、潮が引いた砂浜で熊手を使い、
アサリを採る、と言うイメージが強いんですが、
大きめを狙うとなれば、それではダメなんですよね〜。

潮干狩りのシーズンになってから、波打ち際では大勢の人が熊手などを使い、
アサリを採っているんですから、大きいのが残っているはずがありません…。

んで、そのアドバイスに従い、どんどん海の中へ…。

shiohigari2012_010.jpg

思っていたほど、深くはなく、まだ深いのではと、躊躇していたのを後悔…。

アドバイスされた場所も、ヒザほどの水深だったので、全然、大丈夫です。

shiohigari2012_011.jpg

結局、この辺りから、本格的にアサリ取りを開始です!(笑)

この辺りまで来ると、何故か水も澄んでいて、
水深50〜60センチ下にある砂地もハッキリと見えます。

海の中の砂地は表面がちょっと固いので、熊手を使って、表面を掻き鳴らし、
柔らかくなった所をザルで砂を掻き出し、砂を振るうとアサリや貝殻が残ります。

その中から、大きめのアサリを選び、網袋の中へ…。
小さいのは海へ戻します。

ザクザクと採れます!
やはり、ザル作戦は正解です…。 \(^o^)/

小一時間ほど、アサリ取りをして、休憩です。

shiohigari2012_012.jpg

アサリの他にも、カニが獲れました…。

種類は分かりませんが、
甲殻の感じから、3種類のカニ、合わせて5匹です。

天気は晴れたり曇ったり、ほんの一時ですが、雨が降ったりもしましたが、
風がほとんどないので、とても過ごしやすく、半袖半ズボンでも大丈夫です!

飲み物を飲みながら、折りたたみのイスに座り、ボケーッとしていると、
遠くから、「ゴー!」「キャー!!」と…。

shiohigari2012_013.jpg

正面に見える横浜・八景島シーパラダイスの
サーフコースターから聞こえる音や歓声です。

shiohigari2012_014.jpg

その手前ではウインドサーフィンに興じる人もいますが、
風がほとんどないので、進むのが遅いです…。

そうこうしているうちに、この日の干潮の時間が迫ってきたので、
再び、海の中へ…。

冷たくないか?とお思いでしょうが、何故か水温はそれほど低くなく、
ずーっと海の中に入っていても全然耐えられるほどの水温です。

そんなこともあり、ザル作戦でザクザクとアサリが採れていきます。

でも、上手がいるんですっ!

shiohigari2012_015.jpg

写真の真ん中辺りに何故かある白いラインに丁度かかっている4人です。

ウェーダー(胸まである長靴)を身に付け、
プロ用の貝取り道具である鋤簾(じょれん)を使って、
アサリを採るプロの方々(?)です…。(笑)

自分に良い場所を教えてくれた方も同じような格好をしていました。 f(^_^;

自分たち素人がヒザ前後の水深の所でアサリを採っているの対し、
プロの方々は腰くらいの水深の所で採っているので、対決にはなりません。

どの方も網袋一杯の収獲がありました…。

そんな感じで自分も頑張っていたんですが、
ちょっと腰が痛くなってきたので、小一時間で撤退しました…。 (>_<)

shiohigari2012_018.jpg

ちなみに、写真右側の砂山はここに最初の頃に掘った穴から出た砂で出来た砂山で、
よく考えてみると、あまり潮は引いていないような…?

そして、今回の収獲がこちらですっ!

shiohigari2012_019.jpg

バケツ4分の1くらいですっ!!!

本当は3分の1くらいあったんですが、
最初の方で採った小さいのは海に戻したので、
これくらいになりました〜。

shiohigari2012_020.jpg

名残惜しくはなりましたが、(笑)
海の公園を後にしました…。

家に戻り、早速、砂抜きを始めました。

shiohigari2012_021.jpg

海水の入ったバケツをちょっと静かにしていると、
アサリたちが水管を出して活発に呼吸をしています。

見た感じ、ほとんどが呼吸しているようです。
良かった〜!

ってな感じで、本当はもう少し砂抜きをしたいところではありますが、
2時間ほど砂抜きをして、早速、調理を始めます! (^o^)

自分で採ったアサリで作った料理がこちらです…。

shiohigari2012_022.jpg

『ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ(アサリのナムプリックパオ炒め)』です。

タイフェスへ行かなかった(行けなかった)反動もあり、
タイ料理にしちゃいました〜!(笑)

大きめのアサリを選んでもって帰ってきたとは言え、
それだけでは量が足りないのではと思ったので、
味噌汁の具になるくらいのサイズのも持ってきました。

沸騰したお湯の中に、ホイラーイ(アサリ)を入れ、
殻がみんな開いたところで取り出します。

で、殻付きだと嵩張るし、食べる時に一々、殻から身を外すのも面倒なので、
大きめのアサリを中心に10分の1ほどを殻付きのまま使い、
残りの10分の9は身を外して、調理しましたっ!

その後、市販の『ナムプリックパオの素』(瓶詰め)などで、
味付けをしただけですが、悪くないでしょう〜っ! \(^^\)

shiohigari2012_023.jpg

『(パット・)ガパオ・ガイ(鶏肉のバジル炒め)』です…。

こちらも、鶏肉と『ガパオの素』(瓶詰め)だけで作りました。
近所にガパオ(ホーリーバジル)を売っていなかったので、
なんちゃって、『ガパオ・ガイ』ですが、ごめんなさい。 m(_ _)m

shiohigari2012_024.jpg

『ヤム・ムゥ(豚肉のタイ風サラダ)』です…。

マナオ(タイのライム・レモン)は手に入らないので、
代用のレモン汁やナンプラー・冷凍青唐辛子などで、
ドレッシングを作ろうと思ったら、レモンを忘れていました…。 (T.T)

そこで、『ソムタム・ドレッシング』(瓶詰め)があったことを思い出し、
それで代用し、湯通しした豚肉(ムゥ)やフレッシュな野菜と和えました!

パクチー(コリアンダー)はたっぷり使ったので、それなりです…。 (^^;

shiohigari2012_025.jpg

『ガイ・トート(鶏の唐揚げ)』です…。

市販品ですが、部位は『サイ(おしり)』だと思います。 f(^_^;
『ソース・プリック』(チリソース)添えです。

shiohigari2012_026.jpg

そして、『浜茹でホタルイカ』です…。

急に和食になりましたが、もちろん、酢味噌添えです。

shiohigari2012_027.jpg

飲み物はサッポロビール『サッポロクラシック』を用意しました…。

家の近くにあるスーパーや酒屋ではタイのビールを売っておらず、
ストックもなかったので、自分の大好きなサッポロにしました。(笑)

shiohigari2012_028.jpg

その他、『じゅんさいの甘酢』(パック詰めのじゅんさいに甘酢をかけただけ)と、
市販の『肉じゃが』と『助六寿司』が並んでいます…。

今回は泰日料理の混合です!

では、いただきます〜!

「ゴクゴク…。」
「プハーッ!」
「旨い!!」
「やっぱ、クラシックはいいな〜!」 (*^o^*)

shiohigari2012_029.jpg

『ホイラーイ・パット・ナムプリックパオ』は
若干、砂抜きの時間が足りない部分もあり、
ちょっとジャリっとする時もありましたが、
具沢山で美味しいな〜。 )^o^(

『ガパオ・ガイ』はガパオがない分、玉ねぎを入れても良かったかな…。

『ヤム・ムゥ』はタップリのパクチーが効いて良い感じですが、
『ソムタム・ドレッシング』の味がちょっと自分好みではないかも…?

『ガイ・トート』(フライドチキン)に
『ソース・プリック』(チリソース)付けて食べるのも偶にはいいな…。

shiohigari2012_030.jpg

『浜茹でホタルイカ』は旬なので、
外がプリプリ肉厚で、中はとろりと濃厚、酢味噌が合うな〜! (o^o^o)

『肉じゃが』は久しぶりに食べましたが、美味しいな〜。

『助六寿司』はそれなりです…。

shiohigari2012_031.jpg

『じゅんさいの甘酢』はつるつるっと、シャキシャキの食感がいいな〜。 ∈^0^∋

一通り、全ての料理に箸を付けたところで、
飲み物を替えました…。

shiohigari2012_032.jpg

今回はタイ・ウイスキーの『ホントーン』を用意しました〜! \(^^ )

昨年3月にタイ・バンコクから帰った来た時のお土産です。

タイ・ウイスキーを飲むのは、約4ヵ月ぶりです…。

前回は『メコン』でしたが、飲んだ様子については以下のリンク先を…。

タイ・ナイト…。
 http://pumpui999.seesaa.net/article/246125818.html

んで、いつものように、『ソーダ』割りでいただきます…。

( ^^)/v

「ゴクゴク…。」
「美味しいな〜!」
「若干甘く、スパイシーな感じですね…。」
「ちょっと、メコンとは味が違うな〜。」

そんな感じで、今宵の家飲みは、泰日料理をつまみつつ、
『ホントーン』のソーダ割りで闇の中へ入っていきました…。 (^^;

shiohigari2012_033.jpg

次、潮干狩りに来られるのはいつかな…?!
posted by pumpui at 22:00| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

今年初のタイ料理…。

一昨昨日(2012年2月23日)、
今年初めてタイ料理を食べました〜っ! \(^o^)/

っと言っても、
自分で作って食べたり、ランチに『タイ・カレー』を食べたりしているので、
正確に言うと、今年初めてではないんですが…。 f(^_^;

でも、飲みの入った本格的なタイ料理を食すのは今年初めてですっ!(笑)

行った場所は、横浜市中区の伊勢佐木モール周辺にある若葉町ですっ!

お察しの良い方はお分かりと思いますが、自分がタイ料理を食べる街は、
弊ブログのカテゴリ『タイ料理・食べ物』で昔の記事をご覧になれば分かるように、
イベントを除いて、東京の新宿・歌舞伎町か、横浜の若葉町がほとんどです…。 (^^;

今回お付き合いいただいたのは、毎度登場、昔の仕事場の元同僚Sさんです。
ご無理を言って、急遽、お付き合いいただきましたっ! m(_ _)m

JR関内駅に集合して、世間話をしながら、
伊勢佐木モールをぷらぷら歩き、目的地・若葉町に向かいます。

thaifood2012_wakabacho001.jpg

伊勢佐木モールでは、前回一人で探索に来た時にはまだプレオープン状態だった、
旧横浜松坂屋跡地に、新しい商業施設が完全にオープンしていました。

伊勢佐木モールをどんどん進み、
人気が少なくなって来た所を右折すると若葉町界隈に到着です。

とりあえず、若葉町にあるほとんどのタイ料理屋をSさんに紹介して廻り、(笑)
今回、入ろうと決めていたお店に入ります。

thaifood2012_wakabacho002.jpg

それがこちらのお店です。

実はこちらのお店、昔からあった訳ではなく、
自分が昨年末頃、伊勢佐木モールに来たついでに、
若葉町を探索した時に見付けた店なんです。 f(^_^;

若葉町ではここ数年で、自分が知っている限りで、
2軒のタイ料理屋、1軒のタイ食材屋がなくなりました。

そんな中、新しく出来たタイ料理屋なので、スゴく嬉しかったんですが、
以前ちょっと記事に書いたように、日本ではランチ・バイキングを除いて、
タイレスに一人で入ったことがありません。

タイでは酒を飲むために屋台や食堂・レストランに平気で一人で入るのに…。 (^^;

そんな訳で、知っているのに入らずの日々が続いた訳ですが、
ある日、無性にタイ料理屋でタイ料理をつまみながら、酒が飲みたくなった折り、
「辛さ味わいたくなりました」と、コメントしてくれたSさんのことを思い出し、
Sさんをお誘いした所、快諾してくれた次第です…。 m(_ _)m

前書きが長くなりましたが、店内に入り、
早速、タイの『ビール』を注文です。

thaifood2012_wakabacho003.jpg

最初は『ビア・シン(シンハー・ビール/獅子印)』で乾杯ですっ!

