2009年07月31日

平塚の鰻屋さん(2)…。

先日の記事『平塚の鰻屋さん…。』でも書きましたが、
今年は『土用の丑の日』が7月19日(日)と31日(金)と、
2回あるんですよね〜っ!

そこで、今日の7月31日(金)に先立って、
またまた『鰻(うなぎ)』を食べちゃいました〜っ!
それも、先日の「うな勝」と同じ平塚で食べちゃいました〜っ!!(笑)

そのお店が「うな新」です。

una_shin001.jpg
                 うな新

■うな新:神奈川県平塚市錦町3-7

こちらも、「うな勝」に連れて行ったもらった方と一緒に行きましたっ!

「うな新」はJR平塚駅から平塚市民センター方面に行く途中、
約500mほどの住宅地の中にある「鰻屋」さんで、
平塚で数軒ある「鰻屋」さんの中でも老舗の1つです。

una_shin002.jpg
              「客の大入なり」の額

天井近くに掲げてある「客の大入なり」の額からして、如何にも老舗って感じですね。
お昼時でも予約のみしか入れない時があるほど、混雑することがあるそうです。

自分たちは、お昼時を避けて行ったので、どうにか入ることが出来ました。

何はともあれ、『うな重(並)』の次にお安い『うな重(上)』を注文です…。 f(^_^)

una_shin003.jpg
                うな重(上)

待つこと、十数分…、お待ちかねの『うな重(上)』がやって来ました。

出て来た重箱は何とも古めかしいモノで、
かなり年期が入ったモノと見ました…?!

una_shin004.jpg
              お重の蓋の裏書き

お重の蓋を取ると、蓋の裏には老舗の証し(?)の店名の刻印があり、
湯気の中にしっかりと『うな新』の文字が浮かんでいます。
しかも、金色の文字が光っていますっ!

una_shin005.jpg
                うな重(上)

そして、こちらが『うな重(上)』の全景です〜っ!(笑)

ここでちょっと能書きを垂れると、 f(^_^)
今年は『土用の丑の日』が2回ある、と先にも書きましたが、
『土用の丑の日』が年に2回あることは、それほど珍しいことがではないのです。

しかし、『土用の丑の日』が7月に2回あるの大変珍しく、
1796年以来、何と213年ぶりなんだそうですっ!

しかし、お椀の蓋を取るのを忘れて、写真を撮ってしまい…。 (>_<)

una_shin006.jpg
             平塚「うな新」の『鰻』

蓋を開けると香ばしい、食欲をそそる良い香りが漂い、
唾液が出てくるほど良い焼き加減ですね〜っ!

箸を入れると、フワフワな感じで、すんごく柔らかいです。
蒸し方に秘密があるんでしょうかね…?

口に入れて噛んでみると、とっても柔らかい絶妙な焼き加減で、
香りも香ばしくて、甘辛の『鰻』がご飯と絡み合い、
文句なしに美味しいですね〜っ♪ ∈^0^∋ 

una_shin007.jpg
                 肝吸い

もちろん、ゴロッと大きめの『肝』入りの『肝吸い』も付いていて、
これで、1,500円(『うな重(上)』)ですっ!

連れて行った方によると、『うな重(並)』(1,200円)を頼むなら、
絶対に『うな重(上)』の方がお得のとのことです!

違いは『鰻』の大きさと『お吸い物』が『肝吸い』だからだそうです…。 f(^_^)

una_shin008.jpg
             平塚「うな新」の『鰻』

それにしても、「そんなに精を付けて、どうするの?」って言われそうですが、
最近、ちょっと疲れ気味で、体力を回復させないといけないので…。 (^^;

最後に、先にも書きましたが、お昼時や夜だと、
フラッと行ってすんなり入れるお店ではないそうで、
是非、予約をして行った方がいいそうですっ!

『鰻肝焼』『鰻骨のから揚げ』、それに『柳川鍋』何かも、
かなりいけるそうです〜っ!

いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!
平塚に行ったら、是非一度は行ってみてはいかがですか?

una_shin009.jpg
             空には何故か?うろこ雲
posted by pumpui at 23:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

逗子のお魚屋さん(再訪)…。

先日、所用があり、鎌倉方面へ行った際に、ちょっと脇道へ逸れて、
再び、逗子の「ゆうき食堂」でお昼ご飯を食べちゃいましたっ!

yuki_zushi006.jpg
                ゆうき食堂

■ゆうき食堂:神奈川県逗子市小坪5-2-11

逗子・小坪漁港や逗子マリーナにほど近い場所にあり、
安くて、新鮮な旬の魚介類をたっぷりと、屋外でも楽しめるお店として、
逗子界隈ではとっても有名なお店なので、ご存知の方も多いかと思いますが、
前回、こちらのお店を取り上げたのは、もう1年半ぐらい前です…。