「お久しぶりです。」
「お疲れさまでした。」
「乾杯〜っ!」
『カチン…。』 v\(^^ )
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「プハッ〜っ!」
「美味しいっ!!」 \(^O^)/

Sさんはタイの『ビール』はあまり飲んだことがないそうで、
『ビア・シン』は「香ばしいコクがある!」と、喜んで飲んでいました。

thaifood2012_wakabacho004.jpg

店内の客は自分たちだけで、店員はタイ人男性2人だけのようです。

注文を取りに来たタイ人はあまりタイ人っぽくない顔立ちだったんですが、
(東南アジア系ではあるんですが、タイではあまり見かけない顔立ち。)
料理を注文したら、厨房のもう一人のタイ人にタイ語で言っていたので、
やはりタイ人かと…?! (^^;

料理が出てきました…。

thaifood2012_wakabacho005.jpg

『ホイラーイ・パット・プリックパオ』(アサリの辛味噌炒め)です…。

thaifood2012_wakabacho006.jpg

『コー・ムゥ・ヤン』(豚の喉肉焼き)です…。

thaifood2012_wakabacho007.jpg

『サイクローク・イサーン』(豚挽き肉とモチ米の腸詰め)です…。

飲み物を替えました…。

thaifood2012_wakabacho008.jpg

続いては『ビア・チャーン(チャーン・ビール/象印)』で乾杯ですっ!(笑)

Sさんは『ビア・チャーン』は「軽い。」と言って、グビグビ飲んでいました。

thaifood2012_wakabacho009.jpg

その後、サラリーマンらしき男性が2人入ってきて、
『パット・ガパオ』(バジル炒め)や『クイッティアウ(麺)』を食べていました。

Sさんとは世間話に続き、近況などを報告です。

thaifood2012_wakabacho010.jpg

『ホイラーイ・パット・プリックパオ』(アサリの辛味噌炒め)は、
味はかなり自分の好みの味で、ご飯にかけて食べたいくらいです。(笑)

タイでは殻付きが一般的ですが、殻無しは食べやすいですね。

自分はそれほど辛いとは思いませんでしたが、
Sさんは「スゴく辛いんですが、美味しいですね!」を連発していました。

正に、タイ料理は「ペット・テー・アロイ!(辛いけど、美味しい!)」です!

thaifood2012_wakabacho011.jpg

『コームゥ・ヤン』(豚の喉肉焼き)は、コリコリとした歯応えで、
噛みしめると、旨い脂の味が口の中一杯に広がります。

酸っぱ辛い、独特の付けダレがホント、美味しいですねっ!
ビン詰めなどで売っていないかな〜!

thaifood2012_wakabacho012.jpg

『サイクローク・イサーン』(豚挽き肉とモチ米の腸詰め)は、
モチモチした食感は良いんですが、ちょっとしたパサパサ感が残念でした。
また、あるはずの酸味はあまり感じられませんでした。

そして、ここで、驚きの飲み物が登場ですっ!(笑)

thaifood2012_wakabacho013.jpg

それが、『メコン(・ウイスキー)』ですっ! \(^^\)
それも、旧ラベルのボトルなんですぅ!!!

先日、『タイ・ナイト…。』で取り上げたばかりですが、
まだ、旧ラベルのボトルが残っていたなんて…。

ボトルを見ると、『01ー07ー09』の刻印があり、
2009年の7月か、1月の製造かと思われます。

7月1日だと、自分の誕生日なので、
ちょっと因縁を感じるんですが…。(笑)

thaifood2012_wakabacho014.jpg

もちろん、大好きな『ソーダ』割りで、いただきますっ!

「(再び、)乾杯〜っ!」
『カチン…。』 v\(^^ )
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「プハッ〜っ!」
「うまぃ…、うん?」
「(もう一口、)ゴク…。」
「やはり、昔の味と違うな〜。」 (>_<)

2010年に生産・販売が中止されたのは、
味が変わった(?)せいなのかな…?

上手く表現出来ませんが、
ほのかに甘い独特の味が好きだったんですよね〜。

Sさんはチャレンジャーで、『ソーダ』割り以外に、
『水』割りや『ロック』で飲んでいましたが、
そのお味はいかに…? (^o^)

追加の料理が出てきました…。

thaifood2012_wakabacho015.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)です…。

thaifood2012_wakabacho016.jpg

『ラープ・ムゥ』(豚肉のスパイス和え)です…。

thaifood2012_wakabacho017.jpg

『タップ・ワーン』(豚レバー肉のスパイス和え)です…。

thaifood2012_wakabacho018.jpg

第2弾の料理、揃い踏みです…。(笑)

この3品に限って、あまり間隔なく、料理が次々と出てきたので、
集合写真を撮ることが出来ました…。 f(^_^;

thaifood2012_wakabacho019.jpg

この頃には、男女2人の客も…。

『トムヤムクン(エビの酸っぱ辛いスープ)』や
『トート・マンクン(タイの薩摩揚げ)』など注文していました。

Sさんとは文章には出来ない下世話な話で盛り上がります。 へ(^^へ)

thaifood2012_wakabacho020.jpg

日本のタイ料理屋では、音楽VCDを流すことが多いんですが、
こちらの店内のモニターでは、タイのテレビ番組が流れていました。

東京・高円寺に住んでいたかなり昔、
タイのテレビ番組(特に音楽系)を録画したビデオを買うために、
わざわざ若葉町へ来ていた頃のことを思い出しました。

そのビデオを購入していた店は今は跡形もなく、跡地は駐車場になっていて、
その後もビデオを細々と売っていた別の店も東日本大震災後、なくなりました。

でも、こちらの店で流れているタイのテレビ番組は、ビデオやDVDではなく、
インターネット経由のオンデマンドで配信されている番組でした。

なので、時々、「バッファ(データの読み書き中)」になることがありました…。 (^o^)

それにしても、進歩と言うのは、すざまじいですねっ!

thaifood2012_wakabacho021.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン』(空芯菜の強火炒め)は、
自分も偶に作ることがありますが、食べるのは半年ぶりくらいです。

こちらのは、ニンニクが良い感じでノーマルな味付けながら、
辛さが全然足りないのがちょっと残念でした。

thaifood2012_wakabacho022.jpg

『ラープ・ムゥ』(豚肉のスパイス和え)は、
炒った米が香ばしくて、独特の甘みも感じられ、美味しいな〜っ!
コリコリの皮も良いな〜っ!!

ただ、こちらも辛さがちょっと足りないのと、
キャベツなどの付け合わせ野菜が少ないかな…?

でも、今、野菜が高いから、仕方ないか…。

thaifood2012_wakabacho023.jpg

『タップ・ワーン』(豚レバー肉のスパイス和え)は、
仕方がないでしょうけど、レバーにちょっと火が通り過ぎているかな?
本当は、レア気味の火の通し具合が良いんですけどね。

でも、辛さがちょっと足りないながらも、悪くはないです。

thaifood2012_wakabacho024.jpg

そんな感じで宴も進み、
『メコン』はボトル1本空いてしまいました…。 (^^;

「味が違う!」だの、何だかんだ言っても、
結局は嫌いではないんですよね〜。(笑)

thaifood2012_wakabacho025.jpg

完食ですっ!

その後、Sさんが「飲み足りない!」と言うので、
我々は酒を求め、夜の帳(とばり)に消えていきました…。(笑)

thaifood2012_wakabacho026.jpg

Sさん、急なお誘いに載っていただき、誠にありがとうございました!
また、行きましょう〜っ!!! ( ^^)/v

ちなみに、昨年3月にタイなどの旅行から帰国した後、
タイ料理を食べていないと、方々で言っておりましたが、
昨年4月に東京・歌舞伎町で、昨年5月に名古屋・栄で、
タイ料理を食べておりました。

この場を借りて、訂正してお詫び申し上げます。

年を取ると物覚えが…。(^^ゞ
posted by pumpui at 20:00| 神奈川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

タイ・ナイト…。

タイ・レストランに一緒に行ってくれる人とのタイミングが合わなかったり、
飲み友達がタイ料理は合わない(特にパクチーが嫌い)ということもあり、
昨年3月にタイから帰ってきて以来9ヵ月余り、タイ料理を食べていません。

実は、タイでは屋台や食堂・レストランに平気で一人で入るのに、
日本ではランチ・バイキングを除いて、タイレスに一人で入ったことがありません。

そんなこともあり、無性にタイ料理が食べたくなったので、
それでは?と言うことで、作っちゃいました〜っ!(笑)

東京・高円寺に住んでいた頃は、新宿・歌舞伎町にある店で、
横浜に移ってからは、中区若葉町の店でタイの食材を仕入れていたんですが、
いつも行っていた店が東日本大震災の後、店を閉めてしまい…。 (T.T)

そこで、今回は横浜市南区にある「横浜橋通商店街」周辺にある店で、
タイ食材を仕入れてきました。

実は、若葉町でもタイ食材を売っている別の店を見付けていたんですが、
ちょっと入りづらい雰囲気なので、「横浜橋通商店街」周辺になったと言う訳です。

そこで買ったタイ食材がこちらですっ!

thai_night2012_001.jpg

こちらは『ガパオ(正確には(バイ・)ガプラオ)』(ホーリー・バジル)です。
 (ちなみにスイート・バジルは『(バイ・)ホーラパー』です。)

最近、日本でもお馴染みになってきた『バジル炒めかけご飯』のバジルです…。

thai_night2012_002.jpg

こちらは『ネーム・ヌア』(牛肉の酸っぱい生ソーセージ)です。

実は、『ネーム・ムゥ』(豚肉の酸っぱい生ソーセージ)は
タイでも日本でも食べたことがあるんですが、
牛肉の『ネーム』を食べるのは初めてです。

これらなどを使ったタイ・ナイト(タイ風家飲み宴)はと言うと…。 (^o^)

thai_night2012_003.jpg

「じゃ〜んっ!こんな感じですぅ!!」

タイには関係ない、『カンパチ』の刺身も並んでいますが…。f(^_^;

それはさておき、飲み物はこちらですっ! \(^^\)

thai_night2012_004.jpg

クラシック・ライト・ドラフトの『ビア・チャーン』(象印)3兄弟姉妹です。

今回は『ビア・シン(シンハー)』(獅子印)や
『ビア・リーオー』(豹印)はなしです…。 m(_ _)m

で、料理は?と言うと…。

thai_night2012_005.jpg

『ガイ・ヤーン』(タイ風鶏焼き)です…。

でも、正確には、鳥肉屋で売っていた日本の『鶏手羽先の塩焼き』です。 (^_^;

thai_night2012_006.jpg

『カオ・パット』(タイの焼き飯)です…。

でも、正確には、スーパーで売っていた日本(中国?)の『チャーハン』です。 (^^;

thai_night2012_007.jpg

こちらは『ネーム・ヌア』(牛肉の酸っぱい生ソーセージ)です。
バナナの皮に包まれていたのをカットしただけです…。 f(^_^)

先に記述しましたが、牛肉の『ネーム』は見るのも、食べるのも、初めてで、
ネットで調べたら、タイでもあまり売っていないようです。
ほとんどが、『ネーム・ムゥ』(豚肉の酸っぱい生ソーセージ)なので…。

thai_night2012_008.jpg

『ヤム・ウンセン』(タイの春雨サラダ)です。

こちらは一応、自作で、奮発して、いつもより大きな『エビ』を使ってみました。

thai_night2012_009.jpg

『(パット・)ガパオ・ムゥ』(豚肉のバジル炒め)です。

いつもは、瓶詰めの『ガパオの元』を使うんですが、
今回は『ガパオの元』は使わず、先に記述したように、
生の『ガパオの葉』で作りました。

お決まりの『(サイ・)カイダーオ』(目玉焼き・載せ)ではありません…。 (^o^;

thai_night2012_010.jpg

『ホイ・トート』(貝の卵焼き)です。

『ホーイ・ナーンロム』(カキ)を使ったモノを食べることがほとんどですが、
今回は『ホーイ・マレンプー』(ミドリイガイ/ムール貝)で作りました。

では、いただきます〜っ!

thai_night2012_011.jpg

v\(^^ ) 一人で乾杯〜。
⊂(^^ ) ゴクゴク…。
∈^0^∋ 旨いっ!