□「逗子のお魚屋さん…。」 2009年(平成20年)1月28日アップ

実は、このお店に立ち寄るのは1年半前以来ではなく、何度が前を通ったことがあり、
その時はかなり並ばないと入れない状態だったので、諦めたことがあります。

それで、今回は全く並ばずに入れたので、とってもラッキーでした。 (^o^)

早速、野外の席を確保して、注文に…。

yuki_zushi007.jpg
              ゆうき食堂のメニュー

お店の中にもメニューはあるんですが、入口の脇の黒板に貼り付けられた、
赤青白、そして黄色の紙に書かれたメニューを確認です。

残念ながら、『本生マグロのさしみ』は売り切れちゃっていました…。 (>_<)

yuki_zushi008.jpg
             『生しらす』の幟(のぼり)

しかしながら、お店の外にはためいていた『生しらす』の水色の幟(のぼり)を見て、
『生しらす・かつおのたたき』の『さしみ二点盛定食』を注文しちゃいました〜っ!
  (写真の幟は反対になっちゃっています…。)

『生しらす』と言えば、3月に解禁になって以来、スーパーなどにも並んでいますが、
漁で揚がったばかりの新鮮なモノがやっぱり良いと思い、食べることにしました。

後で、ネットで調べてみると、漁に出られない時や不漁の場合は、
お店のメニューに並ばないこともあるそうなので、これまたラッキーでしたっ! v(^_^)

yuki_zushi009.jpg
        さしみ(生しらす・かつおのたたき)二点盛定食

待つこと数分…、『さしみ(生しらす・かつおのたたき)二点盛定食』がやって来ましたっ!

巨大な『かつおのたたき』の切り身が6切れ、
かなり大盛りの『生しらす』に『小ねぎ』と『うずらの卵』載せ、
『温泉玉子』に『たくわん』と『トマト』、そして『ご飯』と『味噌汁』が付きます。

これで、締めて1,000円です〜っ! \(^O^)/

早速、いただきますっ!

yuki_zushi010.jpg
                 生しらす

最初は、お待ちかねの『生しらす』です。

相模湾で採れたばかりなのでつやつやで、
透明の身がとってもキレイですねっ!

非常に足が早いため、食べられる時間は限られていて、
ほとんどが釜茹でにされた『釜茹でしらす』になってしまいます。

自分はと言うと、とりあえず『生しらす』を『うずらの卵』有りと無しの半分ずつに分け、
まずは、卵有りの部分に醤油をかけて、いただきます。
  (写真の『うずらの卵』が崩れてしまっていて、残念…)

「甘い〜っ!」、『しらす』の旨みがとっても出ていて、格別ですね〜っ!

続いては、卵無しをしょうが醤油でいただきます。

これまた、全く生臭さがなく、とっても新鮮さが感じられます。
爽やかな磯の味が口いっぱいに広がり、堪りませんっ! (∩.∩) 

続いての『かつおのたたき』は相変わらず切り身が大きいので、
口の中がいっぱいになりますが、やっぱり美味しいな〜っ! \(^^\)

『ご飯』の量も結構多いので、『さしみ』の量と相応なんですが…。

隣のグループなんかはみんな『ご飯』が大盛りでしたが、
大盛りと言っても、半端ではなく、普通の2倍以上の山盛りで、
ガンガン食べておりましたっ! (^^;

yuki_zushi011.jpg
                トマト…!?

しかし、気になったのが、こちらの『トマト』1個です。
何故、『トマト』…?!

値段合わせのためか、どうかは分かりませんが、前回の時は付いていなかったし、
一緒に行った方(『ワラサのさしみとアジフライ定食』)にも付いていませんでした…。

でも、しっかりかぶりついて、いただきましたっ!(笑)

それにしても、ボリューム満点で美味しい…、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

前回も感想で述べていますが、暑い屋外でのパラソルの下、
キンキンに冷えた『ビール』を飲みながら、
新鮮な『刺身』やその他の肴なんぞをつまみ、
時を過ごすのも、良いかな〜っなんて…。 f(^_^)

小坪漁港&逗子マリーナへ行った際は、
是非一度、行ってみてはいかがですか?

yuki_zushi012.jpg
            逗子・小坪漁港でまったりと
posted by pumpui at 23:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

平塚の鰻屋さん…。

近頃、スーパーやコンビニ、更には牛丼屋チェーン店なんかでも盛り上がっていますが、
明日は7月19日(日)は『土用の丑の日』ですねっ!

今年は土用の丑の日が7月19日(日)と31日(金)と2回あるんですが、
それに先だって、ちょっと平塚に行った際、『鰻(うなぎ)』を食べちゃいました〜っ!

そのお店が「うな勝」です。

una_katsu001.jpg
                 うな勝

■うな勝:神奈川県平塚市天沼7-25

「うな勝」は平塚市内の南部を横切る東海道(国道1号線)と
平行して走る道路沿いの平塚市立松原小学校の隣りにあります。

連れて行ってもらった方によると、
安くて旨い、と評判の『鰻』のお店なんだそうです。

何はともあれ、『うな丼』の次にお安い『梅鰻重』を注文しました。 f(^_^)

una_katsu002.jpg
                 梅鰻重

待つこと十数分…、待望の『梅鰻重』が出てきました。

何とも年期が入ったお重ですね。
でも、割り箸が紙に包まれたものなので、
ちょっと弁当屋さんっぽいですが…。 (^^;

una_katsu003.jpg
              お重の蓋の裏書き

お重の蓋を取ると、蓋の裏にはしっかりと『うな勝』の文字が…。
創業何年のお店かは知りません、なかなか粋ですね〜。
昔からの引き継がれているお店って感じです!

una_katsu004.jpg
                 梅鰻重

そして、こちらが『梅鰻重』です〜っ!

ネットからの情報をまとめると、こちらのお店は『鰻』の卸売を本業としている
主人が開いている店で、『鰻』の『新鮮さ・美味しさ・安さ』は折り紙付きで、
昔は出店がメインだったんですが、今ではこのようなお店になったといい、
それだけ地元で親しまれているんだそうです!

una_katsu005.jpg
             平塚「うな勝」の『鰻』

なかなか良い焼き色ですね〜っ!

箸を入れると、すっと入って、とっても柔らかいです。
箸に一口分取ってみると、『鰻』にはかなりの厚みがあります。

口に含むと、泥臭いが全くなく、香ばしい香りが漂い、
とっても柔らかい『鰻』に甘辛のタレがご飯と絡み合い、
美味しいですね〜♪

リーズナブルなお値段以上の味わいです!

una_katsu006.jpg
                 肝吸い

一緒に付いている『肝吸い』も、
しっかり大きめの『肝』が入っていて、悪くないです。

これで、850円なんで、一番お高い『特上鰻重』(二段重ね)だと、
どれだけ美味しいんだろうか…?(笑)

una_katsu007.jpg
             平塚「うな勝」の『鰻』

実は今回より以前に一度行ったことがあるのですが、
駐車場が一杯で諦めていたんです。

でも、再度訪問して、今度はお店に入れて、
『新鮮さ・美味しさ・安さ』の3拍子…、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

平塚に行ったら、是非一度は行ってみてはいかがですか?

una_katsu008.jpg
            紺碧の海に浮かぶ白い灯台
posted by pumpui at 23:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

鎌倉の中華屋さん…。

先日、所用があって鎌倉の材木座方面へ行ってきました。
その際、お昼ごはんを食べたお店が、中華「薊」です。

azami001.jpg
                    薊

■薊(あざみ):神奈川県鎌倉市材木座6-1-30

「薊」は材木座海岸から九品寺にかけて続く、
昔ながらの庶民的なお店がポツポツ立ち並ぶ通り沿いにあります。

通りには、飲食店こそあまりありませんが、魚屋さんや八百屋さんなどの食料品、
そして衣料や薬などを売るお店が揃っていて、生活するには困らない地域みたいです。

「薊」はそんな通り沿いの真ん中辺りにあります。

azami002.jpg
              壁掛け式のダイヤル電話

お店の中に入って、テーブルに腰掛け、すぐさま目に付いたのが、
カウンターの横にある壁掛け式のダイヤル電話です。

北海道の田舎に住んでいた頃、家の近くにあった食料品のお店に置いてあったのと、
同じモノだったので、何だか凄く懐かしくなりました。

そして、注文したのが、こちらのお店に連れて行ったもらった方
お薦めのこちらです!

azami003.jpg
               サンマー麺+半ライス

『サンマー麺』です。
麺類を食べる時はご飯も付けることが多いので、今回も『半ライス』が一緒です。

『サンマー麺(生碼麺)』とは、麺が細麺(もしくは中細麺)で、
スープは鶏足や豚足・玉ねぎ・昆布などで取った醤油味(塩味のこともある)で、
その上に、豚肉の細切りやもやし・キャベツ・ニンジン・キクラゲなどを炒め、
片栗粉でとろみを付けた塩味の餡がかかっているラーメンの一種です。
神奈川県の地方料理と言われています。

『サンマー(麺)』だからと言って、
『秋刀魚』が入っている訳ではありませんよっ!(笑)

こちらのお店では、『サンマー麺』は600円です。

では、頂きます〜っ!

azami004.jpg
                 サンマー麺

餡が熱々なので、スープがほとんど冷めず、麺をフゥフゥしないと食べられません。
余りに熱いので、舌を火傷した人が何人がいると連れて行ってもらった人が言っていました。

一口すすると、餡の塩味とスープの醤油味が絡み合い、
麺も良い感じで、のど元を通り過ぎてゆきました!