肴のお味は?と言うと…。

thai_night2012_012.jpg

『ネーム・ヌア』(牛肉の酸っぱい生ソーセージ)は、
作ってから余り期間が経っていないせいか、
酸味が全くなく、歯応えもほとんどないため、
ニンニク風味の『牛刺し』って感じです…。 (ToT)

食べるのが早過ぎたかな…?!

thai_night2012_013.jpg

『ヤム・ウンセン』(タイの春雨サラダ)は、
いつも通りに作ったので、お味はそれなりですが、
『エビ』が良い感じで、食欲をそそりますっ!(笑)

もちろん、『パクチー』はたっぷり使っています〜っ!!!

thai_night2012_014.jpg

『ホイ・トート』(貝の卵焼き)は、
卵と片栗粉(小麦粉・米粉は使わず)のバランスを間違え、
モチモチ感は出ませんでしたし、『トゥア・ンゴーク』(モヤシ)も忘れました…。

でも、冷凍ではありますが、『ホーイ・マレンプー』(ミドリイガイ/ムール貝)と
付けダレの『ソース・プリック』(チリソース)との相性が抜群で、
美味しい〜すっ! \(^o^)/

thai_night2012_015.jpg

『(パット・)ガパオ・ムゥ』(豚肉のバジル炒め)は、
生の『ガパオ』(ホーリー・バジル)を使ったので、
良い感じで出来上がりましたっ!

でも、酒の肴にしてしまったので、
『カオ・ガパオ』(バジル炒めかけご飯)としては、食べていません。

『豚肉』を炒め過ぎて、ちょっと硬くなったのが、マイナス点ですが、
一番、タイらしさを感じましたっ! \(^_^)

そして、今回のタイ・ナイトの主役が登場ですっ! \(^o^)/

thai_night2012_016.jpg

それは、『メコン(・ウイスキー)』です〜っ!!! 〜(^^〜)

日本では当然、ここ1〜2年、タイに行っても、
食堂や屋台でも、更にはスーパーでも売っておらず、
残念に思っていたのが、『メコン』なんです。

ネットで調べると、2010年に生産・販売が中止されていたようです。

でも、復活の要望があったみたいで、
箱入りになって、装いも新たに昨年、再発売となったそうです。

中は?と言うと…。

thai_night2012_017.jpg

瓶も全然違う感じになりました…。

ラベルがオレンジ色から黄色になり、ちょっと垢抜けた感じがします。
この変更は、タイの若者が全く見向きもしないので、若者対策かな?と思いつつ…。

thai_night2012_018.jpg

いつものように、『ソーダ』割りでいただきますっ!

タイで飲むように、シン(ハー)のソーダはありません…。
でも、シン(ハー)のグラスを使いました…。 (^O^;

 ※メコン&チャーングループとシンハーグループの合体!(笑)

( ^^)/v

ゴクゴク…。

うん?

味がちょっと違う?

再び…、ゴクゴク…。

やはり、味が違います。

ラベルと同様、味も変えたのかな…?

旧製品はアルコール臭が強くて、
「好きじゃない。」と敬遠する日本人は多いですが、
自分はアルコール臭をそれほど感じなく、
それはそれで好きだったんですが…。

しかし、この新しい製品については、
これまで感じなかったアルコール臭を感じます。 (>_<)

ほのかに甘めで、独特の味が好きだったんですが…。

thai_night2012_019.jpg

そんなこんなで、オレンジ色ラベルの旧『メコン』を懐かしみつつ、
黄色ラベルの新『メコン』の『ソーダ』割りを飲みながら、
なんちゃって自作タイ料理に舌鼓を打ち、
そして、「タイに行きたいな…!」と思いながらも、
タイ・ナイトの宴は更けてゆきました…。 Y(^o^)Y
posted by pumpui at 18:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

2010年タイ料理食べ初め…。

先日、今年初めてのタイ料理を食べて来ました〜っ! Y(^O^)Y

実は昨年末も、東京・歌舞伎町のタイ料理屋さんで、
忘年会らしきちょっとした宴に参加したのですが、
その時の様子は色々な話があったので写真に撮りませんでした。

なので、日本でのタイ料理屋さんでの宴をアップするのは、
昨年8月以来です。

まっ、昨年8月以来と言っても、
タイ・フェスとか色々タイ料理を食べる機会はありましたし、
昨年11月はタイに行っていたので…。 \(^o^)/

しかしながら、今年初めてのタイ料理だったので、
やっぱり、写真に収めてしまいました…。 f(^_^)

ってな訳で、お馴染みの某氏と、そして、これまた
毎度の横浜・若葉町に繰り出しました〜っ! (^^;

yokohamabashi_aahaan_thai2010_001.jpg

まずは、『ビア・シン(シンハー・ビール)/獅子ビール』で乾杯ですっ!

「チョン・ゲーウッ!(乾杯っ!)」
「ゴクゴク…。」
「グビグビ…。」
「アロイ・ナッ!(旨いなっ!)」

などと、近況を飲みながら話していると、
早速、最初の料理が出てきましたっ!

yokohamabashi_aahaan_thai2010_002.jpg

『ヤム・ネーム(酸っぱいソーセージのサラダ)』ですっ! \(__ )

ちょっと酸味のある『ネーム』と甘辛のタレ、
そして、煎った米(カオクア)が香ばしくくて、
美味しいな〜っ! (o^o^o)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_003.jpg

続いて、『ヌア・パット・キーマオ(牛肉の酔っぱらい炒め)』が出てきましたっ! (^o^)

たっぷりの『野菜』と『ヌア(牛肉)』がオイスター・ソースで味付けしてあり、
ちょっとピリ辛がメッチャ美味しいですっ! \(^^\)

そして、貝がやって来ました〜っ!

yokohamabashi_aahaan_thai2010_004.jpg

『ホイマレンプー・オップ・モーディン(ミドリイガイの香草蒸し)』ですっ! v(^_^)

『ホイマレンプー(ミドリイガイ)』はタイだと山盛りで出てきますが、
日本ではお高いので、こんな感じなんですよね…。 (^^;

yokohamabashi_aahaan_thai2010_005.jpg

こちらが、第1弾で注文した料理一覧ですっ! f(^_^)

やっぱ、タイ人客が多いタイ料理屋さんだけあって、
日本人向けにアレンジしてなく、良いですわっ! (/o\)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_006.jpg

『ホイマレンプー・オップ・モーディン』は
かんなり辛い自家製のナムヂム・タレーが、
とっても『ホイマレンプー(ミドリイガイ)』と合い、
貝好きには堪りませんっ!(笑)

飲み物を替えました〜っ!

yokohamabashi_aahaan_thai2010_007.jpg

もちろん、『メコン(・ウイスキー)』ですぅ!!! v\(^^ )

当然ながら、ソーダ割りで飲んじゃいますっ!

シュワシュワの『メコン&ソーダ』をゴクリ…、
「アロイッ!(旨いっ!)」「サイコーっ!!」 (^O^)v

近況話も尽きて来て、他のバカ話をなどをし出したので、
次の料理を注文していたら、やって来ましたっ!

yokohamabashi_aahaan_thai2010_008.jpg

まずは、『パット・シィユゥ(タイ風太麺の焼きそば)』ですっ! 〜(^^〜)

モチっとした『セン・ヤイ(平麺)』が色んな種類の『野菜』や『豚肉』と絡まり、
濃厚なシィユゥ(タイの醤油)と相まって、『パッ・タイ』とまた違った味わいで、
写真の見た目はちょっと悪いけど、美味しいな〜っ! (/o\)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_009.jpg

次は、『クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の香草蒸し)』ですっ! \(^_^

量が多い感じがするので、タイではあまり食べたことがありませんが、
日本では結構注文している気がします…。 f(^_^)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_010.jpg

そして、『コームゥ・ヤーン(豚の首肉焼き)』ですっ! (∩.∩)

これも、日本のタイ料理屋さんでは結構、注文していますねっ!
日本で言う『豚トロ』っぽい『首肉』を独特の辛いナムヂム(付けダレ)に付けて。
『ビール』と一緒に流し込むと、ホントに幸せなんですよね〜っ! へ(^^へ)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_011.jpg

こちらが、第2弾で注文した料理一覧ですっ! \(^.^)/

『麺』系をつい2種類注文してしまいましたが、
そんなことは全然気にせず、ガンガン食べちゃいますっ! (^_^;

yokohamabashi_aahaan_thai2010_012.jpg

『クン・オップ・ウンセン』は思いの他大きな『クン(エビ)』が入っていて、ビックリっ!
『クン』の旨みが『ウンセン(春雨)』にしっかりと浸み込んで、
意外と日本人に合う味付けなので、タイ料理が初めての人でも好きになると思います。
一番下に敷いてある色んなエキスが浸み込んだ『脂身』も食べちゃいました〜っ!(笑)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_013.jpg

〆として、『カオ・パット・ムゥサップ(豚挽肉入りの焼き飯)』を戴きましたっ! (^_^)

何か、中華料理屋さんの『チャーハン』みたいな盛り方ですが、
添えてある『キュウリ』と『レモン』がポイントです…。 f(^_^)

プリック・ナンプラー(唐辛子入りナンプラー)をちょいと振りかけ、
パクパクいっちゃいました〜っ! (o^_^o)

yokohamabashi_aahaan_thai2010_014.jpg

そうこうしているうちに、終電の時間が近づいて来ました。

若干、お酒の方は飲み足りない気はしておりましたが、
お腹の方は満足でしたので、「チェック・ビン(お会計)」ですっ!

当然のことながら、今回も完食です〜っ! ∈(〜゚◎゚〜)∋

満足、満足、心地酔い足取りで、帰路に付きました…。

さてと、次回はいつ…。 (^^ゞ

yokohamabashi_aahaan_thai2010_015.jpg

■最近行った横浜市中区若葉町などのタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□前の回『3ヵ月ぶりのタイ料理…。
□2回前『良いなタイ料理って…。
□3回前『ここんとこタイ料理三昧…。
□4回前『懲りずにタイ料理…。
□5回前『タイ料理が続く…。
□6回前『またまたタイ料理…。
□7回前『タイ料理を食べに…。
□8回前『若葉町でタイ料理…。

yokohamabashi_aahaan_thai2010_016.jpg
posted by pumpui at 23:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

横浜のタイ・フェス2009…。

もう10日以上も前のイベントなので、かなり遅きに失した感はありますが、
今更ながら『第3回タイフェスティバル2009 in 横浜』の記事です…。

実を言うと、タイ・フェスの画像を撮ったSDメモリーカードに何故か不虞が起きて、
ちょっとデータの復旧を行っていたため、アップが遅くなった次第です。
若干の画像の消失はありましたが、一応何とか修復出来ました…。

そんなことはさておき、今回行った10月24日(土)は、
生憎の曇り模様で、「午後か夕方には雨になる」と言う天気予報でした。

午前10時頃に会場となった横浜赤レンガ倉庫に到着し、
入口で、久しぶりに登場の元同僚Yと合流しました。

入口で協賛金の200円を支払い、会場の中へ…。
(入口のアーチの画像は上記の理由で消失です。)

yokohama_thai2009_001.jpg

会場内はまだ始まったばかりとあって、人がパラパラといるだけです。 (^^;

yokohama_thai2009_002.jpg

でも、テーブルとイスがある所ではすでに宴会が始めている人たちも…。 \(^^\)

yokohama_thai2009_003.jpg

会場内は主に料理屋さんを中心に、アクセサリーや食器などの雑貨を
販売するブースや大使館などのブースが約60軒が並んでいます。

yokohama_thai2009_004.jpg

でも、やはり、とりあえずは、久しぶりのタイ料理ですっ!(笑)

yokohama_thai2009_005.jpg

あちらのお店にこちらのお店と色々な店を廻り、何を食べようか、悩むことしきり…?!

yokohama_thai2009_006.jpg

生菓子を中心にたくさんのタイのお菓子を並べたお店もありましたっ! (*^o^*)

yokohama_thai2009_007.jpg

ステージが見えるテーブルとイスがある特等席をキープして、
元同僚Yと手分けをして、宴会のつまみにする料理とビールを買って来ました。

yokohama_thai2009_008.jpg

第1弾の料理とビールはこちらですっ!

左上:『センレック・パット・キーマオ(タイ風辛口焼きそば)』
左中:『パット・パックブン・ファイデーン(空芯菜の強火炒め)』
左下:『ソムタム(青パパイヤのサラダ)』
中上:『ムゥ・ヤーン(豚肉焼き)』
中心:『クン・トート・グラティアム(エビのニンニク炒め)』
中下:『カオニャオ(もち米)』
右:『ビア・シン(シンハー・ビール/獅子ビール)』(缶)

以上の料理とビールが揃い、午前10時半過ぎから宴会が始まりました〜っ!(笑)

「チョン・ゲーオ〜っ!」
「乾杯〜っ!」

朝から酒を飲むことは、このようなイベントがある時くらいで、
ほとんどありませんが、偶には良いですね〜っ!

第1弾では、自分は『ムゥ・ヤーン』がオキニで
元同僚Yは、『センレック・パット・キーマオ』が気に入ったようです。

『キーマオ』とは『酔っ払い』の意味で、「辛さのあまり酔っ払いのようになる」、
と言う料理なんですが、その意味通り、かなり辛い『焼きそば』で良い感じですっ! (^o^)

yokohama_thai2009_009.jpg

『ビア・シン』はすぐに空き、続いては『ビア・チャーン(象ビール)』(瓶)ですっ!

yokohama_thai2009_010.jpg

そうこうしているうちに、午前11時を廻って来ると、
こんな感じに、段々と人が集まってきていて、イベントらしくなってきました…。 f(^_^)

yokohama_thai2009_011.jpg

テーブルとイスがある所は空きが無くなってしまいましたっ!

yokohama_thai2009_012.jpg

第2弾の料理たちですっ!

左:『サイクローク・イサーン(豚挽肉とモチ米の腸詰め』
右:『ビア・チャーン(象ビール)』(瓶)&『ビア・リーオー(豹ビール)』(瓶)
下:『ガイ・パット・ガパオ・カイダーオ(鶏肉のバジル炒め載せご飯・目玉焼き添え)』

『サイクローク・イサーン』はあまり焼き過ぎていず、美味しいな〜っ!

『ガイ・パット・ガパオ』は『カラー・パプリカ』を多用していて、
あまり食べたことがない感じでした。

yokohama_thai2009_013.jpg

ビールの『ビア・シン(シンハー・ビール/獅子ビール)』の瓶もあり…。 v(^_^)

このようなイベントでは、瓶だと後片付けや瓶が割れた場合のことを考えて、
缶の場合が多いですが、こちらでは一部のビールを除いて、瓶のもあり、
個人的には好きなんですが…?!

東京・代々木のタイ・フェスでは、瓶の場合は紙コップに移して渡すので、
ちょっと風情がなく…。

yokohama_thai2009_014.jpg

ステージでイベントが始まりました。

yokohama_thai2009_015.jpg

こちらは、ミス・タイランドのステージですっ! Y(^O^)

yokohama_thai2009_016.jpg

その他、タイ伝統舞踊やムエタイなどが行われました…。

yokohama_thai2009_017.jpg

第3弾の料理たちですっ!

左上:『ゲーン・キィャオ・ワーン・ガイ(チキンのグリーンカレー)』
左下:『コー・ムゥ・ヤーン(豚の首肉焼き)』&『カオニャオ(もち米)』
右:『獅子』&『豹』&『象』それぞれのビールたち

『ゲーン・キィャオ・ワーン』に『カイダーオ(目玉焼き)』が載っているのは、
初めて見ましたが、それほど悪くないかも…?!

『コー・ムゥ・ヤーン』もかなり大きなモノですっ! (^^; 

yokohama_thai2009_018.jpg

ってな感じで、宴もたけなわですが、午後2時近くになり、
雨がパラパラと降ってきました…。

お腹もほどほどに膨らんできたし、酔いもちょっと廻ってきたし、
元同僚Yも良い感じになっていたし、他の知り合いもまだ来ていないようなので、
ここらでお暇することにしました…。

夕方以降には、アイス・サランユーやネコ・ジャンプなどのステージがあり、
もっと盛り上がってくることは分かっていましたが…。

yokohama_thai2009_019.jpg

横浜でのタイ・フェスは今回で3回目ですが、段々と人が増えてきています。

会場は東京・代々木の会場と比べるとかなり狭いし、出展しているお店も少ないのに、
これ以上の人たちがやって来ると、代々木のタイ・フェスのようになってしまわないか?
ちょっと心配になった今回のタイ・フェス横浜でした…。 f(^_^)

一種のジレンマですね…。

■これまでの横浜でのタイ・フェス
第2回横浜タイ・フェスティバル2008
横浜タイ・フェア2007(←第1回目)
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

3ヵ月ぶりのタイ料理…。

ここ1ヵ月あまり、辛いモノが無性に食べたくなり、
韓国産の普通の『白菜キムチ』を買って食べたり、
タイ産の瓶詰め『ナム・プリック』に野菜を付けて食べたり、
韓国食材屋さんの『青唐辛子のキムチ』を買って食べたり、
何だかんだいろいろ食べて、気を紛らわせてきましたが、
やっぱ、自分にとって、辛いモノと言えば、
『タイ料理』ですっ!(笑)

そこで、3ヵ月ぶりに『タイ料理』を食べに行っちゃいました〜っ! \(^^\)

同行してくれたのは、毎度お馴染みの元同僚Yです…。 (^^;

「イセザキ・モール」(横浜・伊勢佐木町商店街)で待ち合わせをして、
向かったのは、当然、若葉町ですっ! f(^_^)

メールはしていましたが、元同僚Yと会うのは、
5月の記事『良いなタイ料理って…。』以来で、普通に元気そうでした…。

近況を話しながら、タイ料理屋さんが集中している場所に到着し。
「さて、どうしようか?」と周りを見渡すと、気になったコトがありました。

それは、様々なタイ人歌手がライブや営業などを行い、一世代を築いていた、
タイ料理屋『ムアントング(旧ムアンタイ)』(横浜・若葉町)が閉店していたんです。

表に出ていた『ムアンタイ(多分)』の看板はすでに撤去され、
降りているシャッターには貸店舗の張り紙が…。

ちなみに、以前の記事『タイ料理を食べに…。』は今年3月、
ムアントング(旧ムアンタイ)』で食べた最後の様子です…。 ○| ̄|_

何回か入ったことがあるお店だけに、ちょっと感傷的になりました…。

しかし、気を取り直し、若葉町ではなく、
思い切って若葉町からちょっと歩いた所にある、
別のお店に行くことにしました〜っ! (^^;

そのお店とは、横浜市営地下鉄ブルーライン・阪東橋駅から歩いて数分、
「横浜橋通商店街」と平行する1本隣の通りにある某タイ料理屋さんですっ!

その通りには、通りを挟んだ両側にそれぞれタイ料理屋さん(両方同じ店名)があり、
更には、片側にタイ食材屋さんが1軒あり、ちょっとしたプチ・タイになっています。

前書きがちょっと長くなりましたが、
今回は、その中の1軒に入ることにしました…。

yokohamabashi_aahaan_thai2009_001.jpg

とりあえず、再会を祝して、
『ビア・シン(シンハー・ビール)/獅子ビール)』で乾杯ですっ!

「チャイヨーッ!(乾杯っ!)」
「グビグビ…。」
「アロイ・ナッ!(美味しいなっ!)」

実は今回入ったお店は、入るのは初めてなんですが、
もう1軒ある姉妹店の方には1度入ったことがあります。 f(^_^)

その時の様子は以前、記事にしていて、店名も載せておりますが、
最近はタイ料理屋さんの店名を出していないので、敢えて出しませんが、
1軒はカラオケ系(以前に入ったお店)で、もう1軒は居酒屋系(今回入ったお店)、
2軒とも同じ名前なので、ちょっと探っただけで分かると思います…。(笑)

何はともあれ、最初の料理が出てきました…。

yokohamabashi_aahaan_thai2009_002.jpg

『パット・ホイラーイ(アサリの辛味炒め)』ですっ!

『ホイマレンプー(ミドリイガイ)』系の料理と悩みましたが、
メニューの写真が美味しいそうだったので、こちらにしましたっ!

写真だと分かりづらいですが、
『ホイラーイ(アサリ)』が大きいの何の…。
普通の倍近い大きさの貝殻ですっ! (^o^;

しかしながら、身を外してみると、
ちょっと期待外れで、小さいの何の…。 (>_<)

でも、一緒に炒めた野菜と味付けの調味料のお味が抜群で、
『ビール』にも合いますが、ご飯が欲しくなったくらいですっ!(笑)

かんなり、美味しいですっ! v\(^^ )

続いて、こちらがやって来ました…。

yokohamabashi_aahaan_thai2009_003.jpg

『ラープ・ムゥ(豚肉のスパイス和え)』ですっ!

『豚の皮の細切り』がアクセントなって、
ピリッと刺激的な辛さが病みつきになります。
『ビール』との相性もバツグンですね〜っ!