旨味がじっくりと出た醤油味スープが飽きがこない美味しさで、
量がかなりあるにも関わらず、スイスイお腹の中に入ってゆきます。

azami005.jpg
                 「薊」の書

お店に飾ってあった「薊」の書です…。 f(^_^)

お店の中もそうですが、実はこのお店の近くには、「羽太理容店」や
「アメリカヤ」など、どこか昭和を思い浮かべるお店が数店あります。

azami006.jpg
                 羽太理容店

特に、「薊」の隣にあるこちらの「羽太(はぶた)理容店」は、
高倉健さんの映画(題名不明)の撮影にも使ったお店として有名で、
立ち止まって、お店の写真を撮る方がいらっしゃいました…。

ちなみに、「薊」の中にも、
高倉健さんとご主人との2ショット写真が飾ってあります。(笑)

それにしても、「薊」の『サンマー麺』は、
食べてゆくほどに、段々と身体がホカホカとしてきて、
最後には汗だくになってしまいました!(笑)

これから寒くなってくる季節には、もってこいの料理になりそうです。
いや〜っ、ホント懐かしくなるお店ですわっ!!!

azami007.jpg
           水面で花咲くウインドサーフィンの帆
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

上大岡でバイキング…。

先日、平日休みがあり、何故か朝早く起きてしまい、お昼になった頃に、
急激にお腹が空いてきて、何かをお腹いっぱい食べたいな〜っと思い、
昼食を食べに、以前から行きたかった、こちらのお店に行って来ました。

grand_fuffet001.jpg
             グランブッフェ京急上大岡店

■グランブッフェ京急上大岡店:神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-4 京急百貨店10階

京急線上大岡駅と直結している京急百貨店10階にある
バイキング(ブッフェ)のお店「グランブッフェ京急上大岡店」です。

自分が行った時は、平日の午後2時過ぎだったのですが、
ちょうどお昼組が出行った後で、それほど混んでいませんでした。

でも、これだけイスが並んでいるところを見ると、
並ぶ時はかなり並んでいるんでしょうね。
 
grand_fuffet002.jpg
                   店内

店員さんに案内され、席に着くと、早速、店内を見て回りました。

オードブルに魚や肉がメインの洋食類、手作りピッツァやパスタなどの本格イタリアン、
その他、和食や中華からデザートまで、メニューは約70種類あるそうです。

何はともあれ、第1弾のお皿たちですっ!

grand_fuffet003.jpg
                  第1弾

左上の皿:『トマトのパスタ』や『ハンバーグ』、それに『白身魚のフリット』等など。
右上の皿:『ムラサキ芋のサラダ』や『茄子のマリネ』、それに『冬瓜煮』等など。
左下の丼:『函館の塩ラーメン』です。
右下の皿:『夏のちらし寿司』です。

味付けの濃いモノはあまりなく、鳥や豚、そして牛などの肉類だけでなく、
温冷、そして和洋中の野菜モノがたくさんあり、何れも、悪くないです。

自分が行った日は平日の昼間だったので、
母子連れのグループや女性グループが多かったですが、
これだけのメニューが豊富だと、彼女たちが集うのも頷けます…。

grand_fuffet004.jpg
                 ブッフェ台

こちらが、ブッフェ台の料理たちです。

本当に和洋中までいろいろなメニューがありますが、
季節や時期毎、約1ヵ月半くらいでメニューが替わるそうなので、
今行っても、今回アップしたメニューはほとんどないと思います。
8月に行った時のモノなので…。

続いて、第2弾ですっ!

grand_fuffet005.jpg
                  第2弾

左上の皿:『おからやひじき』や『寄せ豆腐』、それに『枝彩り野菜』など和系サラダ類。
右上の皿:『タンドリーチキン』や『マルゲリータ』、それに『ポテトグラタン』等など。
左下の丼:『冷やし坦々麺』です。
右下の皿:『カニ風味のチャーハン』です。

こちらのお店は、バイキング(ブッフェ)専門店なので、
和洋中のいろんな料理がどれも好きなだけ食べることが出来、
食べ放題ならではの満足感は果てしないです!

grand_fuffet006.jpg
           野菜中心でとってもヘルシ〜?!