しかし、何故か付け合わせに『ミョウガ』が載っておりました…?!
タイにはない食材だと思うのですが…?!

そして、今日のメイン・イベントがやって来ました〜っ! \(^o^)/

yokohamabashi_aahaan_thai2009_004.jpg

『ナム・プリック・プラー(野菜などと食べる魚が入った辛いディップ)』と
『カオ・ニャオ(モチ米)』のイサーン(タイ東北地方)の定番料理ですっ!
この2つだけでも、十分は食事になってしまいますぅ!!

上記の『ラープ・ムゥ』のほか、『ソム・タム(青いパパイヤのサラダ)』や
『ガイ・ヤーン(タイ風味付け焼き鳥)』なんかも、イサーン料理なんですよ。

しかし、自分がいつも家で食べている瓶詰めの『ナム・プリック』と全然違い、
自家製なので、やっぱ、味に深みがあるというか、美味しいんですよね〜っ! (*^o^*)

実は『ナム・プリック・プラー』の写真を撮っていたら、
お店のタイ人の女主人(多分)が「『カオ・ニャオ』と一緒に!」と、
『ナム・プリック・プラー』の横に置いてゆきました…。(笑)

普通、タイでは『ナム・プリック』と『カオ・ニャオ』を一緒に注文するんでしょうね?
自分は『ラープ・ムゥ』の辛さ対策に注文していたんですが…。(笑)

yokohamabashi_aahaan_thai2009_005.jpg

次々と順調に料理が出て来たため、先に出てきた料理もほぼ原型を残しているので、
全部一緒の料理の写真も撮っておきました…。 (^^;

ちなみに、飲み物は『ビア・チャーン/象ビール』に替わっています…。 f(^_^)

ところが、自分はそれほどでもなかったのですが、
元同僚Yは顔をしかめ、「辛い!」と唸っていました…。(笑)

『ナム・プリック・プラー』の部分部分で辛い所があり、
自分も顔をしかめる場面もありました…。 (>_<)

でも、「ペット・テー・アロイッ!(辛いけど、美味しいっ!)」

飲み物を自分の定番に替えました…。 f(^O^;

yokohamabashi_aahaan_thai2009_006.jpg

もちろん、『メコン(・ウイスキー)』ですっ! \(^^ )
そして、もちろん、『ソーダ』割りでいただきますっ! 〜(^^〜)

『メコン+ソーダ』を「ゴクゴク…。旨いな〜っ!」 v\(^^ )

元同僚Yとは『タイフェス2009…。』以来、3ヵ月ぶりに会いましたが、
近況やら現在の話やら、いろいろな話をして盛り上がりました…。 (^o^)

次の料理が出てきました…。

yokohamabashi_aahaan_thai2009_007.jpg

『ゲーン・キャオワーン・ガイ(鶏肉のグリーン・カレー)』と
『カオ・パオ(カオ・プラオ/白飯)』2人前です…。 f(^_^)

実は、料理を注文する際に、メニューを見ていたら、
ある料理を見付けて、注文する、注文しないで、ちょっとありました…。 (^^;

その料理が、『ヤム・カイ・モッ(ト)・デーン(赤アリの卵のサラダ)』です…。 (@_@;) 
実はこの料理、一度だけ東京・蒲田のタイ料理屋さんで食べたことがあるんですが、
茹でた(炒めた?)『アリの卵』が合えてある辛めの『サラダ』で、
口に入れるとプチプチとはじける『アリの卵』の食感が、
何とも妙だったことを何となく覚えていて…。

元同僚Yの強固な反対で、結局、注文はしませんでしたが…。 (^^;

yokohamabashi_aahaan_thai2009_008.jpg

で、『ゲーン・キャオワーン・ガイ』&『カオ・パオ』は
ココナッツ・ミルクが効いてちょっと甘めですが、具だくさんで食が進みます…。

しかし、『カオ・パオ』が1皿1.5人前位あり、
食べ始めて、2皿頼んだことを2人で後悔していました…。 (>_<)

と言うのも、それぞれの料理の量が、普通のタイ料理屋さんの1.5倍から2倍位あり、
大食漢の自分も、先の料理3皿で結構お腹に来ていて、食べられるかどうか…?!

いや〜っ、それにしても量が多いこと…。

yokohamabashi_aahaan_thai2009_009.jpg

しかしながら、残すことが大嫌いな自分なので、
何とか完食いたしました…、もちろん、元同僚Yも同様です…。 へ(^^へ)

満腹&良い感じの酔い心地で、
今宵のタイ料理の宴は終わりを迎えました。 (^_^)v

ちなみに、残っていた『ナム・プリック・プラー』は家に持ち帰って、
翌日、『オクラ』と『キャベツ』と一緒に食べたとさ…。 ∈^0^∋

Y…、毎度のお付き合い、ありがとうねっ!

でも、いい加減、自宅にPCを買って、
コメントよろしくねっ!(笑)

yokohamabashi_aahaan_thai2009_010.jpg

■最近行った横浜市中区若葉町などのタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□前の回『良いなタイ料理って…。
□2回前『ここんとこタイ料理三昧…。
□3回前『懲りずにタイ料理…。
□4回前『タイ料理が続く…。
□5回前『またまたタイ料理…。
□6回前『タイ料理を食べに…。
□7回前『若葉町でタイ料理…。

さてと、次回は元同僚Y以外の人とも、
タイ料理屋さんに行けるのかな…?! (^_^)

yokohamabashi_aahaan_thai2009_011.jpg
posted by pumpui at 23:00| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

良いなタイ料理って…。

一昨日、海外旅行から帰って来たばかりですが、
当分、その海外旅行記をアップしようと思っているので、
これだけはアップしておかないと「ヤバいっ!」と思い、
速攻でアップですっ!(笑)

実は今回の海外旅行前のGW中に、
またもやタイ料理を食べに行っていたんです…。 f(^_^)

今回のお相手は、またもや元の同僚Yですっ!(笑)
GW中の連休は休みだというので、一緒に食べに行きました。

仕事が終わった後に合流し、早速タイ料理屋さんに入りました…。

wakaba_aahaan_thai2009_069.jpg

とりあえず、『ビア・シン(シンハー・ビール)/獅子ビール)』で乾杯ですっ!

「チョン・ゲーウッ!(乾杯っ!)」
「グビグビ…。」
「アロイッ!(美味しいっ!)」

今回入ったお店は、元同僚Yとは入ったことがないお店ですが、
最近、元同僚Yや重鎮Mさん・巨漢Kさん以外の方々と入ったことがあるお店で、
その時はいろいろ積もる話があり、写真を撮らず、ブログの記事にしなかったので、
今回取り上げるのは初めてになります。

最初の料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_070.jpg

『ムゥ・デート・ディアウ(豚肉の一夜干し)』です…。

食べたことがない料理なので、自分は躊躇しましたが、
元同僚Yが頻りに食べたいというので、注文したものです…。

しかし、これが堅いのなんの、完全に失敗でしたっ! (x_x)

続いてはこちらです…。

wakaba_aahaan_thai2009_071.jpg

『ソム・タム(青パパイヤのサラダ)』ですっ!

これは無難な料理ですが、『青パパイヤ』の皮を剥いて、
包丁で切れ目を入れてから、薄く削いだ本格的なものではなく、
『青パパイヤ』を千切りにしたようなもので作られています。

包丁で『青パパイヤ』を千切りにしたものなので、
タレの浸み込み方がいまいです…、味はまあまあなんですが…?!

そして、こちらの料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_072.jpg

『クンチェー・ナンプラー(生海老のスパイス・ソースがけ)』ですっ!

こちらも『海老』好きな(?)元同僚Yが食べたいと言い出して、
注文したもので、自分が食べるのは多分今回で3回目かと…。 f(^_^)

前2回はタイと日本でそれぞれ食べたと思いますが、
どんな味だったか、覚えておらず…?!

『生海老』にニンニクや唐辛子を載せて、
ナンプラー・ベースのタレでいただきますが、
新鮮なんでしょう…、『生海老』がプリプリしていて
日本の『刺身』とはまた違って、悪くないですね…。

wakaba_aahaan_thai2009_073.jpg

第1弾の料理3種ですっ!

いつもは料理が出てくるのに、ちょっと時間がかかったり、
他のテーブルと調整で、一遍に出てくることが少ないです、
今回は割と次々に料理が出てきたので、集合写真も撮ってみました…。 (^^;

wakaba_aahaan_thai2009_074.jpg

飲み物を『ビア・チャーン(象ビール)』に変えました…。

『ビア・チャーン』も置いてあるというのと、
まだまだ『ビール』が飲めそうだったので、
頼んじゃいましたっ!(笑)

そして、第2弾の料理たちが出てきましたっ!

wakaba_aahaan_thai2009_075.jpg

まずは『サイクローク・イサーン(豚挽肉とモチ米の腸詰め)』ですっ!

これは自分が好きな料理なので、自分が注文しました。

添えられているキャベツやピーナッツなんかと
一緒に食べるとさっぱりして美味しいし…、
そう言えば、唐辛子が添えられていませんね…!? (^o^)

続いてはこちらです…。

wakaba_aahaan_thai2009_076.jpg

『マクア・パット・プリックゲーン(茄子の辛子味噌炒め)』ですっ!

これまた、『ナス』好きの自分が注文しました…。 f(^_^)

家では、『茄子の味噌炒め』や『麻婆茄子』は作りますが、
なかなか『マクア・パット・プリックゲーン』は作れないので、
メニューにあると、つい注文してしまいます。(笑)

『辛子味噌』が『茄子』に浸み混んで、美味しいんですよね〜っ! \(^^ )

次の料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_077.jpg

『クン・オップ・ウンセン(エビと春雨の香草蒸し)』ですっ! v(^_^)

これは、元同僚Yが食べたいと言い出したんですが、
自分も食べたかったので、思わず賛成です…。 f(^_^)

『エビ』のエキスと鍋の底に入っている『豚肉の脂』の部分から旨みが出ていて、
『ウンセン(春雨)』にしっかりと浸み込んで美味しいんですよね〜っ!
『ナム・マンホイ(オイスター・ソース)』とのバランスも良いしっ! \(^O^)/

wakaba_aahaan_thai2009_078.jpg

第2弾の料理3種ですっ!

今回も間髪を入れず、料理が出てきたので、
思わず、集合写真を撮ってしまいましたっ!(笑)

タイでは次々に料理が出てくることは結構あるのですが、
日本では珍しいので、つい…。 f(^_^)

wakaba_aahaan_thai2009_079.jpg

それにしても、『サイクローク・イサーン』は、
ちょっとした酸味があり、豚肉の脂も良い感じで、
とっても『ビール』や『メコン・ソーダ』に合うんですよね〜っ! ∈^0^∋

ってな感じで、飲み物を変えてみました…。(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_080.jpg

もちろん、『メコン(・ウイスキー)』ですっ! \(^^ )

やっぱり、『ソーダ』割りでいただきますっ!

「トクトク…。」
「シュワシュワシュワ…。」
「カリンカリン…。」
「では…。」
「ゴクゴク…。」
「旨いっ!」(笑)

はたまた、第3弾の料理が出てきました…。 Y(^O^)Y

wakaba_aahaan_thai2009_081.jpg

まずは『パット・プリアウ・ワーン(タイ風の酢豚)』ですっ!

これは、元同僚Yがメニューの写真を見て、
食べたいと言ったので注文しましたが、
まるっきり『酢豚』ですね…。

自分はあまり食べたことはありませんでしたが、
見た目よりはサッパリしていて、悪くなかったですっ!

次はこちらです…。

wakaba_aahaan_thai2009_082.jpg

『ナムトック・ムゥ(豚肉のスパイシーサラダ)』ですっ! )^o^(

いろんな『ハーブ』と『カオクワ(煎った米)』が良い感じで混ざっていて、
甘酸っぱ辛いタレと相まって、美味しいんです! \(^O^)/

『メコン・ソーダ』とも合うんですよね〜っ!

wakaba_aahaan_thai2009_083.jpg

第3弾の料理2種ですっ!

これが、今回のタイ料理屋巡りの最後の料理になってしまいました。
いつもは『ご飯物』や『麺類』で〆るのですが、今回は…。 f(^_^)

元同僚Yは2時間も経つと、コックリコックリなるんですが、
この日は珍しく、持ちこたえていて、最後まで寝ないでいました…。(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_084.jpg

もちろん、完食ですっ! (^^;

これで元同僚Yとは、タイ料理屋巡りをするのは、
当分ないのかな〜っ、なんて思いつつ、お店を出ました…。

そして、終電に乗れなかったので、
始発まで漫画喫茶で過ごしたとさ…。 (/o\)

wakaba_aahaan_thai2009_085.jpg

■最近行った横浜市中区若葉町にあるタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□前の回『ここんとこタイ料理三昧…。
□2回前『懲りずにタイ料理…。
□3回前『タイ料理が続く…。
□4回前『またまたタイ料理…。
□5回前『タイ料理を食べに…。
□6回前『若葉町でタイ料理…。

さて、『タイ料理』、そしてGW後の終末といったら、
やっぱり、これですよね〜っ!

wakaba_aahaan_thai2009_086.gif

そう、『タイ・フェスティバル2009』です!

■『タイ・フェスティバル2009』
http://www.thaifestival.jp/
http://www.thaifestival.net/

今年は、明後日の16日(土)から2日間に渡って、
恒例の東京・代々木公園のイベント広場で行われます。

第2回目から行っている自分にとって、とても愛着はあるのですが、
年々人が多くなり、ちょっと居心地が悪くなってきていて、
あまり楽しむことが出来なくなってきているので、
もしかして、今回は行かないかもしれません…。

まっ、日曜日に仕事があるっていうこともあるのですが…?!

楽しめる方は楽しんでらして下さいねっ!
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

ここんとこタイ料理三昧…。

いろいろ根回し&説得をして、(元)同僚Y以外の人たちと
タイ料理を食べに行くことになりました…。 f(^_^)

今度は、何度かこのブログに登場している
同じ職場のKさんと、これまた同じ職場の重鎮Mさんです…。

実はKさん、大のパクチー嫌い…、
パクチー無しの料理ならと言うことで付き合ってくれました。
しかし、パクチー無しのタイ料理はあり得ません…。(笑)

また、重鎮Mさんは辛いのが大好きな人で、
ハンバーグにはタバスコをドボドボとかけて食べる人なので、
「タイ料理の辛さに挑戦しないと、本当の辛さは分かりません!」
などと訳の分からないことを言って説き伏せました…。(笑)

今回は新規の店は止めといて、
以前、(元)同僚Yと入ったお店に入ることにしました。

wakaba_aahaan_thai2009_052.jpg

とりあえず、2人とも初めて飲むという、
『ビア・シン(シンハー・ビール)』を飲むことに…。

「乾杯〜っ!」
「お疲れさまでした〜っ!」
「今日はお付き合いいただき、ありがとっす!」

ってな感じで、宴は始まりました…。 (^^;

2人とも、『ビア・シン』は難なく飲めるようで、
「悪くない。」と言っており、安心しました…。 (^o^)

っと、『ビア・シン』を飲みながら、
たわいのない話をしていると、最初の料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_053.jpg

『たくわん』です…。(笑)

何のことはない『お通し』で、料理が出てくるまでの繋ぎです。
でも、何で『たくわん』かは…?!

すると、ちゃんとした料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_054.jpg

『パット・パックブン・ファイデーン(空芯菜の強火炒め)』ですっ! \(^O^)/

自分が好きなタイ料理でベスト3に入る料理をいきなりチョイスしちゃいました…。(笑)

重鎮Mさんが茎の部分がちょっと固いと言っておりましたが、
2人の反応はまずまずのようです…、もちろん、自分はパクパク食べております。 (*^o^*)

続いて、こちらの料理が…。

wakaba_aahaan_thai2009_055.jpg

『コー・ムゥ・ヤーン(豚の首肉焼き)』ですっ!

『ガイ・ヤーン(鶏肉の炭火焼き)』や『ムゥ・ヤーン(豚肉の炭火焼き)』以外で、
肉の焼き物が食べたいと思い、この料理が浮かんだので、注文しちゃいました…。

2人とも、これも難なく食べており、
重鎮Mさんは付けダレが気に入ったようです…。 \(^^\)

次は、こちらの料理が…。

wakaba_aahaan_thai2009_056.jpg

『ラープ・ムゥ(豚肉のスパイス和え)』ですっ!

そこそこ辛いと思うので、重鎮Mさんのために注文したものです…。(笑)

しかし、自分が思っていたより辛くなく、程よい辛さで、
2人とも割と気に入って、食べていました。

そして、この料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_057.jpg

『ソム・タム(青パパイヤのサラダ)』ですっ!!!

実はこれが第一弾の隠し球です…。(笑)
店員さんに、普通よりちょっと辛くとお願いしていたんです…。 f(^_^)

重鎮Mさんが食べるのをじっくり見ていましたが、それほど変化がなく…、
っと思ったら、隣りに座っていたKさんが、「辛いっ!」っと! v(^_^)

しかし、自分も食べてみると、思っていたより辛くなく…、
重鎮Mさんに「辛いっ!」と言わせる思惑は外れました。

wakaba_aahaan_thai2009_058.jpg

そうこうして、重鎮Mさんが2本、自分も2本、そして、Kさんが1本、
『ビア・シン』を飲み干したところで、飲み物を替えました。

もちろん、それは…。

wakaba_aahaan_thai2009_059.jpg

『メコン』ですっ!! \(^.^)/

『メコン』には『メコン・ウイスキー』と言う言い方もあるので、
普通の『ウイスキー』と勘違いしてもらっては困るため、
一応、同行してくれた2人には、タイの『焼酎』と説明しました。

『メコン』は米やサトウキビなどを原料に蒸留して出来た蒸留酒で、
カラメルで色付けしているため、見た目から『ウィスキー』と言われていますが、
どちらかというと、『焼酎』に近いかと思います。

今回は様子見と言うことで、『メコン』のベーン(小瓶)をもらいました。

タイでは『ソーダ』や『コーラ』で割るのが主流、
『水』で割って飲むことはあまりしないと説明したところ、
最初は2人とも、『ソーダ』で割ることに…。

「チョン・ゲーウッ!」
「乾杯っ!」
「カチャンっ!」 ( ^^)/\(^^ )
「ゴキュッ!」
「旨いっ!」(自分)

2人はと言うと、「ちょっと臭い。」と言う感想はありましたが、
それほど悪くない感触のようです。

これで、お酒の関門はどうにかクリア出来たようです…。

そして、第2弾に注文していた料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_060.jpg

『パッカナー・ムゥ・グローブ(カリカリ豚肉とカナー菜の炒め物)』ですっ!

これはそれほど辛い味付けではありませんでしたが、
Kさんは「辛いっ!」と言っておりました。 (^.^)

また、重鎮Mさんは好きな味付けらしく、
普通に食べておりました。

ここら辺りで、もう一人やってきました。

それは(元)同僚のYですっ! f(^_^)
ちょっと仕事があったため、遅れての合流です…。
(※この時点ではまだ同僚です…。(笑))

これで今回のメンバー全員が揃ったので、
同僚Yは『ビア・シン』を注文して…。

「乾杯っ!」
「Y、お疲れっ!」

そして、次の料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_061.jpg

『ヤム・ウンセン(春雨サラダ)』ですっ!!!

実はこの料理が思わぬ伏兵でした…。 (^^;

店員さんに辛さは「タンマダー(普通)」と言ったのですが、
出て来た料理は思ったより辛く、Kさんがすぐに音を上げました…。 (@_@)

重鎮Mさんはというと、最初は普通にしておりましたが、
様子を見ているうちに、どんどん顔色が変わって来ました…。
そして、「辛いっ!」と発したのですっ!(笑)

この辛さは流石の辛党の重鎮Mさんにも響いたようです。

重鎮Mさんは、「タバスコや日本の唐辛子とは違った辛さを感じた。」と
感想を言っておりましたが、苦渋に満ちた顔は当分続きました…。 (^^ゞ

また、料理が来ました…。

wakaba_aahaan_thai2009_062.jpg

『サイクローク・イサーン(豚挽肉とモチ米の腸詰め)』ですっ!

2人とも若干酸っぱさを感じたようで、それが気になったみたいですが、
これは発酵させてあるので、若干酸っぱさを感じると説明すると、
納得して、2人とも普通に食べておりました。
そして、「悪くない。」とも…。 (^o^)

『メコン(・ウイスキー)』のベーン(小瓶)がなくなったので、
こちらを次の飲み物にしました…。 Y(^O^)Y

wakaba_aahaan_thai2009_063.jpg

やって来たのは『メコン(・ウイスキー)』のクロム(大瓶)ですっ!!!(笑)

新規の2人とも、『メコン』が大丈夫そうなので、
思い切って、頼んじゃいましたっ!

Kさんと同僚Yそして自分は『ソーダ』で、
重鎮Mさんは『水』で割って、ガンガン飲んじゃいますっ!(笑)

第3弾に注文した料理が出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_064.jpg

『エンガイ・トート(鶏軟骨の唐揚げ)』ですっ!

こちらは、お店のタイ人おネエさんが、「美味しいよっ!」と、
頻りに薦めるので、根負けして注文したものです。(笑)

でも、タイ人おネエさんが薦めるだけあって、
お酒に合う料理で、クイクイお酒が進み、ドンドンいっちゃいますぅ! )^o^(

こちらの料理も出てきました…。

wakaba_aahaan_thai2009_065.jpg

『パッ・タイ(タイの焼きそば)』ですっ!

実はこちらは〆の料理として注文したモノで、
ご飯モノとどちらがいいか、ちょっと悩みましたが、
今回はご飯党の自分を押さえ、麺モノにしました…。 f(^_^)

Kさんと同僚Yは普通にパクパク食べておりましたが、
重鎮Mさんは酒宴が進んでくると箸が進まず、酒が進む、
本当のお酒飲みなので、ちょっと試しに食べただけでした…。


重鎮MさんとKさんは今後、同僚Yと会う機会がない可能性が高いので、
同僚Yの話を聞いたり、相談に乗ったり…、宴は進んでいったとさ…。

そうは言っても、終わりはあるもので…。 (>_<)

wakaba_aahaan_thai2009_066.jpg

当然ながら、毎度の完食ですっ!!!!