でも、今回は野菜をたくさん取ろうと、こちららのお店に来たので、(笑)
野菜を多めに皿に盛っていますが、和洋中の野菜料理が皿の上でコラボし、
何だか、ヘルシーな身体になった気分です…。 f(^_^)

そして、第3弾ですっ!!!

grand_fuffet007.jpg
                  第3弾

左:『冷製スープ・ビシソワーズ』です。
右:『トマト風味のスパイスカレー』です。

とは言っても、体調万全で来た訳ではなく、前日の酒飲みが応えたのか、
第3弾は前の2つのように、皿に盛った料理を食べることが出来ないと判断し、
一応、箸休めのと言う形で、こちらの2品にしました…。 (^o^;

『ビシソワーズ』が良い感じで、口などをサッパリさせてくれました。

続いて、第4弾と行きたいところではありましたが、
やはり、料理はちょっと無理かな〜っと言う訳で、
デザートを見に行きました…。

grand_fuffet008.jpg
               デザートもいっぱい!

デザートも料理に負けず劣らず、和洋様々なモノが揃っています。

とっても甘そうなモノあり、甘さ控えめそうなモノあり、
見た目キレイなモノあり、食欲そそるモノあり、千差万別です!

では、早速、デザート第1弾ですっ!

grand_fuffet009.jpg
              デザート第1弾

左上:『抹茶のジュレ』です。
左下:『水まんじゅう』です。
真ん中:『ババロア』です。
右上:『ソフトクリーム・ブルーベリーソース掛け』です。
右下:『季節の果物のトライフル』です。

品名についてはちゃんと控えていなかったので、
間違っているのがあるかもしれませんが、
いずれも美味しかったな〜っ!

ちなみに、右上の『ソフトクリーム』のブルーベリーソース掛けと、
真ん中の『ババロア』が一番のオキニでした…。

grand_fuffet010.jpg
           キレイなオレンジ色のモノは…?!

『ソフトクリーム』を一気に食べたら、これまた頭が一気にキーンと痛くなり、
ちょっとヤバイくらいでして、頭の中は上の写真のようにオレンジ色まみれに…?!

と言うのはウソで、ちょっと気が遠くなり、しばらく休んで、
デザート第1弾をペロリと食べちゃいましたっ!

そして、デザート第2弾ですっ!!(笑)

grand_fuffet011.jpg
              デザート第2弾

左上:『ヨーグルト・プルーンソース掛け』です。
左下:『ロールケーキ』です。
右上:『コーヒーゼリー』です。
右下:『フルーツポンチ』です。

こちらでは、『フルーツのミックス』と『白玉と果汁ゼリー』を混ぜた
オリジナルの『フルーツポンチ』が美味しかったな〜っ!

『季節のフルーツ』もあったのですがちょうど品切れで、
デザート第2弾で取りに行った時には、まだ補充されていなかったので、
食べませんでしたが、『スイカ』とか食べたかったなとっ!

でも、甘辛(スイーツ&酒)両刀の自分にとっては、
外ではあまり『スイーツ』を食べられないので、
とっても満足しましたっ!!! v(*^o^*)

grand_fuffet012.jpg
             和洋中の野菜がたっぷり…

ちなみに料金はと言うと…。

大人 ランチ:1,330円 / ディナー:1,700円 / ソフトドリンクバー:180円
   ディナー・アルコールフリー(飲み放題):男性+1,365円・女性+1,050円

以前は『食べ放題修行』なんて言うカテゴリで、
食べ放題やバイキングのお店を取り上げていましたが、
その時に最後にアップして以来の食べ放題のお店の記事かもしれません。

実は今の仕事場の近くに、食べ放題やバイキングのお店が平日だと3軒、
土日だと1軒あり、そちらのお店には1〜2週に1回くらいは行っているので、
食べ放題のお店にはかなりの割で行っているんですが…。 f(^_^)

こちらのお店のメニューは約1ヵ月半で替わるそうなので、
次に行った時は、また別のメニューに出会えることが楽しみです。

横浜市港南区上大岡辺りに行った際は、是非一度は行ってみてはいかがですか?

また気が向いたら、行くと想います…。 (^^;

grand_fuffet013.jpg
            残暑に花咲く百日紅(さるすべり)
posted by pumpui at 23:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