後日、話したところ、重鎮MさんとKさんはタイ料理は大丈夫らしいので、
同僚Yほど頻繁にはタイ料理屋さんには行けませんが、
一緒にタイ料理屋さんに行ける人が出来たのではと…。

まっ、次回お2人が一緒に行ってくれるかに掛かっていますが…?!

wakaba_aahaan_thai2009_067.jpg

■最近行った横浜市中区若葉町にあるタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□前の回『懲りずにタイ料理…。
□2回前『タイ料理が続く…。
□3回前『またまたタイ料理…。
□4回前『タイ料理を食べに…。
□5回前『若葉町でタイ料理…。

さてと、次回は誰とタイ料理屋さんに行けるのかな…?! (^_^)

でも、どっかに、飛んでゆきたいな〜っ!

wakaba_aahaan_thai2009_068.jpg
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

懲りずにタイ料理…。

表題通り、またもや飽きずにタイ料理を食べに行っちゃいました〜っ!
半年でタイ料理6回目です〜っ!!(笑)
 (※そのうち1回はブログの記事にしておらず…。)

当然今回も、横浜市中区の若葉町にあるお店に行ったのですが、
一緒に行った仲間も、当然同僚のYです…。 f(^_^)

■最近行った横浜市中区若葉町にあるタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…

□前の回『タイ料理が続く…。
□2回前『またまたタイ料理…。
□3回前『タイ料理を食べに…。
□4回前『若葉町でタイ料理…。

では、早速お店に入りましょうっ!

wakaba_aahaan_thai2009_037.jpg

とりあえず、『ビア・シン(シンハー・ビール)』で乾杯ですっ!

「お疲れっ!」
「チョン・ゲ〜ウッ!」
「グビグビ…。」
「美味しいっ!」
「まっ、これからは…?!」

ってな感じで、相変わらず調子で同僚Yとのタイマン飲みですっ!(笑)

ここ半年で若葉町のタイ料理屋に入ったのは、前述のように6回目なんですが、
実は入ったお店は全て違うお店なんですっ! Y(^O^)Y

(いい加減ですが)自分のポリシーで、
日本人向けに宣伝しているお店には行っておらず、
なるべくタイ人を相手にしているお店に入っているつもりです。
ホントにタイ人相手か?って言うのもちょっと微妙ですが…。 (^^;

それはさておき、最初の料理が出てきましたっ! v(^_^)

wakaba_aahaan_thai2009_038.jpg

まずは『カイヂャウ・ムゥ・サップ(豚挽肉入りの卵焼き)』ですっ!

焼く時に中華鍋にたっぷりの油を入れて、
揚げるように卵焼きを作ったモノで、
具には豚の挽肉が入っています。

これが、『ソース・プリック(チリ・ソース)』に付けて食べると、
日本の醤油で食べるのとまた違って、美味しいのなんの…。 \(^^\)

wakaba_aahaan_thai2009_039.jpg

続いて、『ヌア・パット・キーマオ(牛肉の酔っぱらい炒め)』ですっ! (/o\)
同僚Yが是非食べてみたいと言うので、注文したものです。

『キーマオ』は「酔っぱらい」と言う意味で、
この言葉が料理に使われると、「酔っぱらいも目が覚めるくらい辛い」とか、
「酔っぱらいが作ったように色々な物を入れる」とか、言われていますが、
『ヌア・パット・キーマオ』に関しては、後者のようです。

それほど辛くなく、ホント具沢山の料理です。

カキ油が『ヌア(牛肉)』と良く合って、
これまた美味しいな〜っ! ∈^0^∋

もしかしたら、初めて食べたかもしれません…。 f(^_^)

wakaba_aahaan_thai2009_040.jpg

次は『スップ・ノーマイ(竹の子のスパイシー・サラダ)』ですっ!

これまた初めて食べる料理で、『ラープ・ムゥ(豚肉のスパイス和え)』や
『ナムトック・ムゥ(豚肉のスパイシーサラダ)』なんかと同じような味付けて、
これが、辛いのなんの…、この日最大の激辛料理でしたっ!

でも、「ペット・テー・アロイッ!(辛いけど美味しい!)」 (*^o^*)

そろそろ、飲み物でも替えましょうか?

wakaba_aahaan_thai2009_041.jpg

『メコン(・ウイスキー)』は置いていましたが、前にも行ったお店と同じように、
ベーン(小瓶)が1本4000円と宣うので止めて、フルボトルでも、
『メコン』のベーンよりお安い、『ジンロ(眞露)』にしました…。 (^^;

『ソーダ』でも良かったのですが、単純に『水割り』にしました…。

でも、タイ料理屋で結構『ジンロ』を置いているお店が多いのは何故…?

第2弾で注文した料理が出てきました…。 (^^ゞ

wakaba_aahaan_thai2009_042.jpg

まずは、『パック・ブン・ファイデーン(空芯菜の強火炒め)』です…。

ご存じの方はご存じだと思いますが、
自分がタイ料理の中で、好きなベスト3に入る料理ですっ!

「アロイ・マークな〜っ!(とても美味しいな〜っ!)」 (*^O^*)

wakaba_aahaan_thai2009_043.jpg

そして、『クン・パオ(海老の炭火焼き)』が出てきましたっ! (^o^)

まず、日本では自分は注文しない料理で、
もちろん注文したのは同僚のYですっ!

日本だとタイに比べると遙かにお高いので、
自分は食べるのを遠慮しておりましたが、
Yは勇気があるヤツです…。(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_044.jpg

では、『クン・パオ』をいただきましょうか?

海老の匂いが香ばしくて、身がプリップリで、美味し〜い! (o^o^o)
注文して正解だったな〜っ!! (^^;

Y…、ありがとっ! m(_ _)m

wakaba_aahaan_thai2009_045.jpg

そして、これまたお初の『ガイ・トート・サムンプライ(鶏肉のハーブ揚げ)』ですっ!

『サムンプライ』はタイ語で『ハーブ(香草)』のことです。

油で揚げたハーブ風味の鶏肉と一緒にカリカリに揚げたハーブ(種類分からず)が添えられ、
これまで食べたことがある『ガイ・トート(鶏肉の唐揚げ)』とはまた違って、
お酒のつまみとしてはかなり良い感じかも…。 〜(^^〜)

wakaba_aahaan_thai2009_046.jpg

そして、〆の料理を支える
『トム・カー・ガイ(鶏肉のココナッツミルクスープ)』が出てきましたっ!

『トム・カー・ガイ』は、鶏肉とココナツミルクを
レモングラスやカー(南姜/なんきょう)で煮込んだスープ料理です。

日本で人気のある『トム・ヤム・クン(辛くて酸っぱい海老入りスープ)』と違い、
ほとんど辛くないので、日本でも人気が出ると思うのですが…?

東京の新宿や歌舞伎町で頻繁にタイ料理を食べていた頃は、
一緒に行っていた方が注文することがあったので、食べていましたが、
自分で注文したのは、初めてかもしれません…?!

wakaba_aahaan_thai2009_047.jpg

それでは、『トム・カー・ガイ』をいただきましょう…。

ココナッツの甘い匂いが漂っていて、お味は甘酸っぱく、食欲が沸いてきますっ!
鶏肉をはじめ、いろいろな具が入っていて、「アロイな〜っ!(美味しいな〜っ!)」 (^o^)

wakaba_aahaan_thai2009_048.jpg

〆の料理は『カオ・パット・ムゥ(タイ風の豚肉入りチャーハン)』ですっ!

〆の料理としては、『麺類』を食べる人が多いと思いますが、
自分は『麺類』よりも、『ご飯類』を〆として食べるのが好きなんです…。 f(^_^)

同僚のYも「『カオ・パット』を食べてみたい」と言っていたので、
何故か日本ではあまり食べたことはないですが、食べた次第です…。

でも、ホントに『タイ米』は炒めたり、汁物をかけたりして食べると、
「アロイ・マックマークっ!(とてもとっても美味しい〜っ!)」 ∈(〜゚◎゚〜)∋

wakaba_aahaan_thai2009_049.jpg

毎度ながら、完食ですっ!!!

今回は初めての料理やら、日本ではあまり食べない料理やらを
同僚Yが数品注文したので、これまでとはちょっと違った
タイ料理を味わうことが出来て、本当に良かったです!

さてと、次回は若葉町のどこのお店に行こうかな…?! (^_^)

wakaba_aahaan_thai2009_050.jpg

しかし、実は、同僚のYが来月5月から仕事場が変わり、東京に行くことになったため、
もしかしたら、Yとタイ料理屋巡りをするのも、今回が最後になるかもしれません。 (>.<)

まっ、Yの実家が若葉町にあるので、行こうと思えば、
いつでも誘えるし、行けると思うのですが…。

Y…、これまで、タイ料理屋を回るのに付き合ってくれて、
本当にありがとう〜っ! めっさ感謝しているよっ!! m(_ _)m 

wakaba_aahaan_thai2009_051.jpg
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

タイ料理が続く…。

何故か続くもので、日本で今年5回目になるタイ料理です…。 \(^^\)
 
実は前回の『またまたタイ料理…。』(今年3回目)をアップした後に、
またタイ料理屋(今年4回目)に行ったのですが、写真を撮っておらず、
ブログにしておりません。

と言うことで、日本でタイ料理を食べるのが今回で今年5回目になります。 (^^;

当然今回も、横浜市中区の若葉町にあるお店に行ってきました。
そして、同行してもらった仲間も、当然同僚のYです…。(笑)

■横浜市中区の若葉町のタイ料理屋訪問の履歴を参考までに…
□前回『またまたタイ料理…。
□前々回『タイ料理を食べに…。
□前々々回『若葉町でタイ料理…。

早速、こちらのお店へ…。

wakaba_aahaan_thai2009_024.jpg

珍しく『ビア・チャーン(象ビール)』があったので、
自分は『ビア・チャーン』、同僚Yは『ビア・シン(獅子ビール)』で乾杯ですっ!

「チャイ・ヨー!」(乾杯!)
「チョン・ゲーウ!」(乾杯!)
「グビグビ…。」
「アロイッ!」(旨いっ!)
「555…。」(ハハハ…。)

同僚Yのちょっとした話(!)を聞きながら、
ビールを飲んでいたら、続々と料理がやって来ました…。 (^o^)/

wakaba_aahaan_thai2009_025.jpg

まずは『ヤム・ウンセン(春雨サラダ)』ですっ!

言わずと知れた春雨を使った辛いエスニックなサラダです。

最初はそれほど辛くないと思っていたのですが、
後から激辛がやって来ました〜っ! (>_<)

自分でも辛いと思うくらいなので、
同僚Yはと言うと、激痛で顔を歪めていました!(笑)

でも、「ペット・テー・アロイッ!(辛いけど美味しい!)」

wakaba_aahaan_thai2009_026.jpg

次は『ラープ・イサーン・ムゥ(イサーン風豚肉のスパイス和え)』が来ましたっ!

ジューシーでちょっと酸味が効いていますが、
これまた辛いのなんのっ!

本家のタイ・イサーン(東北)地方では、
これに『もつ』や『豚皮』などとかが入り、
もっと深みがある味になるんですよね〜っ! (^^;

でも、『カオニャオ(もち米)』を頼むのを忘れてしまい、
辛さしのぎで、ビールがガンガン進みましたっ!(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_027.jpg

そして、タイにもいろいろな『ソーセージ(腸詰め』がありますが、
今回は『サイウア(バジル入り腸詰め)』にしましたっ!

でっ、タイにはどんな種類の『ソーセージ(腸詰め』があるのか気になり、
調べてみちゃいましたっ!