三崎でマグロ…。

先日、三浦市の三崎港に行きました。

やっぱり、三崎と言えば、これですよね…。

kinodai001.jpg
          クレーン車で吊り上げられる『冷凍マグロ』

そう、『マグロ』です!
続々と大きな『冷凍マグロ』がクレーン車で吊り上げられます。

これだけ近くで『マグロ』の水揚げを見たからには、
やはり『マグロ』を食べたくなってしまいました。

そこでお昼ごはんを食べに入ったお店が、「紀の代」です。

kinodai002.jpg
                  紀の代

■紀の代(きのだい):神奈川県三浦市三崎1-9-12

一緒に行った方のお薦めのお店です。

基本的に三崎の『マグロ』は冷凍モノが中心なので、
生で言う「新鮮な」と言えるかどうか変わりませんが、
美味しい『マグロ』を食べさせてくれるお店だそうです。

ちなみに、こちらがお店の外にあったランチメニューの看板です。

kinodai003.jpg
               紀の代の昼メニュー

お昼のメニューの他にも、お寿司はもちろん、天ぷらや単品の丼モノなど、
いろんなメニューがあるんですが、ご一緒した方のお薦めは、『小鉢どん』です。

『小鉢どん』は『まぐろ』『ユッケねぎとろ』『小エビかきあげ』『いかかきあげ』など、
12種類の中から2つ選べる丼モノ(吸い物付)で、かなりお得感があるとのこと…。

そう言うことなので、『小鉢どん』を食べることにして、
12種類の中から自分が選んだ1種類がこちらです。

kinodai004.jpg
                 まぐろづけ

『まぐろづけ』です。
『マグロ』モノはいろいろありましたが、『びんとろ』『ねぎとろ』などは、
スーパーや魚屋さんなどで売っていたりして、結構食べたりするので、
お寿司屋さんなどでしか食べない、『まぐろづけ』にしました。

そして、もう1種類選んだのがこちらです。

kinodai005.jpg
                小柱かきあげ

『小柱かきあげ』です。
貝好きな自分なので、様々ある『天ぷら』モノの中から選んでしまいました。
また、刺身としては『小柱』は年に1〜2回ほど食べるんですが、
『小柱のかき揚げ』はここ数年食べていないな〜っ、と思って…。

これが、今回自分が選んだ『小鉢どん』ですっ!

kinodai006.jpg
            小鉢どん(びんとろ&小柱かきあげ)

『まぐろづけ』と『小柱かきあげ』の2つの丼、それに『野菜サラダ』に『しば漬け』、
そして『味噌汁』がお盆に載っていて、しめて1,050円です。

まずは、『まぐろづけ』を頂きますが、特製の付けダレで漬け込まれていて、
『マグロ』の味をしっかりと引き立てていて、美味しいな〜っ!

『小柱かきあげ』も、衣がサクサクに揚がっていて、
プリッとした『小柱』の甘みが美味しいな〜っ!

若干、量は(自分にとって)少な目なので、
あっという間に、平らげてしまいました。(笑)

刺身も天ぷらも美味しい、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

三崎は昔からある『冷凍マグロ』の水揚げ港で、
『メバチマグロ』『インドマグロ』『クロマグロ』『キハダマグロ』などの
『冷凍マグロ』が基本ですが、『生マグロ』にも負けないほど美味しいモノもあるので、
三崎に来たら、やっぱり『マグロ』は外せませんっ!

三崎には『マグロ』を食べさせるお店はたくさんあるので、
食べ歩きもいいかもしれませんね…。(笑)

kinodai007.jpg
                 三崎のマグロ
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

小田原のお寿司・定食屋さん…。

先日、用向きがあって、真鶴・小田原方面に行って来ました。
その際に、お昼ごはんを食べに入ったお店が、寿司・定食「いこい」です。

hayakawa_ikoi001.jpg
                  いこい

■いこい:神奈川県小田原市早川1-6-1 小田原さかなセンター内

海沿いの道を走っていると、やっぱり食べたくなるのが新鮮な魚料理です。(笑)

海の近くだと、混んでいるお店やお値段が高いお店が多い中、
割とリーズナブルなお値段で、新鮮な魚料理を食べられるのが、
小田原市早川港の近くにある、小田原さかなセンター内のこちらのお店なんです。
 (連れて来てもらった方による談)

早速、お店に入り、メニューを確認しましたが、
注文するモノは、お店の外ですでに決めていました。 f(^_^)

そう、『刺身定食』ですっ!

hayakawa_ikoi002.jpg
                  刺身定食

やって来た刺身は、『アジ』に『イワシ』に『カツオのたたき』、
『イナダ』と、そして『マグロの中トロ』です!

『マグロのそぼろ』と『お新香』、そして『ご飯』と『味噌汁』が付きます。

このボリュームで、980円です〜っ! \(^_^)/

hayakawa_ikoi003.jpg
           奥左:アジ/奥右:カツオのたたき
      手前左:イナダ/手前中:マグロの中トロ/手前右:イワシ

まずは、『マグロの中トロ』の刺身です。
綺麗なピンク色の切り身を口に入れてみると、
トロッと溶けて、旨味がじわーっと口の中に広がりますっ!
美味しいわぁ〜っ! (*^o^*)

その他のお刺身たちも、地元の獲れたて新鮮な地魚などを使っているため、
美味しいのなんの…!