『サイウア』『ムーヨー』そして『クンチェン』は発酵していないモノで、
『サイ・クローク』と『ネーム』は発酵させたモノなんでそうです…。

確かに、『サイ・クローク』や『ネーム』は酸っぱいモノもありますよね…。 (^.^)

肝心の『サイウア』と言うと、
噛めば噛むほど豚肉の味とバジルの味が滲みでてきて、
とっても食べ応えがありますねっ!

wakaba_aahaan_thai2009_028.jpg

料理3品が矢継ぎ早に来たので、
3品の集合写真を撮っちゃいました〜っ!(笑)

ところでこちらのお店は、これまでの訪れた若葉町の他のお店に比べて、
料金的なことは除いて、一皿の量が一番多いと思います。

でも、タイ料理は全体的にお高いんですけどね…。 f(^_^)

飲み物を替えました〜っ! (^o^)

wakaba_aahaan_thai2009_029.jpg

何と、こちらのお店には、
『メコン(・ウイスキー)<ベーン(小瓶)>』がありました〜っ! \(^O^)/

ベーン(小瓶)1本のお値段は前回のお店が1本4000円だったんですが、
こちらは1本3000円だったので、ちょっと高いと思いながらも、
飲みたさの方が勝ったので、飲んじゃいましたっ! (^.^;

それに、一緒に注文した『ソーダ』が500mlだったので、
良しとしました…。(笑)

でも、『メコン&ソーダ』は美味しいな〜っ!

第2弾の料理たちが来ましたっ!

wakaba_aahaan_thai2009_030.jpg

まずは『ホイクレーン・ルワック(茹で赤貝)』ですっ!

『ホイクレーン』の調理法はどちらかと言うと、
『ホイクレーン・ヌン(蒸し赤貝)』か『ホイクレーン・パオ(焼き赤貝)』が
多いように思いましたが、こちらのお店は茹でた(ルワック)モノでした。

お味はお後のお楽しみ…。(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_031.jpg

あと、何と『ナム・プリック・オーン(トマトと豚挽き肉のディップ)』がありましたっ!

自家製の『ナム・プリック(野菜などに付けるディップ)』は自分の大好物で、
日本ではなかなかお目に掛かれないだけに、超〜嬉しいですっ! Y(^O^)Y

しかも、あまり食べたことがない『ナム・プリック・オーン』です。

今回の野菜は『きゅうり』に『きゃべつ』と『えのきたけ』
そして『竹の子』ですが、全て茹でてありました…。 (^.^;

『ナム・プリック』に出てくる野菜は、概して茹でてあることもありますが、
『きゃべつ』は偶に茹でてありますが、『きゅうり』も茹でるなんて…、初めてです。

でも、『ナム・プリック・オーン』は元々あまり辛くないので、
タイ料理見習い(笑)の同僚Yは気に入ったようで、パクパク食べていました。
自分は辛さがちょっと物足りなかったでしたが…。

wakaba_aahaan_thai2009_032.jpg

『ホイクレーン・ルワック(茹で赤貝)』はと言うと、
『ホイクレーン(赤貝・正確に言うと赤貝に似た種類の貝)』がちょっと小ぶりですが、
自家製の『ナムヂム・タレー』が良い感じの辛さで、『ホイクレーン』の甘さを引き立て、
アロイな〜っ!(美味しいな〜っ!)

wakaba_aahaan_thai2009_033.jpg

そして、〆は『カオ・クルック・ガピ(海老味噌炒めご飯)』ですっ!

そして、〆は『カオ・クルック・ガピ(海老味噌炒め混ぜご飯)』ですっ!

『ガピ(海老味噌)』で味付けをした炒めご飯に、
『卵焼き』や『甘い豚肉』『紫玉ねぎ』などの野菜を綺麗に盛り付けし、
かなり手間の掛かる料理なのに、日本ではあまり話題に上ることがありません。

多分『パクチー』と同じように、『ガピ(海老味噌)』のお味の好みの問題かと…?!

でも、グッチャグチャ(笑)に混ぜていただく、
この料理が自分は好きなんですよね〜っ!

やっぱ、美味しいな〜っ! (*^o^*)

wakaba_aahaan_thai2009_034.jpg

でっ、当然ながら、完食ですっ!!!

久しぶりに、『メコン・ソーダ』も飲めたし、
『ナム・プリック』も食べることが出来たし、
いや〜っ、大満足ですっ!!!

wakaba_aahaan_thai2009_035.jpg

同僚のYには、毎度、タイ料理屋へ付き合ってもらい、
感謝感激の雨あられですっ! m(_ _)m

でも…。

さてと、次は若葉町のどこのお店に行こうかな…。 (^^;

wakaba_aahaan_thai2009_036.jpg
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

またまたタイ料理…。

表題通り、日本で今年2回目のタイ料理を堪能してきました。 \(^o^)/

今回も、横浜市中区の若葉町にあるお店に行ってきました。
そして、同行してもらった仲間も、前回『タイ料理を食べに…。』と
前々回『若葉町でタイ料理…。』同様、同僚のYです…。 f(^_^)

相変わらず、今の職場仲間の中にはタイ料理を食べられる人がおらず…。 (>_<)

wakaba_aahaan_thai2009_011.jpg

お店に入って、当然のように、
『ビア・シン(シンハー・ビール)』(小瓶)で乾杯ですっ!

「チョン・ゲーウ(乾杯)っ!」「グビグビ!!」「プハ〜ッ!!!」

毎度の表現ですが、 (^^;
仕事が終わった後の一杯は最高ですぅ! (*^O^*)

今回のお店は、前からあることは知っていましたが、
何度か入ったことがある前2回で来た店とは違い、
入ったのは初めてのお店です。

最初の料理がやって来ました…。

wakaba_aahaan_thai2009_012.jpg

『クン・パット・メットマムアン(海老とカシューナッツの炒め物)』ですっ!

『ガイ・パット・メットマムアン(鶏肉とカシューナッツの炒め物)』はよくありますが、
『クン(海老)』は初めてだったので、注文しちゃいました。

元々は中華料理だと思いますが、中華とはまた違った味わいです。
ベビーコーン、フクロタケ、玉ねぎなどの具もたっぷりと入っていて、
中華の濃厚な味付けに比べて、あっさりとした薄味で食べやすいですっ!

wakaba_aahaan_thai2009_013.jpg

次にやって来たのが、『ヤム・ムゥ・ヤーン(焼き豚のサラダ)』ですっ!

お店のメニューには『ヤム・ムゥ・ヤーン』と書いてあったのですが、
どちらかというと、『ナム・トック・ムゥ(豚肉のスパイス合え)』のような…?!
見た目もそうだし、お味も激辛でしたっ!

でも、香ばしくて、とっても美味しいし、『ビア・シン』が非常に進みます!!

wakaba_aahaan_thai2009_014.jpg

お次は、『ホイ・トート(貝のお好み焼き)』ですっ!

具の『ホイ(貝)』は『ホイ・マレンプー(ムール貝)』も使われますが、
こちらのお店のは、自分が大好きな『ホイ・ナーンロム(牡蠣)』でしたっ!

『ホイ・ナーンロム』をタピオカ粉と玉子で焼いたモノに、
『トゥア・ゴーク(モヤシ)』や『パクチー(コリアンダー)』などが添えられています。

wakaba_aahaan_thai2009_015.jpg

『ホイ・トート』に、『ソース・プリック(チリソース)』を付けて頂きます。

口に入れて噛むと、磯の香りが口一杯に広がり、
外側がこんがりパリパリ、中はモチモチッととして、美味しいな〜っ! (o^o^o)

タイでは、屋台の鉄板で焼き立てを食べると、もっと美味しいんですよね!

wakaba_aahaan_thai2009_016.jpg

『ビア・シン』を2本飲んだところで、
『メコン(・ウィスキー)』を飲もうと思い、値段を聞きました。

すると、ベーン(小瓶)が1本4000円と宣うので、 (@_@)
あまりにお高いので、ちょっと交渉すると、店長らしき人が出て来て、
渋々3000円まで値引きしましたが、それでも高いので、結局止めました…。

近くのタイ食材屋では、1本750円で売っているというのに…?!

で、『生ビール』にしたと言う訳です。

wakaba_aahaan_thai2009_017.jpg

こちらは、4種の『クルアン・プルン・ロット(調味料)』です。

麺類を注文すると、大体出てきますよね。
タイの麺の屋台では、常時テーブルに置かれていますが…。

こちらのお店のセットは、『ナムターン(砂糖)』『プリック(唐辛子)』
『プリック・ナムソム(輪切り唐辛子入り酢)』『ピーナッツ粉(タイ語は?)』です。

お店によって、若干構成が違うようです。

wakaba_aahaan_thai2009_018.jpg

第2弾最初の料理は、『ヤム・ホイクレーン(赤貝のサラダ)』ですっ!

第1弾で、『ホイ・マレンプー』を食べたというのに、
メニューでこれを見つけてしまい、注文してしまいました。 f(^_^)

『ホイ・マレンプー』をはじめ、『ホイ』類は大好きなので、問題はありません。 (^^;
日本では『ホイ・クレーン』を出すお店は少ないと思うので、とっても嬉しい〜っ!

お味はかなり辛いですが、日本のタイ料理屋で食べる、
『ホイ・クレーン』に感動もんですっ! \(^O^)/

ホント美味しいな〜っ!

でも、同僚Yはあまりの辛さに半死状態でした…。(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_019.jpg

続いてやって来たのは、『ガイ・パット・ガパオ・カイダーオ
(鶏肉のバジル炒め載せご飯・目玉焼き添え)』ですっ!

日本でも知られつつあり、タイでは定番中の定番ごはんです。

この日、タイ料理を注文する実権は自分が握っており、(笑)
注文するメニューは最終的に自分が決めていたのですが、
同僚Yがメニューの写真を見て、気になっていたらしく、
食べたいと言い出したので、注文しました。 f(^_^)

唐辛子やニンニクが混じったようなタイ独特のスパイシーな香りが食欲をそそりますが、
あまり『バイ・ガパオ(ホーリー・バジル )』の香りやお味が感じられず、
まあーまあーっの出来でしょうか?

でも、しっかり頂きました…。 f(^_^)

wakaba_aahaan_thai2009_020.jpg

そして、『パッタイ(タイの焼きそば)』ですっ!

最近、日本でも『ガイ・パット・ガパオ』同様に、
かなりメジャーになってきておりますよね〜っ。

麺はモッチリしていて噛み応えがあり、
甘辛酸っぱいタレとの相性が抜群ですっ!

お好みで酢や砂糖・ナムプラーを加えると
一層コクが出て美味しいな〜っ!!!

wakaba_aahaan_thai2009_021.jpg

当然、完食です〜っ!!!

美味しいタイ料理の連続で、今回もとっても大満足です!
『メコン』がお高くて、飲めなかったのは、ちょっと心残りでしたが…?!

さてと、次は若葉町のどこのお店に行こうかな…。 (^^;

wakaba_aahaan_thai2009_022.jpg

それにしても、あまりの辛さに、時々半死状態になりながらも、
段々とタイ料理にハマっていく同僚Y…、将来が楽しみですっ!

もっとタイ料理好きになるよう、自分が鍛えてあげなくては…?!(笑)

wakaba_aahaan_thai2009_023.jpg

春うらら、週末はどこ行くの?
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | タイ料理・食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。