ボリューム満点でこの安さ、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

小田原の早川港に行ったら、是非一度は行ってみてはいかがですか?

このお刺身の量だと、ご飯は丼一杯では足りませんが、
ビールなんかを飲みながら、つまむのも良いかもしれませんね…。

hayakawa_ikoi004.jpg
                 静かなる海
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

杉田のカレー屋さん…。

先日、ふらっと杉田に行った時に、
ちょっと遅れて昼ご飯を食べたお店が、
スタミナカレーの店「バーグ杉田本店」です。

barg001.jpg
               バーグ杉田本店

■バーグ杉田本店:神奈川県横浜市磯子区杉田1-1-1 らびすた新杉田2階

こちらのお店は以前、これまたふらっと杉田周辺を散策していて、
『らびすた新杉田』の中を歩いていた時に見付けたお店で、
その時に入って以来なので、今回入るのが2回目です。

初めて入った時は、店の近くにあったイスに腰掛け、ちょっと外から様子を見ていて、
かなり流れよく人が入って行くので、入ってみました…。(笑)

barg002.jpg

入口の横に飾ってあるディスプレーからも分かるように、
カレー専門だけあって、いろんなカレーのバリエーションがあります。

初めて来た時は『大皿カレー』を注文し、出てきた時に、ちょっと驚きました。
全体的にかなりボリュームがあり、添えられたキャベツが量もスゴかったからです。
ちなみに『大皿カレー』とは、カレーのルーに野菜炒めを加えて作ったカレーです。

今回は前回来た時に『大皿カレー』にするか、こちらにするかで迷いましたが、
結局、こちらのお店の看板メニューである『スタミナカレー(生玉子入り)』を注文です!

barg003.jpg
             スタミナカレー(生玉子入り)

こちらが『スタミナカレー(生玉子入り)』で、750円です。
注文して、ものの1分ほどでテーブルに運ばれて来ます。

ご飯にカレーをかけた上に豚バラ肉のしょうが焼きが載り、
更に生玉子が載ったボリューム満点のカレーです。
ちなみに生玉子ではなく、玉子焼きも選択出来ます。

画像の福神漬けときゅうりの漬け物は後盛りです。

barg004.jpg
             スタミナカレー(生玉子入り)

量に関しては、普通のカレー屋さんの1.5倍くらいはあるかもしれません。

カレーのルーの味自体はどこどこ風と言うようなモノではありませんが、
スパイスがちゃんと効いていて、小麦粉を使用した粘度の高いカレーは、
全国展開している某チェーン店なんかよりは、自分好みな味です。

豚バラ肉のしょうが焼きと生玉子を混ぜて食べると、また違った味になり、
量が多くてもバリエーション豊かな味を楽しめることが出来ます。

カレーの味は悪くないし、ボリュームもあり、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

横浜市磯子区杉田辺りに行った際は、是非一度は行ってみてはいかがですか?

味は美味しい部類に入ると思いますので、毎日とは言いませんが、
ホント偶に食べたくなる味のお店で、また行くと思います…。

barg005.jpg
             そろそろ梅雨は明けるかな…
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

逗子のお魚屋さん…。

先日、用事があって、湘南方面に行った際、
逗子の小坪漁港の近く、逗子マリーナにもほど近い場所で
お昼ごはんを食べに入ったお店が、「ゆうき食堂」です。

yuki_zushi001.jpg
                 ゆうき食堂

■ゆうき食堂:神奈川県逗子市小坪5-2-11

初めて来ましたが、店内を覗いて見ると、ちょっと狭いです。

この日は凄く良い天気だったので、バーベキューなどで使わている
テーブルとイスが置いてある、お店隣りの駐車場で食べることに…。

連れて来てもらった方の話によると、
店内に入れない場合は、ここで食べるとのこと…。

席をキープして、さっそくメニューの確認です。

yuki_zushi002.jpg
               ゆうき食堂のメニュー

こちらのお店のウリは、もちろん近くの小坪漁港などに水揚げされた魚たち…。
メニューを見ると、確かにほとんどが魚介類の料理です。

やっぱり、刺身が良いな〜っ、と見てみると、この日の刺身は
『びんちょう生マグロ』『地ダコ』『本サワラ』
『寒ブリ』『メダイ』そして『スズキ』等々…。

そこで、自分が選んだのが『サバの煮つけ・さしみ1点付定食』です。

yuki_zushi003.jpg
            サバの煮つけ・さしみ1点付定食

やって来たのは、巨大な『寒ブリ』の刺身が8切れ、
半身の『サバの煮つけ』と『大根煮』、『温泉玉子』に『たくわん』、
そして『ご飯』と『味噌汁』が付きます。

それぞれがかなりのボリュームですが、
これで、1,000円ですっ! \(^o^)/

yuki_zushi004.jpg
  左上:寒ブリの刺身/左下:大根煮/右上:サバの煮つけ/右下:温泉玉子

まずは、『寒ブリ』の刺身です。
分厚い切り身が8切れも付いていて、ホント凄いです。
もちろん、たっぷり脂が乗っていながら、 脂っこさを感じません。
お味も最高〜っ! (o^_^o)

お次は、半身の『サバの煮つけ』です。
これだけでも、『ご飯』と『味噌汁』が付けば、定食になりますね。
どちらかと言うと、『サバの味噌煮』と食べることが多かったですが、
これまた、脂が乗っていて、甘辛な醤油味はクセになりそう。
隠し味の生姜が利いていて、スゴく良い感じですっ! \(^^\)

『大根煮』も、出汁のお味が浸み込んで、美味しいですっ!

いずれも、『ご飯』との相性がいいので、ガンガン箸が進み、
こんだけの量がそれほど時間もかからず、お腹の中に収まってしましました…。(笑)

刺身も美味しいし、煮付けも美味しい、
連れの方によると、フライ系も美味しい、とのこと…、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

逗子マリーナへ行った際は、是非一度は行ってみてはいかがですか?

これだけのボリュームがあると、休日のポカポカの春の陽気の中で、
ビールを一杯飲りながら、刺身などの肴をつまんで、ほのぼのするのも、
良いかな〜、なんてねっ!

yuki_zushi005.jpg
                 春待つ海
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

横須賀の惣菜屋さん…。

先日、所用があって、横須賀に行って来ました。
その際、お昼ごはんを食べに入ったお店が、「茶屋本店」です。
 (お店の写真はありません。)

■茶屋本店:神奈川県横須賀市若松町3-6

1階の奥は回転寿司屋、2階は焼肉屋として営業していて、
1階の正面に弁当・惣菜屋、そして魚食堂があります。

変わっているのが、新鮮な食材を使った和食中心の惣菜を量り売りしていることで、
店内に用意してある持ち帰り用の容器に入れて、買って帰ることも出来るんですが、
店内に用意してある御膳に好きな物を好きなだけ選んで、量り買いし、
惣菜売り場の横の魚食堂ですぐに食べることも出来るんです!
 (量り売り以外にも、個別に料金が付いているのもあります。)

そして、この自分が選んだ惣菜たちがこちらです。

chaya_honten001.jpg
             茶屋本店の惣菜量り売り定食

締めて、1,379円なりっ!(別計算のご飯代込み。)

この日選んだ惣菜は、『ぶり大根』『なす田楽』『煮物3種』『里芋煮』
『鶏の甘辛煮』『ポテトサラダ』『マカロニサラダ』などなど…。
 (味噌汁も別売りです。)

仕事場の方に連れて行ってもらってから、このお店に来るのは今回で3回目ですが、
いつも調子に乗って、つい惣菜を盛り過ぎてしまいます…。 f(^_^)

量り売りなので、軽そうな惣菜を選べばいいものを、
『ぶり大根』とか、『なす田楽』とか、つい重いものを選んでしまい…。 ∈(〜゚◎゚〜)∋

でも、惣菜はそれぞれとっても美味しいので、良しとしよう!(笑)

また、惣菜をいろいろ選べるのもいいんですが、ご飯は105円で、食べ放題なんです。
それも、『白米』『黒米』『五穀米』、そして『炊き込みご飯』の4種類もあり、
いずれを食べてもいいんです!

chaya_honten002.jpg
    左上:銀杏と大根の葉の炊き込みご飯/左下:五穀米/右上:黒米

この日は最初に『五穀米』を食べて、次ぎに『炊き込みご飯』(この日は銀杏と大根の葉)、
そして『黒米』にして、最後にまた『五穀米』を食べました!

『白米』以外はなかなか食べる機会がないので、ついご飯は4杯食べちゃいましたっ!

惣菜も美味しいし、ご飯も美味しい、
いや〜っ、ホント良いお店ですわっ!!!

回転寿司屋と焼肉屋の方にはまだ行ったことがありませんが、
仕事場の方の話による、そちらもいい感じだそうです!

また、魚食堂は、新鮮な魚を使った定食がウリで、
こちらもボリュームがあり、食べている人が廻りには大勢いました!

横須賀へ行った際は、是非一度は行ってみてはいかがですか?

あれだけ色んな惣菜があるので、夜に行って、
様々な惣菜をつまみに飲むのも、良いかもしれませんねっ!

chaya_honten003.jpg
               噴水に囲まれたカモメ
posted by pumpui at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かながわ昼グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。